ホーム>ピラブログ>2015年10月

2015年10月

富士吉田店ホールド替え

富士吉田店のスラブとイエローウェーブ(緩傾斜)のホールド替えが一段落。待ちかねた皆さんで賑わってます!!

テクい課題が多く作られるこの壁に挑戦して足使いとムーブの引出しを是非増やして下さいね。岩場もシーズン本番に突入、きっと役に立つ課題ばかりです。

初級者にもやさしいこのエリアに、10級(いちばんやさしい課題)も10数本セットしてあります! 

「この秋にボルダリングをやってみたい!!」っていうアナタ! 楽しく課題に挑戦しながらボルダリング仲間になろう!! お友達紹介割引もよろしくねー!!

まだまだスキマがありますので、ホールド足しながら課題も増やしていきますよー!!

20151021204535.jpg

秋の小川山 トラッドクライミング

富士吉田店のスタッフと常連のお客様とで小川山に行ってきました。

人気のボルダリングじゃなしに、今日はトラッドクライミングです。

トラッドクライミングってのは、人工物を残さないで自然に近い形で岩を登るスタイルなんですが、もっと知りたい方はググってみてください。

201510782434.jpg

通称"カム"と呼んでいるこんな道具を、岩の割れ目の所々にはさみこんでおくと、クライマーが落ちた時そこで止まるというシステム。

で、登り終えた後で全て回収して降りると、岩には何も残さないという具合です。

もちろんカムの設置を正しくきっちり行わないと、墜落の衝撃を支えきれずに外れて大変危険なのですが、そうならないように確かな技術を身につけ、心身ともにコントロールするところにこのクライミングの面白さがあります。

20151078263.jpg

ということで実践。

写真はクレージージャムという名前のルートですが、岩もさることながらそのネーミングの秀逸さを改めて感じました。

 

僕は数年ぶりだったこともあり、心拍数1.5倍の緊張の登り(苦笑)

手足は概ねクラック(岩の割れ目)にねじ入れて、その摩擦で体を固定します。

写真のあたりから半身を入れて体の各部の摩擦を使って前進するんですが、ジムでのボルダリングしかしたことのない人には、なかなか説明の難しい動きです。

説明だけでなく実際に習得することもジムでは難しいテクニックのひとつなのですが、こういう技術を身につけると岩登りの幅もグンと増えて、楽しみも倍増します。

20151078273.jpg

トップロープで挑戦のスタッフ山田も見事に挟まってます。

一見楽しそうに見えますが、ここのパートはなかなか難しいらしく泣きも入って、ある意味充実のスタッフ研修となりました(笑)

201510782755.jpg

ファイトー! いっぱーっつ!! 

と、危うい場面もありましたが(ウソ)、全員無事20mの岩塔のてっぺんに到着。

201510782922.jpg

色づき始めた紅葉と絶景をしばし堪能。高度感と自然のど真ん中にいる隔世感がたまりません。

最高に楽しかったですね。また行きましょう!!

201510783126.jpg

ちなみに下りは懸垂下降で空中を一気に降りますが、これがなかなかに気持ちいい。

こうした技術はピラニアでも指導させていただいておりますので、学びたいという方はスタッフにご相談くださいね。

ではまた。

ページ上部へ
次へ
  • シューズのリペアサービス
  • ピラニア ネットストア
  • クライミングアイテム 中高買取サービス
前へ