ホーム>ピラブログ>2018年7月

2018年7月

店長と外岩7月@小川山

林の中へ向かう道は枯れ葉や小枝が流された跡で少々湿っている。前日は滝のように雨が降ったことが聞かずしても分かる様子だ。

岩の乾きが心配されるところだが、わくわくでいっぱいのメンバーはそれどころじゃない。足取りも軽くクジラの下へ。

2018725105752.jpg

 

「えーっとー。。」少しは慣れているピラメイトもどう踏もうかと考えてしまうスラブ足。岩が初めての人や踏みが苦手な人にとっては未知との遭遇。離陸もままならないのでここで感じをつかんでもらおう。

「怖がって岩に張り付かないで真上から踏んでみてー。」

「自分の足を信じてー。」

「あかーん! でもちょっと分かったかも!」

完登できなくても少しずつ身体で覚えて。少しでもニュアンスがつかめたならまずはオッケー。

2018725105917.jpg

 

ドキドキがにじみ出てる小学生クライマーKちゃん。ショートリーチでもはじめての岩登りで自信をつけてもらおうと、太鼓を叩きに。

「ポンポンっ。うわー! ホントだー! 」

演奏後は言われずともレイバックでササッとゾウ耳の上まで。マントルはちょっと苦手かな。登れてうれしいやら怖いやら。

「降りるのどこーっ?! 」

同行スタッフのツボ君のエスコートで無事に降りホッと安堵顔。上出来ですよ。

201872511054.jpg

 

分岐、石魂、伴奏者を眺めながら犬、涙、涙下へ(←分からない人は一緒に岩行きましょー)。

キノコ、から松ボックリ、アブ、ハチ、ふれあいも忘れずに。

慣れたメンバーは待ってましたとばかりにホワイトティアーズをセッション、初めて組は涙下でスラブ&マントル。

20187251123.jpg

 

登るにつれて慣れていく。難易度は違っても出来ない課題に挑戦してることは皆同じ。

少しでもスキルアップを感じたならばお連れした甲斐もあるってモンです。

「ヤッターー !! 」

涙下にも聞こえるデカい声のTっちゃん、ホワイトティアーズ完登、おめでとう !

201872511311.jpg

 

心地よい疲れと夕刻。入口岩まで下がって更にセッション。

一つの岩に幅のあるグレード。シメのセッションにはもってこい。懐深い岩です。

201872511447.jpg

ラブトラが人気課題だけど、オススメは直登の5級と右面のスラブ4級。

5級はムーブの読みを、4級はムーブ、足、バランスにシビアさを求められる地味な課題。

オンサイト出来るかどうか是非トライしてほししい課題です。

 

踏みの総仕上げに駐車場脇スラブ7級でセッション。

全く手がないこの課題。逃げ道無し。踏めれば登れる。さもなくば敗退。潔い。

こういう課題で是非自信をつけて欲しいね。

踏むのが苦手だったHデさんのトライ。落ち着いてテンパること無く確実な登りで無事感登 !

成長ぶりを感じる納得のトライでグータッチ !

201872511625.jpg

ギリギリまで登って皆さん満足、お腹いっぱいの良い一日でした。

 

岩から戻ってジムで登ると足の踏み方、使い方が良くなって、滑って落ちてしまっていた課題もなんとか登れてしまった。

そんな声も早速聞くことが出来てうれしいですな。

経験積んでいつか一人でも登りに行ける自立したクライマーになりたい。

そんなアナタ、次回の店外参加をお待ちしてますよー。

 

酷暑のオススメ

猛暑が続く日本列島。山梨県も例に漏れず連日ひどい暑さに苛まされています。

(全国一の暑さを岐阜県に奪われ続けているのが若干しゃくではありますが...)

 

ピラニアも各店で空調はしているものの、想定を上回るこの暑さではクーラーの効きにも限界があります。

 

特に石和店は断熱効果の薄い建物のため他店より暑く、お客様には大変申し訳なく思っています。

しかし天気予報を見る限り、今しばらく辛抱をお願いすることになりそうです…

2018719145456.jpg

 

あまりに暑いので、南半球はニュージーランドから雪10トン分を運んでジムにふりかけてもらいました。その模様がこちら(ウソです)

 

 

この凶悪な熱波をやり過ごすまでの間は、比較的空調パワーのある南アルプス店と、そもそも甲府盆地より涼しい富士吉田店をオススメしたいと思います。

 

快適な環境で登るというのはやる気にも、健康にも良い作用がありますから、富士吉田も南アルプスもちょっと遠いというお客様も、足を伸ばす価値があると思います。

 

 

石和店も18:00くらいには快適な室温になってきますので、登るなら絶対的に夜がオススメです。

南アルプス店が出来てから、石和店の混雑もほとんどなくなりましたから、気温的にもスペース的にも快適に登っていただけると思いますよ。

 

また積極的にはオススメしませんが、ピラニアではジム内で上裸(上半身裸)になることを禁止しておりません。裸で登らずとも、一時的にシャツを脱いで濡れタオルで汗を拭うなどして、体温調整することもかなり有効です。こういう時は、ピラニアの緩〜いルールをうまく使ってもらえたらと思います。

 

201871910146.jpg

 

 

あと着衣ですが、Tシャツなら速乾性より通気性の良いものを。ノースリーブならさらに涼しいですが、ボタンシャツはTシャツより通気が良いのではるかに涼しいです。

個人的には脇周りが大きく開いたタンクトップがオススメですね。(男性に限りますが) 夏に一度着だすとやめられません。

 

 

 

 

暑い時は外出を控えがちですが、適度に運動してストレスを解消することも大切です。

短時間でも充実感のある運動ができるクライミングを、ぜひピラニアでお楽しみください。

 

石和店 スラブエリアホールド替え完了

石和店のホールド替えが完了して、昨日から解禁となっております。

今回は壁のペンキも塗り直したんで、まぶしいくらいに綺麗です。(今だけ)

新しく買足したホールドも、いい感じで悪い(楽しいと道義語)であります。

2018713143758.jpg

 

初級コースもたっぷり準備しましたので、これからボルダリングを始めたいって方や、グループでの体験にもぴったり。

全てが新しい南アルプス店、夏は避暑にもってこいの富士吉田店もいいですが、石和店も負けてません!

ぜひぜひ登りに来てくださいね〜

2018713144039.jpg

 

ページ上部へ
次へ
  • シューズのリペアサービス
  • ピラニア ネットストア
  • クライミングアイテム 中高買取サービス
前へ