ホーム>ピラブログ>イベント

イベント

踏めないことには

踏めないことには登れない。

木陰だとダウンの手放せない寒さの店外6月の小川山。

踏み修行にはもってこいの親指岩下エリアは露岩から。

201766224323.jpg

初めて岩に登るクライマーにはスラブで踏みを経験してもらうことにしている。

6級がコンスタントに登れることが参加条件のひとつ。

しかし、7、8級のスラブ課題に手を焼くことはおよそ想像がつく。

それだけ「踏めない」クライマーが多いと感じている。

20176622455.jpg

ノーハンドに興じるベテランをよそに、シューズの先をすり減らす初めてクライマー達。

足が信頼出来ない。踏めてる気がしない。フットホールドが無い。

8級なのに。。。

ジムとのグレード感の違いを感じたところで素敵な8級を紹介することにした。

はじめにテントサイトから目立つ「きたない大岩」。

201766224727.jpg

ど真ん中のガバつなぎの直登ライン8級。

ガバばかりとて高くてこわくて登れない。

初心者は無理せずに。

そして、金峰山に続く林道を進みチェーンゲートの手前左側にある小さな岩「金峰山岩」。

201766224839.jpg

山荘側の面、右側のスラブ。ハンドホールドに頼れない、まさに踏み系の好課題。

離陸もままならないこの課題、段クライマーでもオンサイトできないクライマーも多いんじゃないだろうか。

真上から踏む。自信を持って全体重をかける。なかなか出来ない。

けっこうトライしたけれど、ベテラン以外全滅。。

そしてチェーンゲートを越えて少し歩いた右側、道端なのに薄暗い林の中に鎮座する巨石「林道岩」。

201766224941.jpg

オススメはしないので店長のトライ。自己責任で。

5メートル越えの高さ。ガバフレークをつなげて4メートル、フレークの上に立つと残りワンムーブのスラブが。

2ミリほどのフットホールドに右足を上げるのに、フレークの上でクロス足で左足をフレークの付け根に送る。

インカットしてない二つのモノポケに指腹乗せたら高めの右足にのせて確実にのりこむ。

一気にアドレナリン。立ち木をつかまないで返し切るのが男気あって良いと思う。

高さに対するメンタル、確実に踏める自信。

人気はないけれど自信に問いかけてくるこんな課題が好きだ。

素敵な三つの課題は金峰山へ続く林道にある。店長は密かに小川山8級街道などと呼んでいる。

 

清々しい新緑、開いてしまったワラビ。

自然を感じる余裕の持てるクライマーになってもらいたいと思うこの頃です。

店長と外岩2017 1月 / 湯河原

2017118163013.jpg

寒波襲来。

湯河原とて暖かいのは日向と風のない時のみ。でもそれはインドア、いわゆる人口壁にはない自然そのもの。

環境に対応しながら岩と向き合う。寒いを連呼してるうちはまだまだ…。

2017年も真剣に岩に向き合えるクライマーとともに「店外」を進めて行きます。

2017118174129.jpg2017118174834.jpg

岩は初めて、というクライマーはなく、こなれたメンバーで登る今回の店外。

多くのクライマーで混雑する桜岩。その中でも果敢に挑戦するメンバー達。

東京から時々ピラニアに登りにきてくれているAキさん、時折いいムーブが出るんだよね。

2017118181418.jpg201711818236.jpg

私に登れて、俺は登れない。そんな課題もあるのだよ。石和店から参加のS賀クン、今回はちょっと辛酸なめちゃったかな。

そろそろ皆も巣立ち時。どんどん岩に出掛けましょう。

高度や怖さ、グレードなどは徐々に上げていけば良い。自然の中で遊ぶことの楽しさ、喜び、厳しさ、すべてを受け入れることで登るだけではないクライミングの奥深さに気付くはず。

行ってみたいけどちょっと不安。そんなジムクライマーの背中をポンっと押します。そう、まだなにもやってないんだよね。一度行ってみて初めて楽しい、こわい、難しい、が見えてくるんだから。せっかく始めたクライミング。もっと追求して良いんじゃないかな。

 

 

石和店 リードルート全面リセット

2017年最初のホールド替えは、石和店リードです!
 
2年ぶりとなる全面替えとともに、今回はルートごとにホールドの色を統一したセットになります。これまでシールが見にくいために登りづらかったリードルートが、今後は迷うことなく全力で登っていただけると思います。
 
そのためにたっぷりとホールドを買い込んでおりますので、未体験のホールドをふんだんに使った新ルートとをオンサイトトライしまくるという贅沢な登り方も楽しんでいただけますよ〜
 
セット作業は 1月30日(月) 〜 2月6日(月) まで。
新しいルートは 2月7日(火) から登っていただけるようになります。
201717173629.jpg
お願い
セット作業にともない、短縮営業となる日があります。
1月31日(火)、2月1日(水)は 夕方18:00からの営業とさせていただきます。
 
またセット期間中はリード壁を登っていただくことはできません。(ボルダーは通常通り登れます)
 
お客様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解ご協力のほど、よろしくお願い致します。

曜日 石和店 リード壁の利用 備考
1月29日 14:00〜20:00 短縮営業 ※1
1月30日 定休 ×  
1月31日 18:00〜23:00 × 短縮営業
2月1日 18:00〜23:00 × 短縮営業
2月2日 14:00〜23:00 × 通常営業
2月3日 14:00〜23:00 × 通常営業
2月4日 10:00〜17:00 × 短縮営業 ※2
2月5日 10:00〜20:00 × 通常営業
2月6日 定休 ×  
2月7日 14:00〜23:00 通常営業

 

※1 1月29日(日)の10:00〜14:00は団体貸切イベントのため一般利用できません。

※2 2月4日(土)は社員研修のため、17:00閉店となります。

店長と外岩 12月/御岳

デラシネに到着したときには岩に降りた霜が凍ってツルツル。リップのカバもスローパーとなり、トップアウトしようものならすべり台と化してしまう。

暖かいエリアへ早々に移動しようと右岸を下流に向かうも、御岳全体で下地が下がりいつも賑わっているピンチオーバーハングも水たまり。

御岳小橋エリアは当然混雑していたので、無名の岩でマントルにトライしてもらった。

20161220161811.jpg

黒本を確かめるでもなく、手当り次第にラインを設定。

こだわりはシットスタート、水たまりは臀部水面ギリギリスタート。

20161220162215.jpg20161220162352.jpg

10〜8級がほとんどだけど、SDにこだわると2級くらいの課題も。

岩が低くみんなノーマットトライ 笑。

20161220162525.jpg20161220162639.jpg

16課題登って黒本と照らし合わせてみる。SDだからこその課題あり、もちろん既成課題だったり。

トポや情報が充実している昨今だけれど、岩登りはもっと自由な遊び。見出したラインを登れた時の喜びは大きい。

そして陽も落ちてほとんどのクライマーが退けた後に、ちゃっかりとけたソフトクリームをトライしてきました。

 

2016年の店外も今回がラスト。

まだ駆け出したばかりの人、自立してどんどん岩に出掛けてる人。

自然に抱かれながら岩を登るのは、楽しい、厳しい、素晴らしい。

岩登りを通して自身の琴線に触れられたなら、新しい世界観や生き方も見えてくるんじゃないかな。

2017年も岩場で自立したボルダリングが出来るようになりたいクライマーを募ります。

成長していくクライマーを見届けることは嬉しくも自分への奮起にもなります。

2017年はどんなクライマーに出会えるかなぁ。

まずはここから

日頃ボルダリングにしか馴染みのない吉田店ボルダラーにトップロープ、体験してもらいました。

2016722145223.jpg

「うわぁー、やってみたい ! 」

「高いトコロはちょっと…」

「ハーネスとかカラビナとか、なんかカッコいい ! 」

思いはそれぞれですが、ボルダリングが出来ることでいろんなクライミングに発展、まだ知らない世界に飛び出せるってことに気付くきっかけにしてもらえたらなぁと。

201672214561.jpg201672215157.jpg

しかし、そこはボルダラー。ハーネスのはき方やロープの結びには縁遠く、それじゃ面倒見ちゃうからキミ達はただ登れば良い ! 、という割切り企画で次々に高所へ。

20167221531.jpg201672215356.jpg

7級から二段ボルダラーなので、5.10aまでは余裕、上は5.12くらいまで登ったのかなぁ。

高さにビビリが入ることは無く、「クリップしながらなんて、とても上までもたねぇ… ! 」と、リードで登ることが想像できるくらいいい登りも !

201672215520.jpg

自分に発展的可能性を感じたならば是非ロープレッスンを。(←関ブロ後が好都合です)

クイックドローを見た瞬間にカチッとクリップしてグイグイと高度をあげていく爽快感、気持ちいいよー。

自由

薄曇りだけど雨にならない予報の中、店外にて瑞牆は四の谷へ。

2016517171632.jpg

僕からすれば毎度のイベントだけど、初めて岩に触れるクライマーにとって未知の世界。

ファーストコンタクトは大切と思う。

どんな風に進めていこうか思案しながら、まずは発射台下の10から8級の岩へ。

2016517173838.jpg2016517173952.jpg

10級の岩、登るラインは明確。効率良さげな登り方はあるけれど、そこは10級、皆登れた。

でも、取り付く場所や足の置き方が人に寄ってそれぞれ。別に正解っていう登り方があるわけでもない。

ならば9〜8級の岩、ここが登るラインだよ、って教えないで岩の好きな所を自由に登ってもらいましょ。

初めて見る岩を好き勝手に登る。どうしていいか分からないから、より岩をじっくりと見てホールドを探す。

思い思いに取り付いて登ってもらったらおそらく初登のライン3本に中央のラインのスタートから左のラインに合流する派生ラインが一本追加された。

良いじゃないか。

そのスタートだと◯級にならない、トポだと右抜けで◯級なので左抜けはダメでしょ…etc。いろいろと世話をやかれたって話を良く聞くけど、腕試しで◯級に挑戦するんじゃなきゃ自由がいちばん。ましてや初めての岩、固定観念でコテコテになることないでしょ。

で、僕も右ラインのスタートから中央ラインをまたいで左ライン抜けのトラパースを。5級くらいに感じたなぁ。

2016517212647.jpg2016517212753.jpg

岩って自由でいい。

 

みんなの岩に移動、今度は腕試し。これで◯級かー、難し…。身の程を知ることとなった。

一日中楽しく登れましたねー。トポにない岩登り、またやりましょ。

店長と外岩 4月 @小川山

皆ポジティブなんだなぁ。中央道でも雨がちらつき少々の不安がよぎるが、天気の心配をしているメンバーは無し。

野辺山を回りこんだら晴れ間がでてきて、廻り目平はクライミング日和となった。

2016425173857.jpg

初の岩場は二人。付かず離れずの常連達と現地で出くわした石和店のメンバーとで賑やかに。

やはりスラブを踏んでもらいたくてまずは親指下エリア。漆岩で岩の感触を確かめてから露岩へ。

左カンテと水晶でめり込んだポケでバランシーな7級。上手に踏まないと離陸もままならないこの課題、わりとあっさり完登のJ嬢。初岩で漆岩の縦ダイク6級まで完登。ジムに出没する量に比例して登れてますねー。

2016425174012.jpg

お隣で9級ノーハンドに挑戦しているのは同じく初岩のS君。日頃から足は苦手という彼だけど、克服したい気持ちを押出してのトライ。完登には至らなかったけど感じは掴んだね。

つい撃ち込みたいところだけど見切りをつけて移動。クジラ岩を訪ねてから水晶スラブまで遊歩道を歩く。芽吹き始めた唐松の葉が小さなブラシのようでなかなかの可愛らしさ。

不可能スラブを「ヘェー」っと見上げてから、犬岩10、8級。で、涙岩マントル6級にトライのS君。

手のホールドはあるものの足使いが少々…。しかしそこは気合いをいれて一手を出し、完登。

2016425174110.jpg

反対側のマントル8級も登っておきたいシンプルでベーシックな課題。数トライのうちにS君完登。

入口岩に下って、8級、7級をさらう。

ボルダリングってこんな感じなんだなぁ、ってことをわかったもらえた今回の店外。徐々に経験積みましょう。

アルバムはコチラ。涙岩ではホワイトティアーズ完登もあり、成果のあった一日でした。

5月もお楽しみに。

シュテファン・グロバッツ in ピラニア

シュテファン・グロバッツ スライド&トークショーが終わりました。

たくさんの方のご参加、また遠方から駆けつけていただいた方もありがとうございました。

201627214943.jpg

ショーでは彼自身が編集した写真やムービーを約80分にわたって見ることができたのですが、ショーの最中から今すぐ旅をしたくなってしまうような不思議な感覚にとらわれたのは僕だけではないはず。 好奇心、冒険心、開拓心といった人間の持つ本質的な行動欲求を刺激されるような、味わい深いものだったと思います。

 

シュテファンの冒険的なクライミングの記録は、全くもってクレイジーな一面をもちながら、それぞれが明確なコンセプトがありました。

例えば数百キロに及ぶアプローチから登攀、帰還まで全てを人力で達成することで、テクノロジーとそれによってもたらされる日常の便利さを再認識するというコンセプト。

かと思えば、世界で最も巨大な石灰岩の縦穴を舞台に、クリス・シャーマと共に十数ピッチわたるルートを築くという破格のスケールのクライミングに挑戦するという試み。

そのどれもが困難で楽しむどころか苦しみながらも、最後はやりとげたことの喜びが、彼の表情や言葉の端々から伝わってきました。

 

四半世紀も昔、彼はフリークライミングの最前線を走りながら、世界一を決するコンペでも何度も栄光を手にした若く強いクライマーでした。

しかしいつまでもその栄光にしがみつくことなく、次々と未知の世界の探求と、新しい価値観の創造に挑戦する彼の生きざまに、私は同じクライマーとして深く感銘を受けました。

 

クライミングを通して広い世界とつながること。そしてクライマーであれば、誰でもそれは可能なのだということを私たちに伝えてくれたことは間違いありません。

またショーのラストで、ピラニアの若いクライマーに向けていただいたアドバイスは、今後ずっと心に残るだろう素晴らしい話だったと思います。

201627215515.jpg

はい、で、ショーの後はすっかりシュテファンに心酔された皆さんによるサイン攻め(笑)

中には20年以上前の貴重な写真をお持ちになって、そこにサインをねだる熱烈なグロバッツファンの方もおられました。

そういう私も写真集"Rocks around the world"にしっかりサインをいただきました。(嬉)

さらに付け加えると、日本初の5.14aとなった彼のルート「Ninja」を登っている千葉さんもご来場いただいて、個人的にはとても嬉しかったです。

201627215746.jpg

さて、イベントではシュテファン自身がデザイナーを務めるレッドチリの新作シューズの試履き会も盛況でした。

オレンジ色のアトミックは今時のスポーティなボルダリングに完全対応するモデル。

今までのレッドチリにはなかったソフトなはき心地と、全方向フック可能な機能的な一足です。これはBuy!です。


ブルーのアンプは、信じられないほど快適なスリッパで、ジムで何時間も登る人に最適な設計がされています。

もちろん基本性能はきっちり押さえてあるので、正直かなり使えるモデルにしあがっています。個人的にはこれもBuy!

 

いずれも、レッドチリ初となるビブラムラバーが採用されており、それだけでも本気度が伝わってきますね。

入荷はこの秋を予定していますので、昨日試履きできなかった方もぜひご期待いただきたいと思います。

20162722113.jpg

さあ、シュテファンは帰ってしまいましたが、彼にもらった刺激とこのやる気エナジーで、今度は私たちが動き出す番です。

地球の裏側まで登りにいかないとしても、今まで以上に情熱をもってクライミングを楽しもうじゃありませんか!


最後になりますが、この貴重な機会を与えてくださった株式会社モンベルの皆様に、厚く御礼申し上げます。

人生において、そう頻繁にあるわけではないこうした機会はまさに一期一会。クライマーとして本当に貴重な体験になりました。

本当にありがとうございました。


その他の写真はこちら

店長と外岩 1月 @湯河原

大人数で岩に押しかけるのもどうか。おかげさまで毎回盛況の店外ですが、人知れずひっそりとしたローカルエリアならともかく、メジャーエリアに大勢は威圧感のあるもの。つい自分たちのペースで騒がしくしてしまうので、今回は外岩での自立したボルダリングを目指すクライマーに絞って募集しました。はじめての岩というクライマーからほとんど自立したクライマーまで8名、エンクラがてらサポートしてくれたベテラン2名に店長。二手に分かれて程よい人数でそれぞれにトライ開始。

201612114507.jpg

はじめてクライマーの一人、公一クン。クライミングにすっかりハマってしまい、少ない経験値ながらなかなか安定したムーブを繰り出す。終止楽しそうにニヤニヤ。

2016121145211.jpg

こちらもはじめて岩を登るゆうと。簡単には笑顔を見せないクールな中学生クライマー。荒削りな登りながら、内に秘めた闘志を感じる。日頃ジムで登っている通りの実力を岩でも発揮していた。不言実行なところがカッコ良し。

2016121145326.jpg

店長と同級のドバッちゃん、前回御岳でノーハンドにうちのめされ、フットホールディングの意識が高まったか、米粒4級無事に完登。

2016121145440.jpg

きっちり自分の課題を落としながらも、こんな感じでいいんじゃないって登ってみせるケニー。あー、なるほど。皆にとって良き先輩。

2016121145549.jpg

インドア歴はもう3年のこちらも中学生クライマースズ。岩はまだまだとは言うものの、先日は貴船を完登、やはり上手い。次々にムーブを繰り出して登ってしまう。自分の身の程を良く知っている。

201612114570.jpg

今シーズンから精力的に登っているカズミ嬢。毎日のようにジムに出没、登り込み量がそのまま実力になることを感じているはず。ノーズ2級完登。

2016121145757.jpg

暖冬とあって梅も早咲き。曇り空だけど居心地良し。来月からは梅祭りも開催され観光客が押し寄せます。まずはブラッシングからしないといけないほど残したままのチョーク跡。ムダに騒ぐこと。観光客や地元の方に見られています。

お兄さん達、背中に背負ってるのは何だね? これは岩を登って落ちたとき…云々…。

自信を持って「岩を登ってます」って伝えて互いに気持ちよくコミュニケーションをとりたいものです。

シュテファン・グロバッツ スライド&トークショー

201611311572.jpg

世界で最も高名なクライマーのひとり、 ステファン・グロバッツ氏のスライド&トークショーの開催が決定しました!!

詳細はこちら

ページ上部へ
次へ
  • シューズのリペアサービス
  • ピラニア ネットストア
  • クライミングアイテム 中高買取サービス
前へ