ホーム>ピラブログ>イベント

イベント

シュテファン・グロバッツ in ピラニア

シュテファン・グロバッツ スライド&トークショーが終わりました。

たくさんの方のご参加、また遠方から駆けつけていただいた方もありがとうございました。

201627214943.jpg

ショーでは彼自身が編集した写真やムービーを約80分にわたって見ることができたのですが、ショーの最中から今すぐ旅をしたくなってしまうような不思議な感覚にとらわれたのは僕だけではないはず。 好奇心、冒険心、開拓心といった人間の持つ本質的な行動欲求を刺激されるような、味わい深いものだったと思います。

 

シュテファンの冒険的なクライミングの記録は、全くもってクレイジーな一面をもちながら、それぞれが明確なコンセプトがありました。

例えば数百キロに及ぶアプローチから登攀、帰還まで全てを人力で達成することで、テクノロジーとそれによってもたらされる日常の便利さを再認識するというコンセプト。

かと思えば、世界で最も巨大な石灰岩の縦穴を舞台に、クリス・シャーマと共に十数ピッチわたるルートを築くという破格のスケールのクライミングに挑戦するという試み。

そのどれもが困難で楽しむどころか苦しみながらも、最後はやりとげたことの喜びが、彼の表情や言葉の端々から伝わってきました。

 

四半世紀も昔、彼はフリークライミングの最前線を走りながら、世界一を決するコンペでも何度も栄光を手にした若く強いクライマーでした。

しかしいつまでもその栄光にしがみつくことなく、次々と未知の世界の探求と、新しい価値観の創造に挑戦する彼の生きざまに、私は同じクライマーとして深く感銘を受けました。

 

クライミングを通して広い世界とつながること。そしてクライマーであれば、誰でもそれは可能なのだということを私たちに伝えてくれたことは間違いありません。

またショーのラストで、ピラニアの若いクライマーに向けていただいたアドバイスは、今後ずっと心に残るだろう素晴らしい話だったと思います。

201627215515.jpg

はい、で、ショーの後はすっかりシュテファンに心酔された皆さんによるサイン攻め(笑)

中には20年以上前の貴重な写真をお持ちになって、そこにサインをねだる熱烈なグロバッツファンの方もおられました。

そういう私も写真集"Rocks around the world"にしっかりサインをいただきました。(嬉)

さらに付け加えると、日本初の5.14aとなった彼のルート「Ninja」を登っている千葉さんもご来場いただいて、個人的にはとても嬉しかったです。

201627215746.jpg

さて、イベントではシュテファン自身がデザイナーを務めるレッドチリの新作シューズの試履き会も盛況でした。

オレンジ色のアトミックは今時のスポーティなボルダリングに完全対応するモデル。

今までのレッドチリにはなかったソフトなはき心地と、全方向フック可能な機能的な一足です。これはBuy!です。


ブルーのアンプは、信じられないほど快適なスリッパで、ジムで何時間も登る人に最適な設計がされています。

もちろん基本性能はきっちり押さえてあるので、正直かなり使えるモデルにしあがっています。個人的にはこれもBuy!

 

いずれも、レッドチリ初となるビブラムラバーが採用されており、それだけでも本気度が伝わってきますね。

入荷はこの秋を予定していますので、昨日試履きできなかった方もぜひご期待いただきたいと思います。

20162722113.jpg

さあ、シュテファンは帰ってしまいましたが、彼にもらった刺激とこのやる気エナジーで、今度は私たちが動き出す番です。

地球の裏側まで登りにいかないとしても、今まで以上に情熱をもってクライミングを楽しもうじゃありませんか!


最後になりますが、この貴重な機会を与えてくださった株式会社モンベルの皆様に、厚く御礼申し上げます。

人生において、そう頻繁にあるわけではないこうした機会はまさに一期一会。クライマーとして本当に貴重な体験になりました。

本当にありがとうございました。


その他の写真はこちら

店長と外岩 1月 @湯河原

大人数で岩に押しかけるのもどうか。おかげさまで毎回盛況の店外ですが、人知れずひっそりとしたローカルエリアならともかく、メジャーエリアに大勢は威圧感のあるもの。つい自分たちのペースで騒がしくしてしまうので、今回は外岩での自立したボルダリングを目指すクライマーに絞って募集しました。はじめての岩というクライマーからほとんど自立したクライマーまで8名、エンクラがてらサポートしてくれたベテラン2名に店長。二手に分かれて程よい人数でそれぞれにトライ開始。

201612114507.jpg

はじめてクライマーの一人、公一クン。クライミングにすっかりハマってしまい、少ない経験値ながらなかなか安定したムーブを繰り出す。終止楽しそうにニヤニヤ。

2016121145211.jpg

こちらもはじめて岩を登るゆうと。簡単には笑顔を見せないクールな中学生クライマー。荒削りな登りながら、内に秘めた闘志を感じる。日頃ジムで登っている通りの実力を岩でも発揮していた。不言実行なところがカッコ良し。

2016121145326.jpg

店長と同級のドバッちゃん、前回御岳でノーハンドにうちのめされ、フットホールディングの意識が高まったか、米粒4級無事に完登。

2016121145440.jpg

きっちり自分の課題を落としながらも、こんな感じでいいんじゃないって登ってみせるケニー。あー、なるほど。皆にとって良き先輩。

2016121145549.jpg

インドア歴はもう3年のこちらも中学生クライマースズ。岩はまだまだとは言うものの、先日は貴船を完登、やはり上手い。次々にムーブを繰り出して登ってしまう。自分の身の程を良く知っている。

201612114570.jpg

今シーズンから精力的に登っているカズミ嬢。毎日のようにジムに出没、登り込み量がそのまま実力になることを感じているはず。ノーズ2級完登。

2016121145757.jpg

暖冬とあって梅も早咲き。曇り空だけど居心地良し。来月からは梅祭りも開催され観光客が押し寄せます。まずはブラッシングからしないといけないほど残したままのチョーク跡。ムダに騒ぐこと。観光客や地元の方に見られています。

お兄さん達、背中に背負ってるのは何だね? これは岩を登って落ちたとき…云々…。

自信を持って「岩を登ってます」って伝えて互いに気持ちよくコミュニケーションをとりたいものです。

シュテファン・グロバッツ スライド&トークショー

201611311572.jpg

世界で最も高名なクライマーのひとり、 ステファン・グロバッツ氏のスライド&トークショーの開催が決定しました!!

詳細はこちら

クリコン2015@富士吉田店

ポッカポカの2015クリスマスイブ。

吉田店クリコン、スタート〜。

2015122520739.jpg

予選はセッション。和気あいあいムードもつかの間、1課題4分ちょっとで消化しないと全完しないことに気づくとソワソワしだすね。

20151225201354.jpg20151225201523.jpg20151225201920.jpg20151225202017.jpg

とは言っても、コンペ後のプレゼント交換の順番を決めるコンペ。気楽にエンジョイとは思いつつ登り始めると…

20151225202142.jpg2015122520238.jpg

やっぱ、マジトライですな !!  ランジが飛べない…ww

2015122520253.jpg20151225202641.jpg

久々のトライとは思えぬ良い動き。  足自由でもそう簡単には登れないなぁ。

20151225202830.jpg20151225203051.jpg

やさクラス、難クラス、ともに難癖ある課題をセット。ニヤつく親心で見守るセッター陣、店長、ヤマダ、ケニー。

20151225203429.jpg20151225203652.jpg

持てない、動けない、けどなんだか楽しいぞ !

20151225203212.jpg20151225203849.jpg

落ちようが、登れようが笑うしかないー!   届いたっ !!

2015122523435.jpg2015122523551.jpg

2015122523730.jpg2015122523941.jpg

 

20151225231130.jpg20151225231434.jpg20151225231532.jpg20151225231711.jpg

コワいランジを決める吉田店のダイノマン !! スーパートライがでたところで予選終了 !

 

両クラスとも3人ずつ決勝進出、なぜかベルコン方式、まぁ、日頃コンペに出ないから経験してもらいましょ。

20151225232439.jpg 娘の良きパパ、ヤンマー。やさクラス3位。

20151225232547.jpg 不敵な笑み、フクちゃん。やさクラス2位。

20151225232653.jpg 岩も頑張る、サンちゃん。やさクラス1位。

20151225232819.jpg

欲しいのは経験値。可能性の塊、t-mo。決勝はヨレてたけど、果敢なトライ。難クラス3位

20151225232930.jpg

難クラス、予選1位通過のko-kiくん。持久力以外はキレッキレ。皆も見たよね、カッコいいムーブの数々。

20151225233125.jpg

ガストンでカチを決めるダイノマン、クラシー。難クラス、予選2位通過も決勝にてko-kiくんと並びスーパーファイナルへ。

 

 

2015122523345.jpg

スーパーファイナルのランジを決めるko-kiくん。 誰もが振られ落ちかと思えたランジ。ちゃんとトメてくるところがシビレる。ヨレてるからもう少しやさしくした方が良かったかとセッターケニーの心配もよそにキッチリ精度を高めてくるところがさすが。こんなところを見習いたいねー !!

20151225233511.jpg

最終課題、惜しくも完登を逃したものの終了点タッチまでこぎ着けた。追い込まれた状況でトライに集中したクラシーから凄い気迫が伝わってきた。久々にブルッときたよ。わずかな手数だったけどクラシー逆転勝利となった ! トライ直前の勇姿。(←カメラバッテリー切れ…ww、おかげで集中して登りを見られた ! )

 

クリコンはユルコンなんだけど、結局みんなマジトライが好きなんだ。ジムでも岩でも。コンペの上手な勝ち方もあるけど、それより一つの課題を登れるまで執拗に撃つ。せっかく行った岩も移動もせずに岩3つくらいに一日かけてたり。それはまぁ登れてないからなんだけど、ほかの課題に浮気しない。皆のそんな姿勢を感じる2015年だったなぁ。あと少し、このスーパーファイナルの二人のように自分を追い込み集中力が出せればポンポンと登れてしまうんじゃないか。2016年もみんながそれぞれに楽しみだなぁ。

 

2015122523370.jpg

で、プレゼント交換はこのピラちゃんキャンドルがスーパークオリティでした! 芯が下がってピラちゃんが炎に浮かぶところが見たいねぇ。

2015122523383.jpg

転勤したコック長のあとを継いだのは、パティシエ、カズミ嬢。数日前からキッチリ仕込み、現場でデコレーション。スイーツの山でみんな大満足、ありがとうねー!! たくさんも持ち寄ってくれてみんなごちそうさま。

20151225233926.jpg

ってことで、2016年もよろしくデッス !!

店長と外岩@御岳

2015121516548.jpg

7時出発で集合したものの小雨の富士吉田、11月は雨予報にくじけて中止したので今月こそ…。

「絶対晴れるわよ!」ひとり意気込む和美嬢に賭けて行ってみると、圏央道から先は道路も乾いていた。これは執念や…。

未だ紅葉が楽しめる御岳。当然のようにまばらなクライマー数、水たまりホールドもお構い無し、わずかにチャンスをくれたお天道様に感謝。

2015121517953.jpg20151215171116.jpg

岩がはじめての人もミドルな人も一緒に楽しめるデラシネ。

どこを保持して足を運ぶのか困惑したり、花崗岩しかさわったことのないクライマーはツルツルのチャートに苦戦したりと想定内の状況。

根無し草、切り離された、そんな意味を持つデラシネ。この岸にポツンとひとつあることからもうなずける。

20151215172435.jpg

御岳小橋まで移動、ソフトクリーム界隈をそれぞれにトライ。

ミドル達がモンキーカンテや凹角をトライするその間ではじめての皆はすべり台。

ノーハンドでも出来るよ、ってことなんだけど、そう言われると何が何でもノーハンドで。

こだわるのは良いこと。自分の納得のいく登りでいこう!

しかし、これがくせ者だった。

20151215173733.jpg20151215173837.jpg

難なくすべり台6級はこなすんだけど、ノーハンドとなればたとえ10級でも…。

20151215174114.jpg20151215174245.jpg

3本ある10級のうち、いちばん右側のラインが最も辛いらしい。

あと一足で…

20151215174612.jpg

「わぁぁっっ!!」って手が出てしがみつく!

「しやしー!!」

と、小雨が降りだした。

チュルチュルのフットホールドでは危険なのでここまで。次回もこだわりを持ってトライして下さいね。

しばし雨宿りしながら待ってみる。しかし遊び人はただ待たない。ってことでマミ岩名物?ケルン積み選手権開催!

2015121518431.jpg2015121518538.jpg

怪しくお祈りをする集団に カヌーイストも逃げ出す始末。なにせ石、岩さわってりゃいいんだ、この面々は。

2015121518854.jpg

スイスイ積む人、二つせいぜいの人、ノーハンド同様にバランス力を上げよう。無論、優勝は店長(上写真左上作品)、クライミング上達との因果関係は謎。

祈りも届かず降り続け、終了。

本当ならこのコンディションは中止判断でしたが、先月のストレスとセカンドオピニオン天気予報で良い方が当りショートタイムながら納得のいく岩になりました。

 

さて、新年最初の店外計画を立ててますが、なかなかの人気ぶりで参加者増の傾向。今回は雨模様とあってキャンセルされた方がいたことと、そもそも岩場に来る人が少なかったことで(居合わせたクライマー諸氏、大勢で押し掛けて済みませんでした)スムーズに進行しました。しかし、大勢で押し掛けるのは先行しているクライマーの皆さんには威圧感もあり、集中して登れなかったりと迷惑な場合も多々あります。共有してセッションとなれば良いのですが、今後は参加人数制限も必要かと思います。

 

また、クライマーとして自立してきたメンバーをみて、イベントのコンセプトが伝わってて嬉しい限りです。

20151215202735.jpg

クリスマスコンペ & パーティ

12月になりました。なってしまいました。

毎年ここからお正月にかけて怒濤の忙しさが来襲、さらに忘年会での飲み食いでカロリーとストレスを溜め込む人も多いと思いますが、それでついつい登ることがおろそかになっちゃうんですよね。


で、さらに問題なのはクリスマスの過ごし方です。

クリスマスも忙しくて楽しい予定がある人は構いませんが、ここだけはヒマ!って人も(結構)いるはず。

ピラニアでは毎年クリスマスの日にちょっと賑やかなイベントを開催して、そんな淋しい方々を救済して...  いや、登り足らななかった分をここで取り戻していただきたいと考えています。

ということで、今年も開催決定のおしらせです。

20151231909.jpg

クリスマスコンペ、略してクリコン。


コンペと言っても肩ひじ張らない「ゆるさ」満点の競技会ですから、ビギナーでも気軽に参加してもらえる内容になっています。

アフターパーティはケーキやピザ、汁物なんかでほっこりしながら、持ち寄っていただいたプレゼントを交換して楽しんでいただきます。


とにかくこの夜はワイワイと楽しく登ってもらって、12月に溜め込んだカロリーとストレスをすっきり解消してください。

ホットに登りまくってほっこり過ごしたクリスマスの想い出は、プライスレスですよ!


お問合せ、お申し込みは各店に直接電話いただくか、スタッフまでお気軽にどうぞ。

ピラニア 石和店 055-261-7621

ピラニア富士吉田店 0555-72-9192


過去のクリコンの様子

今日もクライミングをやってみたいと、はじめての方がご来店。

なんにでも「初めて」があるし、飛び込んでいいのかどうか二の足を踏んでしまいがち。しかし、首を突っ込んでみると今まで知らなかった世界が広がっていたりします。「知らなかった」んじゃなくて「知ろうとしなかった」だけなんだってきっと気づくはず。

店長と外岩@瑞牆キャンプはそんな「初めて」満載のお泊まりボルダーツアーとなりました。

2015914193852.jpg

おやおや、りんごちゃんまで。もちろんボルダー犬の参加も初めて。

7・8級が登れるってことが参加条件の一つなんだけれど、初岩の6人ともが6級までレッドポイントを上げてきた。

2015914202040.jpg2015914202234.jpg

見定めるまなざし、落ちたくない気迫。

2015914202523.jpg2015914202654.jpg

決め手は足。

2015914203220.jpg2015914203315.jpg

おそらく、最多トライのタクマくん。悩まされた分だけ岩に教わったんじゃないかなぁ。

もう、ジムのジブスに乗るのなんてコワくないよね。

 

201591421421.jpg201591421639.jpg

一方、キャンプでは7張のうち5張が初めてのテント。建て方からはじまって「どうするの」って状態。しばらく放置してたらみんなでテント建てセッションが始まった。

「こうかなぁ」「フムフム」「あー、出来た出来た!」ハハハ、クライミングと一緒。

キャンプ飯も、カズミ嬢のホットサンドといったおしゃれ飯から、飯盒、パーコレーター、レトルト、カップ麺、魚肉ソーと漬け物といった手抜き飯(失礼!)にいたるまで、初心者キャンパーぶりを発揮。「あれ? 泊まりなんだから一杯飲んでもいいんだよね!?」今頃言われても…。酒は店長持参のバーボンミニボトルをマワシ飲みするも飲みきらず。みんな明日の登り方が気になってるんだろうな。夜中には雲もなくなり満天の星。衣食住不足キャンプもまた楽し。

 

2015914214619.jpg

いずれは自立してクライミングを楽しんでもらいたい。「店外」はそんなイベント。なのに、いつも常連がチラホラ顔を出してくれる。自分のクライミングをやりながらもつかず離れず何気にサポートしてくれてる。感謝。そんな風になりたいって思ってもらえると嬉しいなぁ。

 

 

集中

何度トライしても登れない。けど、やり続けずにはいられない。

匙を投げることも、違う課題に移動することも、今度来た時にってこともできる。

2015824142747.jpg

2015824144153.jpg

「グぁっ、アーーッ!!」

落ちるたびに吐き出す唸り。

保持力が無くなるまで一つの課題を撃ち続ける。故障のリスク、非効率とも言えるけど僕はそんな思いを込めたトライが好きだ。

 

当初、はじめての岩、浅い経験のクライマーと行くイベントなので小川山数エリアをまわっていろんな岩を味わってもらうつもりだった。朝から雨がちらつき潮吹マントルには水たまりと聞き、乾く可能性だけでヴィクターに来た。移動することもなくラストまで撃ち続けた。多様な課題をもつヴィクターに感謝。

 

宿題は次の機会に。近いうちにそれぞれ出掛けることだろう。

 

店長と外岩 9月

9月の「店外」は瑞牆山、陽気も良いと予想してキャンプで一泊しましょ。

テントや食事はそれぞれのスタイルで。 2日間、たっぷりと瑞牆ボルダーを堪能するプランです。 「はじめての岩」、「岩の経験が少ない」っていうクライマーの参加をお待ちしてますよ。 もちろんキャンプが楽しみって方も。

2015815135324.jpg

昨年の秋に小川山キャンプを予定したところキャンパー&クライマーでいっぱい。 急遽変更した瑞牆でのキャンプが快適だったので今期いきなりの採用です。

8/23(日)の小川山もまだ参加可能です。申込、お待ちしてます。

店長と外岩@瑞牆山

三つの台風が接近、雨雲を吹き飛ばしたのか、梅雨明け前の快晴!

日頃の善行が効いたな。暑くたって構わない、気温より高いパッションの初岩組。

2015714181720.jpg

初めて見る瑞牆山の岩塔群に圧倒、「あそこも登れるよ」「マジか…!」などとおしゃべりしながらアップ岩、ガリガリへ。

2015714182551.jpg

ホールドたっぷりのガリガリ、ジムクライマーにはとっかかりやすい。先行パーティーの皆さん、「ご一緒させてもらって良いですかー」「どーぞー!」「マットお借りしまーす」「どーぞー!!」と気持ちのよいやり取り、クライマー同士のコミュニティーは大切ですな。

201571422139.jpg201571422315.jpg

トラバースを登りきるスタミナはまだまだ足りませぬ。

見てると苦手はマントルのようなのでお隣の7、8級を登ろう!

2015714221944.jpg

グレードにはかかわらずムーブに慣れないとなかなか上手くいかないマントル、お勉強ですな。

201571422180.jpg2015714221427.jpg

「足はどこかなぁ?」「えっ、そうなの」「なるほどなっ!」

「最後まで気をぬかないで!」「あっ、木、持っちゃった」「き、木をぬかないで…」

みんな返せるようになったね、マントル。

2015714224545.jpg

どこに落ちるのか、どこにマットを敷くのか、想像力をはたらかせて。

みんなのスポットに落度はなかったのにここで店長アクシデント…。

2015714225312.jpg

ここでTかし君のエマージェンシーグッズ登場! 氷持参もアイスパックもいいけれどコンパクトでどの部位にも使える「冷却包帯」がおススメ。こちらも良いお勉強ですな!

倒木を杖に三の谷へ。

201571423733.jpg

「SDかぁ」「なかなかカチガバにつながらないぞ」いろんな方向から岩を見てみよう。

SDが厳しめのMなみちゃん、SDではない独自ムーブで登り始めた! 自由だー!

2015714231627.jpg

「そのムーブおもしろい!」「おれもやるー!」が、しかし…

2015714231941.jpg

「T越さん、何やってるの?」「ムムっ…」

一方、日が浅い段クライマーも苦戦。桃太郎になれない指人形使いが二人、本気トライがつづく。

2015714232926.jpg

2015714232815.jpg

以外に絶妙、撃ち続けるほどにハマっていく。

その様子、初岩組にも良い刺激になっただろう。

撤収。ブラッシングと残置モノがないように。

201571423537.jpg

「今日はこのくらいにしといたろ…」

「次はいつですか? 店長」「早々に検討しまーす」

自立したクライマーへの一歩、次回もお楽しみに。

 

ページ上部へ
次へ
  • シューズのリペアサービス
  • ピラニア ネットストア
  • クライミングアイテム 中高買取サービス
前へ