ホーム>ピラブログ>南アルプス店なう

南アルプス店なう

南アルプス店 マンスリーウォール解説

さていよいよお盆休みがスタートしました。

南アルプス店ではマンスリーウォールのセットも終了し、早速今日から登っていただいております。

 

2018811132135.jpg

「え?何それ、マンスリーって??」という方のために、ここでその解説をさせていただきます。

 

マンスリーウォールはその名の通り、ひと月ごとに課題が入れ替わる壁で、今回は窓際スラブの3面がそのエリアとなります。

通称ラインセットと呼ばれる手法で課題をご用意していますが、他のエリアとは違ったルールで課題を示しています。

 

特徴的なのは、シールの色や形ではなくホールドの色で課題を区別している ことです。つまり、同じ色のホールドをたどりながら登ります。

 

課題のレベル(級/段)は スタートホールドに貼られたテープの色で示されます。 テープの色とレベルの対応は、他のエリアと同じです。

テープはその課題のスタートホールドを示すために2本貼られています。両手で保持してスタートする場合は1ホールドに2本、片手ずつ2つのホールドでスタートする場合は、それぞれのホールドに1本ずつテープがあります。この時、右手か左手の指定はありませんので、登りやすい持ち方を考えてください。

2018811112456.jpg

例えばこの課題は、黄/青(6級) 両手保持からスタートです。

2018811112634.jpg

こちらの課題は、赤(3級) 片手ずつ保持してスタートするという意味になります。


スタートには四角いシールも貼られていますが、これはこれまで通り設定者と登る時の限定がある場合はここに書かれています。

特に最も易しいレベルのピンク(10〜9級)に関しては、フットホールドにどのホールドを使ってもOKですので、スタートシールにも「自由」と書かれています。

ゴールはこれまでどおりGマークのシールです。

 

マンスリーウォールはその他のエリアよりホールドの数が少なくなっています。このため登りきった後の下降では、黒いテープで囲われた↓印のあるホールドも積極的に使って安全に降りてください

2018811131859.jpg

課題ごとのホールドの色は完全に一致しているわけではないので、見にくい色、判別がつかない場合などはスタッフに聞いてくださいね。

ま、理屈抜きに楽しんでいただけると思います。 いろんなタイプの課題をご用意しましたので、ご堪能いただけたら嬉しいです!

マップはじめました@南アルプス店

早いもので、南アルプス店のオープンから間も無く1ヶ月が過ぎようとしています。

オープン時からはホールド・課題共に追加していますが、それよりも早いペースで登りまくって、シール課題では登り足らないというお客様も出てきました。

 

課題を作れるお客様はどんどん新課題を設定されてますが、記録用のシート(マップ)の方も準備しました。

201861394439.jpg

お客様自身で設定した課題を他のお客様と共有したり、セッションしたり、はたまたスタッフが悶絶したりするのがまぶし壁の醍醐味でもありますから、ピラニア他店と同じく南アルプス店でも思いついたらどんどん設定してマップに書いてシェアしていただきたいと思います。

 

曲面壁で課題を設定する感覚は平面のそれとちょっと違って、思った通りにならないというか、良い意味で予想外のムーブや難しさがエッセンスになって実に面白いです。その辺を狙って作れるようになればもっといいんですがね。

で、昨夜(や)が作った課題が上の写真。「魂イニシエーション」と「やっぱハリルっしょ」の2課題です。

お題はもちろんサッカーW杯。過去のW杯中はジムがガラガラになることもままありましたが、盛り上がってもピラニアのこと忘れないでね(笑)

ということで、マップはフロアのワゴンにバインダーで置いておきますので、ぜひチェックしてみてください、ネ。

201861394843.jpg

南アルプス店 開店一週間

2018524194239.jpg

南アルプス店がオープンしてはや1週間。

連日多くの方にご来店いただき、感謝感激の1週間でした。本当にありがとうございます。

 

新店作りは毎回困難の連続で半分命がけですが、それだけに毎回「これまでにないものを創るんだ」と心に決めています。

よって、自動的にイバラの道が続くことになるのですが、特に南アルプス店は大難産の末の開店だっただけに、お客様が楽しそうに登られる姿を見ると妙に感動して、今日も感慨にふけっております。

 

曲面を登る新鮮な感覚に、その興奮を語ってくださる方も何人もおられましたが、これはスタッフも同じ。

私も毎回興奮しながら登らせてもらってます。

 

先週の定休日には早速ホールドと課題を追加しましたが、新課題は適度に気持ち悪くていい感じです。

この調子でなうてのクライマーが思わず唸るピラニアらしいコアを秘めつつ、誰もが集う楽しい空間でいたいなと思っています。

 

南アルプス店、今後もより充実したジムを目指して成長していきます。

よろしくお願いします!

南アルプス店 ボルダー紹介

南アルプス店のオープンが近づいてきました。

実に6週間に及んだボルダーの工事もついに完成をみて、その姿を公開できる状態となりました。

「登りたくなる形状」と「飽きのこない形状」の融合が今回のデザインテーマでしたが、BOTANIXの手によって見事に融合され、信じられないほど美しいボルダーに仕上がりました。

ということで、ここで少しだけ南アルプス店のボルダーをご紹介します。(ホールドがついていない無垢な状態はわずか1日だけなので、実は貴重な写真です。)

2018510202242.jpg

ジムに入ってまず目に飛び込んでくるのは、津波を思わせるの強傾斜壁。さらに右のダブルカンテでしょう。

2018510202343.jpg

ドーム状の壁は、どういうラインどりで登っても同じ角度はないわけですが、飽きる飽きない以前に登るとどういう感覚なのか? 僕もわかりません(笑)

 

そこから左は緩やかにテーパーした123°ですが、ドームと交わる部分が大きくアールした独特の凹角になって迫力満点。内面登攀的な動きもできそですが、面が広いので閉塞感もなく、様々な課題が誕生しそうです。

 

2018510202453.jpg

さらにそこから左面は、石和店でも一二を争う人気エリア「ヌリカベ」に近い傾斜が、右に流れた反りカンテで繋がります。

このカンテラインは人気になるのは間違いなさそうですし、左の広いうす被りは、石和店では難しかったコーディネーション系の課題も容易に設定できると思います。

 

2018510202559.jpg

そして左端。ここは正面から見ると一見フラットなスラブと、90°に開いたコーナーに見えますが、左からよくみて見ると右に行くにつれて傾斜が増す「ねじり壁」になっています。コーナーは上部で120°以上まで浅くなり、弱点が消滅する仕掛けです。これも登ったらどんな感覚になるんでしょうね。

 

これで終わりではありません。右のダブルカンテ裏にもエリアがあるのですが、それがこれ。

2018510204233.jpg

理屈抜きでカッコイイ圧倒的なS字カンテと、スラブへ繋がる緩やかな凸面が自然のボルダーを彷彿とさせます。

 

全体を通して、ジムのボルダーでネックとなる凹角をなるべく減らし、その上で凹角の短所を逆に壁の変化に転換することで長所にできたのではないかと思います。ま、それも登ってから検証というかお楽しみですが、どこをどう登っても楽しそうなボルダーに間違いありません。

 

さて、明日からはセット作業が始まります。

ピラニアスタッフはもちろん、ピラニアにゆかりのあるあの人もゲストで来てくれるようです。

どんな課題が飛び出すか、こちらも楽しみになってきました。というわけで、気になる人もそうでない人も続報をお待ちください。チャオ!

ページ上部へ
次へ
  • シューズのリペアサービス
  • ピラニア ネットストア
  • クライミングアイテム 中高買取サービス
前へ