ホーム>ピラブログ

ピラブログ

岩場は紅葉真っ盛り

甲府盆地周辺の山では今ちょうど紅葉が見頃を迎えています。

昨日行った岩場も、金と赤の光線がまぶしいくらいに溢れていました。

11月にしては気持ち悪いくらい暖かな日が続いてますが、この日も朝からTシャツで過ごしました。

美しい景色とカッコいい岩のなかで、気の合う仲間と楽しむボルダリングは実に贅沢な時間です。

2015111211121.jpg

でも、週末になると雨ですね...

先週末は石和店の岩イベントが雨で中止。今週末には富士吉田店の岩イベント「店長と外岩」が予定されていますが、天気予報を見る限りこれも開催が危ぶまれています。

まぁこればっかりはしょうがないんですが、12月にも初冬の外岩イベントを企画していますので、また店頭で告知させていただきます。どうぞお楽しみに。

 

 

富士吉田店ホールド替え

富士吉田店のスラブとイエローウェーブ(緩傾斜)のホールド替えが一段落。待ちかねた皆さんで賑わってます!!

テクい課題が多く作られるこの壁に挑戦して足使いとムーブの引出しを是非増やして下さいね。岩場もシーズン本番に突入、きっと役に立つ課題ばかりです。

初級者にもやさしいこのエリアに、10級(いちばんやさしい課題)も10数本セットしてあります! 

「この秋にボルダリングをやってみたい!!」っていうアナタ! 楽しく課題に挑戦しながらボルダリング仲間になろう!! お友達紹介割引もよろしくねー!!

まだまだスキマがありますので、ホールド足しながら課題も増やしていきますよー!!

20151021204535.jpg

秋の小川山 トラッドクライミング

富士吉田店のスタッフと常連のお客様とで小川山に行ってきました。

人気のボルダリングじゃなしに、今日はトラッドクライミングです。

トラッドクライミングってのは、人工物を残さないで自然に近い形で岩を登るスタイルなんですが、もっと知りたい方はググってみてください。

201510782434.jpg

通称"カム"と呼んでいるこんな道具を、岩の割れ目の所々にはさみこんでおくと、クライマーが落ちた時そこで止まるというシステム。

で、登り終えた後で全て回収して降りると、岩には何も残さないという具合です。

もちろんカムの設置を正しくきっちり行わないと、墜落の衝撃を支えきれずに外れて大変危険なのですが、そうならないように確かな技術を身につけ、心身ともにコントロールするところにこのクライミングの面白さがあります。

20151078263.jpg

ということで実践。

写真はクレージージャムという名前のルートですが、岩もさることながらそのネーミングの秀逸さを改めて感じました。

 

僕は数年ぶりだったこともあり、心拍数1.5倍の緊張の登り(苦笑)

手足は概ねクラック(岩の割れ目)にねじ入れて、その摩擦で体を固定します。

写真のあたりから半身を入れて体の各部の摩擦を使って前進するんですが、ジムでのボルダリングしかしたことのない人には、なかなか説明の難しい動きです。

説明だけでなく実際に習得することもジムでは難しいテクニックのひとつなのですが、こういう技術を身につけると岩登りの幅もグンと増えて、楽しみも倍増します。

20151078273.jpg

トップロープで挑戦のスタッフ山田も見事に挟まってます。

一見楽しそうに見えますが、ここのパートはなかなか難しいらしく泣きも入って、ある意味充実のスタッフ研修となりました(笑)

201510782755.jpg

ファイトー! いっぱーっつ!! 

と、危うい場面もありましたが(ウソ)、全員無事20mの岩塔のてっぺんに到着。

201510782922.jpg

色づき始めた紅葉と絶景をしばし堪能。高度感と自然のど真ん中にいる隔世感がたまりません。

最高に楽しかったですね。また行きましょう!!

201510783126.jpg

ちなみに下りは懸垂下降で空中を一気に降りますが、これがなかなかに気持ちいい。

こうした技術はピラニアでも指導させていただいておりますので、学びたいという方はスタッフにご相談くださいね。

ではまた。

想像

登攀日和だった大型連休、うち1日を小川山で過ごす。

混雑する岩場は基本好きじゃないけど仲間とセッションできることは楽しい。

モノポケに根負けした後は未登のおススメ課題へ。

201592319409.jpg

「これね、良い課題だからやってみて。」20課題程、登喜男さんにチェックを入れてもらってから数年、今日はこの課題を。

取り付きからしてムーブは分かった。問題はその体勢になるまでのホールディングと離陸時のフットホールド。「とりあえずこの足で…」などという安易な取り付きでトライしたくない。

離陸とマントル時のフットホールドに足送ることが出来る離陸足の位置を探る。およそ確定させたら力の入る手のホールディングを探る。右手は決まった。左手は悩む。二通りの持ち方、離陸とマントルのどちらを優先させるか。ここは右手と離陸足の信頼度から確定する。数パーセントの不確定を確定に出来ない自身の経験値。っしゃ、いってみるか。

力む両手、当て込む足、静かに離陸して最もムダのない軌道で重心をキープしながらマントル足を決める。乗った! 岩をなめるようにじわじわと返しきることが出来た。リップの縁に立てたことで9割の安堵感。最適な踏み足を2、3歩選びダイクに手が届いた。そのままてっぺんまで。

じつに嬉しいトライだった。こんなホールドの配列でも登れるんだなぁっていう発見や喜びが初登時にあっただろうなぁと想像する。

201592323136.jpg

自問自答するt-mo君。岩の名前の由来も伺える美しい岩だ。

このあとt-moくんも完登。マントル返してからのスラブで足を滑らせて危うかったことは黙っておこう。

201592323274.jpg

同じエリアにある僕のおススメ課題をトライするhiromiちゃん。トリトン5級をきっちり登った彼女、同じ5級ではないなっていう表情。ムーブが想像できるくらいの経験値を上げていくのはこれから。

こんな岩も楽しいものだ。また行こう。

今日もクライミングをやってみたいと、はじめての方がご来店。

なんにでも「初めて」があるし、飛び込んでいいのかどうか二の足を踏んでしまいがち。しかし、首を突っ込んでみると今まで知らなかった世界が広がっていたりします。「知らなかった」んじゃなくて「知ろうとしなかった」だけなんだってきっと気づくはず。

店長と外岩@瑞牆キャンプはそんな「初めて」満載のお泊まりボルダーツアーとなりました。

2015914193852.jpg

おやおや、りんごちゃんまで。もちろんボルダー犬の参加も初めて。

7・8級が登れるってことが参加条件の一つなんだけれど、初岩の6人ともが6級までレッドポイントを上げてきた。

2015914202040.jpg2015914202234.jpg

見定めるまなざし、落ちたくない気迫。

2015914202523.jpg2015914202654.jpg

決め手は足。

2015914203220.jpg2015914203315.jpg

おそらく、最多トライのタクマくん。悩まされた分だけ岩に教わったんじゃないかなぁ。

もう、ジムのジブスに乗るのなんてコワくないよね。

 

201591421421.jpg201591421639.jpg

一方、キャンプでは7張のうち5張が初めてのテント。建て方からはじまって「どうするの」って状態。しばらく放置してたらみんなでテント建てセッションが始まった。

「こうかなぁ」「フムフム」「あー、出来た出来た!」ハハハ、クライミングと一緒。

キャンプ飯も、カズミ嬢のホットサンドといったおしゃれ飯から、飯盒、パーコレーター、レトルト、カップ麺、魚肉ソーと漬け物といった手抜き飯(失礼!)にいたるまで、初心者キャンパーぶりを発揮。「あれ? 泊まりなんだから一杯飲んでもいいんだよね!?」今頃言われても…。酒は店長持参のバーボンミニボトルをマワシ飲みするも飲みきらず。みんな明日の登り方が気になってるんだろうな。夜中には雲もなくなり満天の星。衣食住不足キャンプもまた楽し。

 

2015914214619.jpg

いずれは自立してクライミングを楽しんでもらいたい。「店外」はそんなイベント。なのに、いつも常連がチラホラ顔を出してくれる。自分のクライミングをやりながらもつかず離れず何気にサポートしてくれてる。感謝。そんな風になりたいって思ってもらえると嬉しいなぁ。

 

 

どーみんず結果報告。

報告が遅くなってしまいました。。

ピラニア富士吉田にて8/25〜31まで開催しました、どーみんずコンペの成績発表〜。

1位 戸越健太(トゴエ)

2位 建部智也(t-mo)

3位 小林玲子(re-co)

4位 宮下すず(すず)

5位 渡辺美保里(P)

6位 櫻井宏樹(さく)

7位 小西伯弥(PK)

7位 鈴木宏彰(スズキ)

9位 伊藤泰裕(Yasu)

10位 松村岳史(タカシ)

11位 小林三奈(Mina)

12位 織田裕士(ユーシ)

13位 奥脇和美(Kazumi)

14位 高山未聖(たかやーまん♪)

15位 伊藤克之(いとー)

15位 小林洋美(ヒロミ)

以上、16名の方にご参加いただきました。

上位2名は、全21課題中20課題完登という好成績。もう、どーみんずは卒業していただきましょう〜。

みなさん、1週間おつかれさまでした。トライしていただいて、本当に、ありがとうございます。

次は。。。。冬かな?

 

夏のおわり

甲府の暑さも一段落。と同時に曇天がつづく最近の陽気ですが、さらに涼しい富士吉田店では夜になってから何やらいい匂いが漂ってくるじゃないですか。201583016348.jpg

いい匂いの発信源はこのダッチオーブンだな。

 

食欲をそそる匂いにウズウズしながら待つこと20分。

鉄鍋のフタをとると現れたのは、黄金色のモロコシ〜♪

2015830161012.jpg


モロコシというと甲府では初夏から真夏のイメージがあるんでずいぶん遅いなと思ったんですが、話をきくと忍野の特産物だそうで時期もお盆が最盛期だとか。

なるほど甲府盆地のそれとは旬が違うんですね。

おそらく今年最後の生モロコシをいただきながら、過ぎ行く夏を恋しく感じたりする(や)でありました。

201583016124.jpgそれにしても、ダッチオープンでじっくり蒸し焼きにしたモロコシの甘いこと甘いこと。味付けも何もせずムシャムシャいくのがベストな食べ方。居合わせたお客さんもご満悦のようすでした。

美味しいモロコシを振る舞ってくださった成田さん、ごちそうさまでした!!!

集中

何度トライしても登れない。けど、やり続けずにはいられない。

匙を投げることも、違う課題に移動することも、今度来た時にってこともできる。

2015824142747.jpg

2015824144153.jpg

「グぁっ、アーーッ!!」

落ちるたびに吐き出す唸り。

保持力が無くなるまで一つの課題を撃ち続ける。故障のリスク、非効率とも言えるけど僕はそんな思いを込めたトライが好きだ。

 

当初、はじめての岩、浅い経験のクライマーと行くイベントなので小川山数エリアをまわっていろんな岩を味わってもらうつもりだった。朝から雨がちらつき潮吹マントルには水たまりと聞き、乾く可能性だけでヴィクターに来た。移動することもなくラストまで撃ち続けた。多様な課題をもつヴィクターに感謝。

 

宿題は次の機会に。近いうちにそれぞれ出掛けることだろう。

 

帰ってきたどーみんず!

北海道(出身)コンビが不定期で開催するどーみんずコンペ、第3弾やります!

2015818152049.jpg

いつもに増して、やる気満々だ。。!

今回、足自由な黄色〜カラめの赤緑(8〜2級)くらいまでを21課題、用意しましたよ。

どーみんずはコンペといっても、参加者同士で教え合ったりセッションしたり、もっともっとクライミングのおもしろさを知ってもらいたい!クライミング始めたばっかりの方にもぜひ参加してほしい!そんなコンペ。楽しんでもらえれば、それほど嬉しいことはないのです。

だが、上位入賞者には、コンペ直前に北海道に帰省するくらしーから豪華(?)北海道グッズが。。!

期間は1週間のフリートライ。どしどしご参加ください〜。

店長と外岩 9月

9月の「店外」は瑞牆山、陽気も良いと予想してキャンプで一泊しましょ。

テントや食事はそれぞれのスタイルで。 2日間、たっぷりと瑞牆ボルダーを堪能するプランです。 「はじめての岩」、「岩の経験が少ない」っていうクライマーの参加をお待ちしてますよ。 もちろんキャンプが楽しみって方も。

2015815135324.jpg

昨年の秋に小川山キャンプを予定したところキャンパー&クライマーでいっぱい。 急遽変更した瑞牆でのキャンプが快適だったので今期いきなりの採用です。

8/23(日)の小川山もまだ参加可能です。申込、お待ちしてます。

ページ上部へ
次へ
  • シューズのリペアサービス
  • ピラニア ネットストア
  • クライミングアイテム 中高買取サービス
前へ