ホーム>ピラブログ

ピラブログ

店長と外岩 8月

年々、みんなの夏の岩場に出掛ける率が上昇していると感じてます。

少し前はホールドがヌメってるからとか言ってたんだけどなぁ。そんなことより岩に触れていたいんだなぁ。成果を上げてくるクライマーもいるので、これで良いんだな。きっと。

さて、8月の店長と外岩は…

8月23日(日) in 小川山です。 参加の条件として、

  • 7、6級(ピラグレード黄青)が登れる人
  • シューズ、チョークのみ持参でOK(レンタルはしません)
  • 保険各自加入(クライミングでの事故に対応のもの)
  • 荒天中止

外岩がはじめての人を中心に連れて行きます。7、6級くらいが登れると多くの岩、課題に挑戦してもらえます。ボルダリング用のマットは無くてもかまいませんが、ピラニアネットストアもご覧下さい。保険加入も紹介しますので、参加申込と問合せは店長までどうぞ。

201584163410.jpg

7月の店外、瑞牆山からの一コマ。大人子供、男女、ホームジムが違ったって岩を攀じれば皆仲間。

にしても写真のこの課題、四の谷「祭の花」右側のカンテ直登の5級でバランシーかつ引付ける内容。みんなこういうの苦手なんだなぁ。サクッと登れるように経験値上げていきましょ。

参加、お待ちしてまーす!!

富士吉田店 期間限定スタッフ紹介

石和店に新スタッフ小池を迎えたところですが、富士吉田店もかわいいスタッフの紹介しましょう。

宮下 涼 (みやした すず)さん、13歳。

今日と明日の2日間、14:00~19:00までの期間限定です。

201572920011.jpg

富士吉田店のお客様にはおなじみ。

はじめてのお客様には「なにー、あの子すごーい!」と言われてしまう。クライミング歴は2年半、外岩でも初段を登る腕前。にこやかな笑顔と裏腹なクライミング能力、登りの見本を見せてもらうのも良いですね。

職場体験での2日間、皆さんよろしくねー。

 

新スタッフ紹介

7月からピラニアに新しいスタッフが増えましたのでご紹介します!

小池 北穂 こいけ きたほ 

201572020474.jpg

愛媛県出身の28歳。

先月山梨に移住してきたばかりの山梨ビギナーですが、自然の岩のボルダリングのみならず、冬山の登山やスノーボード、アイスクライミングなどもこなすアウトドア・アクティビティ大好きっ娘です。

過去に都内のジムでの勤務歴もあるので、そちらのジムのお客様にはなじみのある顔かも知れませんが、その指導経験から今後は主に石和店のインストラクティングを担当します。

3年ほど女子スタッフが不在だった石和店ですが、これでより良いクオリティの指導サービスを提供できると思っています。

特に女性のビギナーの方には、女性のインストラクターがついた方が良い指導ができることも多いので、気軽に登り方などを聞いていただければと思います。

2015720204956.jpg

で、今日の勤務初日でしたが、早速現場で活躍してくれました。

とはいえピラニアのインストラクターとしてはまだまだの半人前のレベル。(ピラニアは指導サービスのクオリティにはうるさいのです。)

登る能力そのものもこれからさらに磨きをかけてもらうつもりですので、上級者のみなさんはぜひ小池に稽古をつけてやってください。

というわけで、今後ともよろしくお願い致します!!

梅雨なのでコンペ。

告知が直前になってしまい申し訳ありません。

明日から富士吉田店にてコンペ開催のお知らせです。

梅雨でジメジメ、岩もシケシケ、台風まで来て悶々としているあなたに、その名も「悶々コンペ」。

セッターはケニーこと田邊謙一さん。

今回は女子、子供にやさしい限定ホールドや、足自由OK(女子、子供のみ)のルールが追加されています。広くたくさんの方に楽しんでもらえると思いますので(課題をみていないので保証はできません)、先入観なく気軽な気持ちでご参加ください☆

2015717151258.jpg

はい、誰のことかわかりますね。ウズウズしても、コンペ終了までお待ちください。

2015717151617.jpg

店長と外岩@瑞牆山

三つの台風が接近、雨雲を吹き飛ばしたのか、梅雨明け前の快晴!

日頃の善行が効いたな。暑くたって構わない、気温より高いパッションの初岩組。

2015714181720.jpg

初めて見る瑞牆山の岩塔群に圧倒、「あそこも登れるよ」「マジか…!」などとおしゃべりしながらアップ岩、ガリガリへ。

2015714182551.jpg

ホールドたっぷりのガリガリ、ジムクライマーにはとっかかりやすい。先行パーティーの皆さん、「ご一緒させてもらって良いですかー」「どーぞー!」「マットお借りしまーす」「どーぞー!!」と気持ちのよいやり取り、クライマー同士のコミュニティーは大切ですな。

201571422139.jpg201571422315.jpg

トラバースを登りきるスタミナはまだまだ足りませぬ。

見てると苦手はマントルのようなのでお隣の7、8級を登ろう!

2015714221944.jpg

グレードにはかかわらずムーブに慣れないとなかなか上手くいかないマントル、お勉強ですな。

201571422180.jpg2015714221427.jpg

「足はどこかなぁ?」「えっ、そうなの」「なるほどなっ!」

「最後まで気をぬかないで!」「あっ、木、持っちゃった」「き、木をぬかないで…」

みんな返せるようになったね、マントル。

2015714224545.jpg

どこに落ちるのか、どこにマットを敷くのか、想像力をはたらかせて。

みんなのスポットに落度はなかったのにここで店長アクシデント…。

2015714225312.jpg

ここでTかし君のエマージェンシーグッズ登場! 氷持参もアイスパックもいいけれどコンパクトでどの部位にも使える「冷却包帯」がおススメ。こちらも良いお勉強ですな!

倒木を杖に三の谷へ。

201571423733.jpg

「SDかぁ」「なかなかカチガバにつながらないぞ」いろんな方向から岩を見てみよう。

SDが厳しめのMなみちゃん、SDではない独自ムーブで登り始めた! 自由だー!

2015714231627.jpg

「そのムーブおもしろい!」「おれもやるー!」が、しかし…

2015714231941.jpg

「T越さん、何やってるの?」「ムムっ…」

一方、日が浅い段クライマーも苦戦。桃太郎になれない指人形使いが二人、本気トライがつづく。

2015714232926.jpg

2015714232815.jpg

以外に絶妙、撃ち続けるほどにハマっていく。

その様子、初岩組にも良い刺激になっただろう。

撤収。ブラッシングと残置モノがないように。

201571423537.jpg

「今日はこのくらいにしといたろ…」

「次はいつですか? 店長」「早々に検討しまーす」

自立したクライマーへの一歩、次回もお楽しみに。

 

店長と外岩 7月

「晴れたらラッキーってことやね。」

「梅雨明けの平均日が7月後半ですからねぇ。」

とは言うものの、岩さわらずに居られないしね。7月も予定空けといてねー。

富士吉田店がオープンした当初に岩に行き始めたパンクスは、雨降りでも「乾いてるところだけでも…」、雪降ってても「長靴にデッキブラシ…」とかいって闇雲に岩場に通ってたなぁ(笑)

201561718856.jpg

マジメな顔で穴プーシェ7Qを登るt-moくんを店外7月のポスターに起用。

5月の店外でやっぱり岩にハマってしまい、マット購入、単独小川山、前回の瑞牆では指人形をワンデイ。快進撃すぎて、もっとベースを固めたいと謙虚な一面もみせる、先の楽しみな彼であります。

「岩にハマってしまいたい」そんなアナタの参加をお待ちしてます。

 

「平日にハマってしまいたい ! 」フムフム、そんなこともあろうかと平日版も試験運用しております。「◯曜日がいいなぁ。」なんて言ったモン勝ちかもよー。

戸田萌希さん TV取材

今日は山梨女子クライマーのホープ、戸田萌希(ほまれ)さん(16)の取材が石和店でありました。(石和店にご来店のお客様、ご協力ありがとうございました!)201564235536.jpg

練習風景からインタビューまでたっぷり3時間を超える収録でしたが、普段はシャイな彼女がインタビューの本番になるとハキハキしっかり受け答えしているのを見て、本番に強い人なんだなと思った次第。コンペの勝負強さをちょっと垣間みた気がしましたよ。


そんな彼女、今年のボルダリングジャパンカップで準優勝という素晴らしい成績をあげて、一躍シンデレラガールとなったわけなんですが、その後もそれに浮かれることなく自分の弱点を常に意識しているそう。いつも謙虚にクライミングに向き合う姿勢は本当に感心させられます。

普段どんな練習をしてるのか、何を目標に定めてトレーニングメニューを考えているのか、そんな我々にも上達のヒントになるような話もしていたようなしてないような... てことで、番組見ればわかるわけですが、これからどんなクライマーに成長して行くのか注目です。


そもそも、萌希さんの登りはめっちゃカッコいいんでファンも多いんですが、僕もそのひとり。2013年のJOCジュニアオリンピックの決勝の登りとか、今思い出すだけで心が熱くなるなぁ。

ってことで、ぜひみんなも萌希さんを応援してあげてください! あ、ファンレターはピラニアでもお預かりしますよ。

6月12日(金) 18:15からのUTY ニュースの星で放送されるそうです。エビバデチェキラ!!

富士吉田店【無休】のお知らせ

「火曜日もピラニアへ行こう!」

ホームページでもお知らせした通り、富士吉田店は6月より冬期をのぞき無休(12月〜3月は金曜定休)となりました。

20156310420.jpg

 

さて、その初日からご新規さん、常連さんともに早速ご来店です!

201563104343.jpg

 

お仕事のお休みが火曜日だった方にも、クライミングに挑戦して頂ける機会ができました。

201563104818.jpg

営業時間は14時〜23時、他の平日と同じ時間ですので、お休みの方は日中から、お仕事の方も仕事帰りにたっぷりと登って頂けます。

火曜日のお休みに何しようかなー、っていうお友達にぜひ教えてあげてくださいねー!

初めての方にも分かりやすく丁寧なスタートレッスンを致しまーす!

 

店長と外岩@小川山

五月晴れの【店長と外岩】に皆ウキウキ。

岩が初めてっていうクライマーから、駆け出し、ベテランまで十数名が小川山へGO! 初めての岩場は小川山のような良い課題がたくさんあるところが、やはり良いね。

富士吉田店パンクスの他、石和店からTIさん、湯河原に一緒に行ったMちゃん&パパ&ママ、チャイナより一時帰国のYoちゃんとイベントならではのバラエティーメンバーにもかかわらず、皆和気あいあい。" 登る "っていうのは共通語のようなものなんだなぁ。

2015513164644.jpg

 

この春から富士吉田店パンクスの仲間入り、先週のリベンジに成功してエイハブ船長となったPKくん。若々しくイキのいい登り、ちょっと嫉妬の店長です。

2015513161741.jpg

 

はじめての岩はどうだったかなぁ。自然の岩はジムと勝手が違うんだなって感じたと思うけど、慣れですからまた行きましょう、ムードメーカーY君。ねっ。

2015513162652.jpg

 

外岩駆け出しのこの二人、どんどん岩場に出掛けて下さいね。挫ける根性も弱い指も、岩場なら楽しみながら強くなれるはず。

2015513163823.jpg2015513163922.jpgのサムネイル画像

 

石和店から参加いただいたTIさん、ジムでの堅実な姿勢が岩にも出ますね。2年ぶりとは思えない岩っぷり。一時帰国Yoちゃん、チャイナの岩場にも出掛けてるだけあって安定の登り。ニッポンの花崗岩、やっぱり良いでしょ。登りまで真面目さがにじむんだなぁ、この二人は。

2015513165148.jpg2015513165329.jpg

 

こうやったら、ああやったら、誰も何も言わないのに次々にムーブを繰り出してくるMちゃん。「オォー!」 みんなのどよめく声もしばしば。届かない、高いも何のその。負けん気と楽しむことをすでに知ってる小3クライマー。穴プーシェ7級も余裕の笑顔。二週間も前から楽しみにしてくれてたって、嬉しいねぇ。

201551317853.jpg

 

こちらも余裕のおフザケ、Tモ君も初外岩。なのに、3級三本とフザケた成果。半年ほどの経験値でなかなかのセンスを発揮。バツとしてマット購入の刑だな。

2015513172225.jpg

 

いろんな可能性に出会える店長と外岩。

単独岩が多くなってしまいがちな店長ですが、皆との岩も楽しいもの。今回行けなかったクライマーも次回をお楽しみに。

楽しいことに首をツッコみたい、裏方ケニーにも感謝です。

 

そうそう、次はブラシも持っていくと良いよ。

2015513174050.jpg

 

 

 

 

裏・店長と外岩

この週末は富士吉田店のイベント 店長と外岩@小川山が開催されて、みなさん多いに楽しまれたようですが、同じ日、石和店の面々で裏・店長と外岩を密かにやっていたのでした。

まぁこれはイベントではなく、僕のプライベートなボルダリングまんまですが(笑)

場所は普段僕(山森)が1人で楽しんでいる某山中の小さなエリア。

 

破魔射場丸(2Q)

この日は夏を思わせる強い日差しが降り注ぐ日でしたが、それも青葉のフィルターを透過した緑の光線がちょうど気持ちよい空間を創りだしてくれました。

2015513103339.jpg

でっかい岩はトップロープでチャレンジ。

意図せずセカンドのビレイ講習もしちゃいましたが、それはそれで良かったかな?

2015513103517.jpg

この日は山梨県出身で今は愛知県のジムに勤務しているK君も一緒でした。

豊田の岩場をホームにしているだけあって花崗岩のテクニックは大したもの。みんなも勉強になったんじゃないかと思います。

140°くらいのパワフルな課題関所破り(1級)も見事完登でした。


ここはメジャーエリアの岩と違って名前もグレードもないラインばかり。チョーク跡はないけれど、苔や泥はたっぷり付着した原始の岩であっても「ここを登りたい」という気持ちが芽生えたなら、それは立派な動機でありボルダリングです。

まだ誰も登っていないランンを掃除しながらみんなでセッション。

2015513103625.jpg

終了点に何かの獣のウ○コが待ち受ける、色んな意味で恐怖の課題も登りました。これぞ自然の醍醐味です(笑)

2015513103743.jpg程よく指皮をすり減らした所で、ラストはお約束のマントルセッションで〆。

みんな1日よく登りました。


ただ楽しいことばかりではなく、悲しい事実もみんなには見てもらいました。

岩場のあちこちに捨てられている大量の産業廃棄物家庭不燃ゴミです。目を覆いたくなるばかりの惨状なのですが、このゴミをなんとか仲間達の力で回収できたらいいのにね、という話も出てきました。

地元にある素晴らしい自然を守りたい、残したいという意識がボルダリングを通じてより強いものになり、そしてそれがアクションによって実際の保存、意識の定着へとつながれば最高です。

これは僕だけの力ではできないことですが、仲間からそういう話が出たのは喜ばしいことだし、ぜひ実現したいプロジェクトになりました。


帰り道、仲間のひとりから「今までの外岩で一番面白かった」という言葉をかけてもって、すごく嬉しかったな。

僕も本当に楽しい一日でした。また行きましょう!

ページ上部へ
次へ
  • シューズのリペアサービス
  • ピラニア ネットストア
  • クライミングアイテム 中高買取サービス
前へ