ホーム>旧ピラブログ>2006年5月

2006年5月

登って治す

風邪ぎみで前日まで咳がひどかったんですが、クライミング強行。ところが、自然の中だと全然咳こまないんです。
「登って治す」っていう本でも出したら売れそうだなぁ。

先日大ちゃんと一緒に登ってから、さらに岩を見る目が良くなった気がします。
今日もグッドな課題を設定したり、教えてもらって登ることができました。

6_wataru.jpg

この後、暗くてホールドが見えなくなるまでリンクものをトライしまくって終了。
久々に手がワナワナ...。
それでも、とてもいい課題が完成したし、終始新しい岩やらムーブを楽しめた大満足の1日でした。

新人スタッフ紹介

はい、これが新スタッフ室井登喜男です。
ピラニアで仕事中の登喜男

これはなにやってんでしょうか?
付き合いはそれなりに長いんですが、未だよく解らない男です。

聞きたくないかもしれませんが、彼と(や)は同い年。(クライミング歴はダブルスコア)
また他同世代クライマーの有名所としては、ランナウトの飛丸さまがいらっしゃいます。

まぁ、(や)なんぞはハタチすぎてからチョビチョビ登り始めたモノ好き派なわけですが、彼らが種をまいて育ててきたクライミングの果実の旨い所を、今いただいて仕事とか御岳とかコンペとかを楽しんでるわけですね。
感謝。

ちょっと昔はですね、飛丸さまのコンペでの勇姿なんてもう眩しいくらいに光輝いていて、思い出す度に鳥肌が立ちます。
「カッ!!」とか言ってね。

そんなで、尊敬のあまり未だに話をするとどうも騰がってしまって、訳わかんない事言ってたりします。(←おちゃめ)
でも、登喜男さんと話すときはかなりリラックスしてるなぁ。(←あたりまえ)

ちなみに、飛丸さまの文才は個人的にツボに入ります。

  • 飛丸さま

  • 登喜男さん (のことは適当にgoogleでも掛けてみてください。)

ということで、ここ2,3日登喜男さんのつくった課題に続々とシールが貼られてます。だけでも、15課題は増えたのかなぁ?
いずれにせよ、僕意外のセンスで多様な課題をみなさんに提供できることは、ジムとして良い事だと言えるでしょう。
ら、楽だ〜!!

ページ上部へ
次へ
  • シューズのリペアサービス
  • ピラニア ネットストア
  • クライミングアイテム 中高買取サービス
前へ