ホーム>旧ピラブログ>クライミングを想う>断続は無なり
クライミングを想う

断続は無なり

ちょっと前の話ですが、40日かかってようやく登れた課題がありました。
58手の長い課題で、トライはたぶん延べ50回以上。(延べ手数は約2500手以上かな)
皆は数回で登ったものを、(や)はその10倍以上のトライと時間がかかりました。

でも、その課題が登れてから(や)はすこぶる調子がいい。
それまで登れなかった課題があれもこれもとカタついて、ひとつ殻を破った感覚があります。

2_yuiGuiter.jpg

楽器を演奏される方は分かると思うんですが、クライミングってちょっと似てないですか?
華麗なプロのテクニックをマネしようとしても、一朝一日にはうまく行きません。
でも、たとえ思い通りに演奏できなくても、曲に没頭する瞬間が楽しいからまた演奏するんです。
で、続けるから上手になるし、また新たな曲にトライしたくなる。

継続は力なり
逆説的に言うと断続は無なり

人間、続けることでしか手にできないことは多いようです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.pirania.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/829

コメントする

ページ上部へ
次へ
  • シューズのリペアサービス
  • ピラニア ネットストア
  • クライミングアイテム 中高買取サービス
前へ