ホーム>旧ピラブログ>2007年6月

2007年6月

決定戦速報!

ついに、島コンの王者が決定しました!

3課題のオンサイトトライ。なんと制限時間は各課題10分。しかも、ムーヴを探ろうが何しようが自由。完登もしくは到達高度が上の者がそのラウンドを制します。島コンらしいファイナルです。
070622_simafinal01.jpg

因縁の2人による世紀の対決を制したのはこの人でした。
070622_simafinal02.jpg
第一ラウンドを制し、第二ラウンドは両者完登でイーブン、そして第三ラウンドも制しました。やはりこの手のローカルコンペにはめっぽう強いですね。さすがです。
優勝者にはブラーのバックが授与されました。

惜しくも2位になった山森さんには「ガリガリ君」の当たり棒が授与されました。第一ラウンドを落としたのが痛かったですね。しかし、よく健闘しました。
070622_simafinal03.jpg

参加者のみなさん、島さん、お疲れさま&ありがとうございました。
来年は僕も出るぞー!

島コンリザルト

日曜日で島コンが終了しました。

エントリーは総勢82人。かつてないほどの参加者で多いに盛り上がりました。
皆さん、お疲れさまです。参加者には全員なんらかの賞品がありますので、ご来店の際に受け取ってください。
070619_simacom01.jpg
島さん本人も参加して、私が設定した課題を登り、37位でした。でも、賞品はなかなかよくって、ヨセミテ・ハーフドームのルート図ポスターが当たりました。島さん、ありがとうございました。

3位 ネロメ  3425p
4位 ゆーすけ  3304p
5位 タックン 2887p
6位 アトリックス 2814p
7位 有賀弘 2685p
8位 キッタ 2331p
9位 ささきさん 2232p
10位 Ken 1960p

さて、気になる優勝の行方ですが、なんと、なひさんと(や)店長が3820pで同着タイになりました!なので、今週の金曜の午後9時から優勝決定戦を行います。
070619_simafinal.jpg
因縁の2人の激突。世紀の対決をお見逃しなく!

ploblem

(たぶん)明日入荷するDVD作品TOP20 CLASSICです。

北米にあるボルダリングの名課題20本を女性がトライするという作品だそうです。
トレーラーを見ていると、それぞれの課題に秘められたドラマをもっと見たくなります。値段もてごろだし、エンターテーメント性も高そうで楽しみです。








さて、ここからは個人的な考えを書きますね。
気に触る人がいたらゴメンナサイ。

僕は今まで12年ほどクライミングをやってきたのですが、その間実に多くのクライマーと会ってきました。そのうちの2割くらいは女性だと思います。

しかし、正直なところ、クライミングをする女性の口からネガティブなことを聞くことが多いのは実感としてあります。具体的にはたぶん想像していただけると思いますが、女性であるがゆえに男性が労せず手に入れる能力を持ち得ない悔しさとやるせなさを、今まで幾度となく耳にしています。

ボルダリングのルートのことをproblem(プロブレム)と呼びますよね。
直訳すると「問題」。 ご存知「課題」のことですね。

では、クライマーに与えられる問題とはいったい何なのでしょう?
男女の差異を「問題」にしてしまうのは容易ではありますが、実に勿体ないことです。
なぜなら、差異は解決できない問題だからです。

クライマーに投げかけられた問題を解くことができるのは、クライマー自身だけ。
そして問題を克服した者だけが味わうことができるあの爆発的な感情に、女も男もあるわけがないのです。

男である(や)が書くといささか説得力がないかも知れませんが、ひがむような気持ちを抱いている人にはぜひ前向きなploblemを持ってもらいと思います。だし、自分のploblemに一生懸命にトライしている女性は素敵だと思います。

てな、感じでこのTOP20見て元気出していきましょう。(→結局宣伝かよ!?)

封切り

日曜からしまコンが封切られました。
フリートライというゆるいルールと、印象深い課題とあいまって、初日の評判は上々。
エントリーも既に40名を超えて、ウィークリーコンペシリーズ最高の盛り上がりを見せています。

課題は黄色と緑色の4冊のファイルに綴じられていて、こんな感じでパラパラと物色します。
070610_shimaCom1.jpg
で、登りたい課題が見つかったらホールドを確認して自由にトライします。
お友達と教え合ったり、ムーブのヒントをもらったりしてもOKです。

でも、足がマットにこすったり、途中でホールドを間違ってしまったら、もう一度やり直し。
登れたら得点表に○をつけていきます。


070610_shimaCom2.jpg

初日の様子を見に来たセッター島ユージ
見てるだけじゃガマンできなくなって、思わず登ってますね。
デモンストレーションでしょうか?


月曜日は、(や)も真剣に打ちこんでみました。
が、しかし、相当気合いを入れてギリギリ登れた課題が数本。
さらに全身全霊をかけて立ち向かわないと登れない感じの課題が5本もあって、歯ごたえ十分!

ハードなだけでなく、島さんらしいエッセンスがちりばめられたユニークな課題ばかりで、セッター「島ユージ」のスゴさを実感したのでした。

ああ、でももちろん、ピンク〜黄色(10級から7級)課題も十数本あるのでご安心を。
それに、バランス系というか、コンパクト系というか、テクニカルな課題が多くて、僕のような「リーチごり押し系」が通用しないのも皆におすすめできる理由です。
ま、僕にとっても苦手なムーブをじっくり自分のものにできる良いチャンスだと思ってます。

しまコンは日曜まで開催しています。
僕も全完登優勝目指して、あと6日間頑張ります!!

島コン

いよいよ今週末から「島コン」がスタートです。
一昨年はなひ、昨年は店長と私でセッターを務めましたが、今年はピラニアのユージこと、島ユージさんがセッターです。Bセッションのセッターも務め、個性豊かな設定で定評(?)のある島さんの課題が炸裂です。私はサブセッターを務めました。
070608_shimacom01.jpg

今年で3回目になる恒例のボルダリングコンペですが、知らない方もいると思いますので、簡単にご説明します。

ルールはとっても簡単です。この日のために島さんと私が設定しておいたボルダー課題を、8日間のフリートライでひたすら登るだけ!8級から二段までの合計49課題を描いたファイルが置いてあるので、自分で好きな課題を選んで、好きなだけトライしてください。登れたら得点表に○をします。それぞれの課題には難度に応じた点数が配分されていて、8日の間に登れた課題の合計点で順位が決まります。
申し込み、エントリー料は一切不要!普段の利用料で、どなたでも参加できます。

この8日間は、いつもよりちょっと頑張ってみよう!!

詳細はピラニアのHPでご覧下さい。

FM富士

FM富士の番組、SUPER TODAY FUJIの取材が来ました。
浅利そのみ
収録ではなく、アナウンサーが色々なことを体験し、その体験を番組でお伝えする趣向の「おでかけ!応援団!」というコーナーです。ということで、普通のお客さんとしてオーナーが対応しました。仕事ではありますが、なかなかノリノリで楽しんでいました。体験を伝えるんだから、楽しんでもらわなくっちゃですね。
浅利そのみ
アナウンサーの浅利そのみさんは、普段は声しか聞こえませんが、なかなか奇麗な人でした。オーナーはさっそくファンになったようです。

オンエアーは今週の金曜日。番組の時間は6時から10時ですが、「おでかけ!」のコーナーは9時からです。

白馬・松川ボルダー

日フリ協発行のフリーファンの連載「日本の岩場を斬る」の取材で、長野・白馬の松川ボルダーへ行きました。
07060_hakuba01.jpg
ボルダーの数は少ないのですが、それぞれはなかなかでした。
北アルプスから吹いてくる風がなかなか爽やかです。
07060_hakuba02.jpg
バックには美しい山々が映えるはずだったのですが、山はちょっと曇っていて残念。フリーファンの取材は、いつも人材、資金不足で大変ですが、知らないエリアに行けるのが楽しみです。
07060_hakuba03.jpg
取材の模様は、次号のフリーファンに掲載されるのでお楽しみに。
あと、白馬・松川ボルダーの情報は、地元在住のガイド、滝本さんのHP「ブルークリフ」でご覧いただけます。

ページ上部へ
次へ
  • シューズのリペアサービス
  • ピラニア ネットストア
  • クライミングアイテム 中高買取サービス
前へ