ホーム>旧ピラブログ>2009年1月

2009年1月

ホールドスワップ

いよいよ、ホールドの入れ替えが始まりました。
まずはコンケーブからです。
090129_renewalSession1.jpg
これは数日前の写真。
現在はもっとホールドが沢山ついて、今日はこのエリアでボルゼミをやりましたよ。
今夜のボルゼミレベルは青だったので、楽しい青課題もいくつかできました。
明日にもシール張っておきますね〜


入れ替えにあたって準備した新品ホールドと、水洗いして元の色を取り戻したホールドとで、壁面はとってもカラフル。不思議と課題のイマジネーションも湧いてきて、新しい課題が次から次に出来て行きます。

090129_renewalSession2.jpg

ひととおりホールドがついた新しい壁は、すぐさま人気エリア。
右のギガント(140度壁)には、誰も目もくれてせんねぇ。

090129_renewal.jpg
そして、次はミラーフェイスの作業に着手しています。
とりあえず、白ハリボテはこっちについて、マントルやらが(人によっては)ビシビシ決まる楽しい形状になる予定です。お楽しみに!!

澤田特派員 第二回報告

お待たせしました。南米、チリ・サンチアゴに派遣されている澤田特派員より、第ニ回目の報告がありました。

第一回報告では、早くもジムらしきものを発見とのことでした。

で、今回は待望のジム内部の報告がありました。ジムの名前は「el Muro」だそうです。個人的にちょっと魅かれる名前です。
090121_chiri01.jpg

以下、澤田特派員の報告です。

サンチアゴのジム、「el Muro」を偵察してきました。
elは定冠詞、muroは「壁」だそうです。料金は3300ペソ(約500円)でした。

ボルダリング壁とロープ壁があり、それぞれ別の部屋になっています。ボルダリング部屋は6m×15mほどの広さでした。ホールドが取り付けてあるだけで、ルートは示されていないので、自分でルートを考える修行が必要なようです。

ロープ壁のほうは、少し覗いて見ただけですが、そこそこにぎわっているようでした。ジムスタッフのお兄さんが、(チリ人にはめずらしく)英語を話す人で、2月に南米の大会があるのだ、というようなことを言っていたので、クライミングはそれなりに盛んなようです。

(つづく)

自販機1号

そういえば、この間駐車場脇に自動販売機を設置しました。
090117_autoDrinkMachine.jpg
ジュースは100円から。
要望の多かったホットドリンクは、缶コーヒーココアコーンポタージュなんかがあります。

また、カロリーメイトキットカットなんかも買えますので、小腹が空いたときなどにご利用ください。

謹慎仮出所

個人的な事情により謹慎中の身なんですが、岩に触れない日々に、心の不健康がカラダまでむしばんできたので、近所の河原に登りに行ってみました。

090116_snow.jpg
ところが、こんな感じでした...。
う〜〜(鬱


でも意地で登りましたよ。
090116_rayback.jpg
こんな雪まみれの岩でも登ってみると、これがめちゃ楽しい。
キリキリとした胃の痛みも和らぎ、この日はぐっすり眠りました。
一緒に登ってくれた仲間に感謝。

それにしても、お外に行きたいです。
謹慎が解けたら登りまくるぞ〜

親子クライミング体験会

ピラニアのイベントではないのですが、山梨山岳連盟でこんなイベントをやります。

090208_oyako-poster.jpg

単に登って「わー」という体験会だけでなく、子供と一緒にクライミングを続けてこられた縄重親子安田親子にも来ていただいての対話形式ディスカッションなんかもあります。

これからクライミングをはじめられる親子が戸惑うことはいっぱいあると思います。
「普段の練習方法」「目標」「上達のひけつ」「勉強とクライミングのバランス」「部活としてのクライミング」「クライミング友達の作り方」「どこまでやるのか」などなど、そうしたハードルにぶつかったとき、既に乗り越えて来た方の体験が少しでも活きれば幸いです。

また、クライミングを続ける子供達がぶつかる壁の多くは、クライミングに対する大人と子供の認識の違いから生じると僕は常々考えています。

「僕は真剣に登ってるんだけど、両親は遊びだと思ってるし...」というような、認識のズレでクライミングをやめざるを得なかった子供をどれだけ見て来たことでしょう。

クライミングは生涯スポーツです。
この体験会を通じて、親子さんにも正しい知識と認識をもっていただいて、子供自身が望むスポーツを続けてもらいたい。そして、そして親御さんのネットワークが少しでもつながればと思っています。


全く未体験の方大歓迎!!既にクライミングを愛好されている親子も待ってます!
興味ある方はぜひご参加ください。

詳細は、要項・申込書をご覧ください。

ホールド入替

090111_holdSwap.jpg
最長で2年固定されていたボルダーのホールド達も、ついに全面入れ替えの時をむかえました。
1月下旬よりセクションごとに順次入れ替えていきます。
既存のシール課題も全て新しく生まれ変わります。


「生まれ変わります」って、なんだか勝手にできちゃうような言い方ですが、この手で一度破壊して、もう一度創造するわけですね。ある意味神の手ですね。

作業とセットをすると、指紋はなくなるは、関節炎になるはで痛いとこが増えまくるんですが、楽しいことも当然あるわけで、そんな楽しいこと、みんなを差し置いて、この僕が独り占めするわけはありません。

ホールド外し・運搬・洗浄・乾燥・運搬・仕分け・取り付け、シール剥がし、切り抜き、ハリボテ移動、そして試登。わーい楽しみだなぁ...(鬱)

というわけで、楽しいことを分かち合おうじゃありませんか!?
「やってみて〜!」という方は、スタッフまでっ!!

2009スタート

みなさま、あけましておめでとうございます。

関東太平洋側は穏やかな日が続いていますが、お正月の休みは何してお過ごしでしょうか?
僕は近所のボルダリングで登り納め&登り初め。岩神社で初詣しました。
その他の時間はというと、おせち食べて、おとそ飲んで、縁側で寝てました(ダメ人間じゃん)

081231_nahi1.jpg
大晦日は仲間と義兄のトリオで登り納め。
義兄がクライマーというのは、なかなか不思議な感覚です。
(オタクな専門用語を家で話せるのは良い。)

コッシー
明けて平成21年。仲間達は初脱ぎしながら気合いの登り。
これは昨年初登した課題ですが、その後こうして仲間がトライしてくれるのは嬉しいです。
今年も一緒に精進しましょう。


0801224_gekirin-tn.jpg
2008年、最もハマった課題【逆鱗】。
年の瀬になんとか登れましたが、今年もボルダリングは一課題一課題しっかり向き合って登りたいと思います。


ジムの方はと言いますと、1月3日の初営業からさっそく賑やかです。
とはいえ、「体が軽い」と言う声は全くもって聞こえてきませんが。

今日はちょっと思い立って運試しかねがね、独りクリコンをやってみました。
しかし結果は「る」と「れ」が登れず...(凹)
凶を引いた気分で今年もスタートです。

さて、今年も課題・ルート、コンペ、イベント、ショップ、ネットストア等すべての面でパワーアップできるようスタッフ一同頑張りたいと思いますので、御愛顧の程、どうぞよろしくお願いいたします。

ページ上部へ
次へ
  • シューズのリペアサービス
  • ピラニア ネットストア
  • クライミングアイテム 中高買取サービス
前へ