ホーム>旧ピラブログ>コンペ>ボルダリングワールドカップ
コンペ

ボルダリングワールドカップ

4月11日、12日と埼玉県加須市で開催された、ボルダリングワールドカップに行ってきました。

一言で言って、日本のコンペ史上に刻まれる凄いコンペでした。
特に決勝は、これからも語り継がれるであろう名勝負だったと思います。


男子は村岡達哉選手が2位。彼のらしさ全開で、見ていて気持ちよかったです。
女子はまさに紙一重の勝負を制した野口啓代選手が優勝をきめ、日本選手は大活躍。

筋書きのないドラマに会場全員が興奮し、終わってみるとあたかも作られたかのような1日でした。

見どころは沢山ありましたが、特に男子決勝の最終課題の最終選手(Gelmanov Rustam選手)が劇的に完登して、オーディエンスの興奮が絶頂のまま幕を閉じたのが実に印象的でした

課題の質、難易度ともに絶妙だったからこそ生まれたこのドラマ。針の穴を通すような神業的な仕事だと思いました。

ボルダリング ワールドカップ
ボルダリング ワールドカップ
勝負を決めた男子決勝第3課題。
優勝したStephane Julien選手はこれを一撃。
信じがたいランジでした。


そうそう、今回は会場運営のスタッフとしてお手伝いしたのですが、準決勝では審判もさせていただいてきました。
緊張しましたが、色々勉強になりましたし、何よりこの素晴らしいコンペにたずさわれて良かったと思います。

貴重な機会を与えてくださった日本山岳協会、埼玉岳連のみなさんありがとうございました。
そして、素晴らしいパフォーマンスをみせてくださった選手の皆さん、長期にわたって準備されてきたスタッフの皆さん、本当にお疲れさまでした。


リザルトはこちら

北山真 実行委員長からのコメント

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.pirania.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1162

コメントする

ページ上部へ
次へ
  • シューズのリペアサービス
  • ピラニア ネットストア
  • クライミングアイテム 中高買取サービス
前へ