ホーム>旧ピラブログ>2009年12月

2009年12月

クリコン終了

はい、ではお待ちかねクリコンレポ・ダイジェスト版です。

さち
クリコン名物、ヘッドデコ。
今年も可愛いです。


盛り上がってます
なぜか異様に盛り上がる参加者。
パーティはまだなんですけど...


安田あとり
極小豆ジブをマッチしてゴールの課題。
正解ムーブはドステミングなんで、足短クライマー(失礼)は登れないだろうと踏んでたのですが、Atorixは変態キョンで解決。
うーん...こんな抜け道があるとは。


どいちぇ
参加者の中には、こんなに背中の広い人も。


豚汁隊
のこり1時間をきったころ、レストエリアでは豚汁隊の手も忙しくなってきました。


キッタ
凹角マントル課題で尻を天に突き上げたまま頭が抜けなくなったキッタさんと、それをあざ笑う世界のユースケ


スコア
今年のクリコンのルールを簡単に説明しよう。
・セッション形式
・トライは3時間
・課題は全部で15課題。
・それぞれ課題には難易度に比例するように2〜1000点数が付けられていて、完登することでこれが得点となり、途中にあるボーナスホールドを保持すると、半分の点数を得られる。
・得点した課題の上位3課題だけが最終獲得得点になり、これが高い方が勝ち。


とまぁ、こんな感じなんですが、例年とは大きくルールを変更しました。
というのも、いつもは20課題くらいをフリートライして登った課題数で評価していたんですが、いくつかの不満点があったんです。


ひとつは、遅れて来た人が不利になること。
まぁ、しかたないといえばそれまでなんですが、忙しい師走に仕事の都合で遅く来店される方もいますからね。
そういう人にも逆転の可能性を残しつつ、コンペを楽しんでもらおう、と。

そしてもうひとつ。
登れた課題数方式に生じる不満な点は、登れない課題に出くわすとそれを打ち込むこと無く、すぐに登れそうな課題で点数稼ぎができてしまうことでした。
戦略としては正しいんですよ。順位を上げるにはそれがベターだと思います。


でも、せっかくコンペという形で真剣勝負しているわけですから、やはり自分の限界を超えた課題にチャレンジしてもらいたい。
3時間という時間をたっぷり使って、すぐには登れないような課題に打ち込めば、自分でも信じられないような力が出せるかもしれない。
いわば、コンペで強くなるというコンセプトの下、今回のルールにしたわけです。


で、結果はというと、ズバリ的中。
多くの選手は易しい(点数の低い)課題よりも、より難しい課題に果敢にトライしてくれましたし、結果として逆転劇も繰り広げられました。
辛目の課題に悪戦苦闘した子供たちも、終る頃にはしっかり数課題をゲット。
あきらめずにやればできるんです。あきらめたらそれで自分に負けなんです。

最初は手も足も出なかった課題を、最後には登りきってしまう。
この興奮こそ、ボルダリングの醍醐味じゃないですか。
参加してくれたみんなも、そんな興奮を味わってくれたのか、「楽しかった〜」という声を耳にすることができて僕も嬉しく思いました。


はい。
登ったあとは恒例プレゼント交換。
成績順で好きなプレゼントを取って行きます。でも、ラッピングしてあって中身は見えません。
若
今年のクリコン・チャンプはぶっちぎりの全完登で若サマ
そしてゲットしたプレゼントはというと、来年のビジネス手帳
最も必要なさそうな人に当たってしまった気が...


おっと、ミスマッチNo.1はこちらかな?
ミッキーどいちぇ
2位は、はるばる入間市から駆けつけてくれたどいちぇ


佐藤ユースケ
3位は世界のユースケ
大ハマりした課題を打ち込んだ末にゲット。勢いに乗っての逆転はさすがでした。
ゲットしたのは、ヨガマットでした。


Yann
ヤンちゃんには、故郷のシンボル、エッフェル塔(←単なるツリーかも)


天下一品
こってり好きにはたまらない天下一品をげっとしたのはミキさん。
これは(や)も密かに欲しかった。


河野あかり
売れっ子デザイナー ウエジさん作のアクセサリーは、アカリちゃんがゲット!
引き強よ!!


えのもと
初出場エノモトさんには、パンダっす。
パンダといえば大ちゃんですから、来年はきっと大ちゃんみたいに強くなることでしょう。


最後は、旨いもんでパーティ、パーティ。
ケーキ
今年のクリスマスケーキは、近所の洋菓子店ソシエールの生デコと、特大モンブラン。特にモンブランは絶品でした〜。

その他にもピザあり、豚汁ありで、満腹満足。
コンペで全力出し切った人は、もっと美味しかったことでしょう〜


パーティ
そんなこんなで、今年のクリコンも無事終了。
楽しいおしゃべりタイムでパーティの夜は更けるのであった。

おしまい

今日はTV取材

今朝は-4℃まで冷え込みました。
091220_UTY.jpg
今日、12月20日は終日TV局の取材が入ります。
例によって、ATORIXのアレであります。

リードエリアの垂壁の一部が登れなくなりますが、その他は通常どおり登っていただけます。

お客様にはご迷惑おかけしますが、よろしくお願いします。

北海道3.8

週に2,3回、ピラニアの前に牛乳の移動販売車がくるんですが、いつも近所の人は誰も買わないんです。単なる牛乳ですし、徒歩5分でスーパーがありますからね。

で、去って行く間際に
「どうぞお気軽に、お気軽にご利用下さい。ありがとうございました。ありがとうございました。」
という言葉がスピーカーから流れるんです。
テープじゃなしに、ドライバーさんの肉声で、です。

もうね、それが何ともいえない悲哀に満ちてるというか、「今日もダメだった...」というもの悲しさが感じられる声なんですわ。

しかもそれで、もうこの地域はダメだってあきらめればいいのに、くじけずにずっと来るんです。
雨の日も風の日も。

で、一段と冷え込んで、表には人っ子ひとりいない今日。
ついに、情に負けて買ってしまいました。

↓それがこいつです。
091218_milk.jpg
お味の方はというと...

ま、普通の牛乳よりちょっと濃厚かな?
お値段は220円で特別高くはない感じ。

そして、ドライバーさんは、意外にも若くてイケメン系の人でした。
今日の「ありがとうございました。」には、心なしか覇気と嬉しさがこもっていたような気も。


他にも、パンとかヨーグルトとかいろいろ積んであったんで、次回、チャレンジしてみます。
レポートお楽しみに。

みなさんもぜひお試しを。

準備万端

091210_trySCARPA.jpg
トライ・スカルパウィーク、準備万端。
今日からスタートです!!


まだ、このイベントをご存じない方のために、簡単に説明させていただきます。

今年もやります! X'masコンペ

091209_xmas.gif
今年のクリスマスコンペは、あえてイブにやります。
当初クリスマスコンペを始めたのは、イブの夜も登ることしかない淋しいヤローどものが、世間に唾をはいてを忘れて俺たちだけで盛り上がろうぜ!ということで企画したのが始まりなんです。

ロックですね。反体制ですよ。
(まぁ、仏教徒の僕にはもともとクリスマスは関係ないイベントですが。)


それがいつの間にか、「イブはやめてください」という意見に押されて本分を見失ってしまった。(それはそれだ楽しかったけど。)
そんなで、今年は原点回帰。ロックでいきます。


ルールは新方式です。
一言で言うなら、「己の打破」。

ようは、いつもみたいに沢山課題があって、いくつ登れたか?という方式ではないことだけは言っておきます。ハッキリ言って、もっと厳しいです。

厳しいけど楽しい。
辛いけど、悔しいけど、出し切れた。
そういうコンペにします。
もちろん、誰でも参加OKです。


出し切った後のケーキ&ピザ、旨いだろな〜

では、そういうことで世露詩紅。

TEAM5.10

今日、代理店さんから連絡があったんですが、ウワサのTEAM5.10が入荷することになりました。
091208_team510.jpg
荷物が届くのは明後日(12/10)ですが、ファーストの入荷は本当に少量で、その次の入荷は春です。

JET7をメインに使っている人(岩場では、最近僕もJET7使ってます)は気になるシューズだと思いますが、ぜひシーズン中にゲットしてください。

とある日のクライマーズクラブの活動

お久しぶりです。

ここのところ山岳連盟関連のタスクに追われて、まともにジムの仕事ができていませんでした。
来週からはジムの仕事に専念できそうなので、ネットストア新商品とか、イベントとか、色々と目白押しです。


そいや、11月に入って、岩登りを再開しました。
今年は5月にパキってから11月まで、わずか2日しか岩を登ら(れ)ないという、クライミング人生始まって以来の大ブランクを経験。いまだに軽く「グー」するだけで痛みが走るような指の状態ですが、さすがに乾燥した冬晴れがつづくとウズウズして、仲間について行ってます。
091204_cossy.jpg
太刀岡山のカリスマ
仲間たちはいつも元気満点。今日もいいトライしてました。
僕も岩のてっぺんまで登れて、気持ちよかったなぁ。

そんな仲間達と一緒に立ち上げた山梨クライマーズクラブですが、いよいよ本格始動します。
会則も固まり、来週は初めての例会。
続いて新規募集も開始して、さらにwebサイトも開設の予定です。

あ〜、この年の瀬に至って、やること山積だなぁ。
師走。
指をいたわりつつも、頑張りたいと思います。

ページ上部へ
次へ
  • シューズのリペアサービス
  • ピラニア ネットストア
  • クライミングアイテム 中高買取サービス
前へ