ホーム>旧ピラブログ>2010年11月

2010年11月

ピラちゃん チョークバッグ

アイキャンディの社長と広報部長から、こんなプレゼントをいただきました!
101129_piraChalkbag.jpg
マジで嬉し〜

ピラニアの家宝として、大切に飾らせて使わせていただきます!

My first shoe

カラッと晴れた晩秋の空気は、日差しがあっても冷たいものですが、シャッターを解放したピラニアは、温室効果でちょうどいい気温になります。
101127_komorebi.jpg

来週からいよいよ師走が始まります。

そういえば、10月と11月はシューズがよく売れました。
特にファーストシューズとして購入されるお客様が目立ちましたが、ではベテランのみなさんは、初めて買われた靴を覚えてるでしょうか?


(や)は、シューズを結構所持していて、10足はあります。
もちろんヨレヨレになったものは捨てますから、現役ラインナップでその数です。

しかし、ファーストシューズは捨てませんでした。
この一足に、あまりにも色んな想い出があって捨てられなかったんですね。

そんなで今は実家の部屋で余生を送っています。


で、そのシューズがこれ。
101127_vector.jpg
ボリエールのベクターです。
といっても、知ってる人はかなりのツウか、年寄りでしょう(笑)

これと言って特長のあるモデルではありませんが、シューズの性能をあれこれ言えるほど上手ではなかった僕は、一足でとにかくと登りまくりました。
自分でソールを張り替えながら、3年くらいは使っていたように思います。

クライミングを始めたころは、昇仙峡(花崗岩のスラブ帯)がホームでしたから、穴があくのも仕方なかったのです。

その後、僕はクライミングジムに足を踏み入れ、やっていることの違い(というか、岩の傾斜の違い)に衝撃を受け、ジムに通いまくることになります。

2足目、3足目と買い始めたのもこの頃だったと思います。

覚えているのは、モカシム → レーザー → VX → ロックソック → そして初代ミウラーとつながっていきます。


全て良く履きましたが、特に一足をあげるとすれば、ロックソックでしょうか。
あれは、実にユニークなシューズでした。


おっと、昔のシューズの話題は楽しいから、ついつい話し込んでしまいますね。
では、また今度にでも。

バカの種観察日記 葉枯れ

ここのところの冷え込みで、大きな葉は枯れ落ちてしまいました。
101118_baka-1.jpg

しかし、幹はしっかり生きているようです。
弱いのか、強いのかよくわからない植物です。

101118_baka-2.jpg
あんなに小さかったバカの実も、ゆっくりですが着実に大きくなって、トゲも固くなってきています。


数日前、近所の空き地で野生のバカの木を発見しました。
それはもうとっくに生育して、身は茶褐色に変色していました。
幹も枯れ、あとは誰かの衣服や毛にくっついて、遠く離れた場所に運ばれるのを待つだけの木です。

それと比べると、ピラニアのバカの成長は2ヶ月以上遅れているのではないかと思います。

人の手にかけることの罪というと大げさですが、野生のままなら、とうに立派な種子をつけて全うしているでしょう。

ちょっと申し訳ないことをしましたが、それなら、最後まで見届けようという気になっています。

頑張れ、ピラのバカ!!

新スタッフ!!

えー、台風も去り秋も深まってきました。
みなさん、いかがお過ごしでしょうか?

ピラニアでは、久々に新しいスタッフが増えましたのでご紹介します。

101107_chihiro.jpg

はじめまして。ピラニアのスタッフとして働くことになりました松島千裕(ちひろ)です。


もともとは大阪出身ですが、去年は1年間アメリカとカナダをクライミングツアーしていて、この5月から山梨県の北杜市で暮らしています。東日本、初心者です。


クライミング以外の趣味は絵を描くこと。一番好きな岩は、花崗岩です。みなさんよろしくお願いします!

ページ上部へ
次へ
  • シューズのリペアサービス
  • ピラニア ネットストア
  • クライミングアイテム 中高買取サービス
前へ