ホーム>旧ピラブログ>2012年6月

2012年6月

とは限りません

つまりこういうこと。
ゴール
コンペではよくある終了点の一つですな。
中には終了点ホールドが無し、壁をマッチしてゴールってのも…。

今夜の吉田店ボルゼミ " 青 " は乗り込みとバランス。
ホールド替えも中盤戦、新しい課題がセットされたウェーブとスラブで
おおいに盛り上がってもらいましょ。

ジブに乗り込む
ハリボテの底辺に付けたジブスに乗り込み、立ち上がってジブスゴールをピンチっ。

足が信じきれない
そこへたどり着くところもちょっとビビリがはいります。

思わず笑う思わず笑う2
で、立ち上がろうとするとこれがなかなか自分の足を信用できないんだなぁ。
右往左往してるうちに、思わず笑みがこぼれますな。
登れないときは悔しがるとは限らないんだね。

来たっ!
重心がきちんと収まってくると、あら不思議。
終了点へ手が伸びてきましたよ。
マッチまで気を抜かないで…。

出来たね
はい、出来ました!

足運びや重心移動、精度が上がれば出来てしまう課題も多いはず。
ホールド替えにともなう新しい課題はそんなところにも着目してますので
ドンドン登っちゃってくださいね。

来週7月5日(木)の吉田店ボルゼミは " 黄 " です。
タワーのホールド替えも進みますので、どんなゼミになりますか、お楽しみに。

今年もいよいよ

富士登山のシーズンです。
毎年恒例となってきた除雪作業、あとは許可を待つのみ。

例年より多かった降雪も台風によって大分とけていました。

ホールド入れ替え 第2弾!

120623
明日の20時閉店後にスタートします!
というわけで、お手伝いいただける方お待ちしていますm(__)m

初めてなんです

吉田店の木曜日、楽しみにしてくれてるようでナニより。

先週の青ゼミと同じように、せっかくホールド替えしたのでケイブを…。
でも黄色(8級)クライマーに体幹をバリバリに張らせるのはどうかと…。
しかっし!!そういった躊躇や遠慮を払おうと今週も黄色ケイブ祭り開催!
(なんだ、結局やるんじゃん)

黄ケイブ

体幹を張らせる分、持てるホールドに。
足運びや重心をどこに収めるかがポイント。
ただでも少ないムーヴの引出し、カラダが水平になってもテンパらないで
冷静にいられるかなぁ?

オブザベと扇風機

6月というのに夏日と同じ気温、これにも負けちゃいられません。

今日初めてクライミングを体験したお客様も交えてのゼミ。
きついかなぁと思いつつも…。

安定した体幹張る

オンサイトしちゃったりして〜!!

初めてでもできた

で、この笑顔。
クライミングって楽しいでしょ〜。
また登りましょう!

来週28日(木)の吉田店ボルゼミは青(6級)。
24日(日)〜26日(火)の第2弾ホールド替えは「スラブ&薄かぶり」。
次回の青ゼミはたぶん、スラブ祭り開催という声がチラホラ…。
ククッ。お楽しみに(笑)

24日(日)の閉店後20時からホールド替え作業開始です。
皆でワイワイ、楽しいよ〜。

吉田店ケイブ祭り

ホールド替え直後なので当然ですな。

今夜の吉田ボルゼミ " 青 " はすべてケイブエリア課題。
なにかと上級者が入り浸るこのエリア、もっとたくさん登って欲しいですね。


ルーフを抜けてからの引きつけはなかなか苦しいぞぉ。
ルーフ抜けて引きつけ


どっかぶりのランジ、いい軌道を描くとねらい通りに。

足ブラ飛ぶ

これを機に、臆することなくドンドンこのエリアを登って体幹を強くしましょう。

ルーフ

かくいう店長、ルーフの赤緑、1撃できず(凹み)。
僕も課題を作りながらドンドン登るぞ!

来週21日の吉田ボルゼミは " 黄 " です。ビギナーさんいらっしゃい!

それと、ホールド替え第2弾、オレンジスラブとイエローウェーブは6月24日(日)からです。
登り残しないようにね。

富士吉田店ホールド替え 第一弾ケイブ

えー(や)です。
みなさん、お久しゅうございます。

相変わらずバタバタした生活を送っておりますが、クライミングの調子は少しずつ上がっております。


え? 僕を知らない?

た、確かに富士吉田店では一般のお客さんと間違われて「上手ですねぇ」と褒められたことがありましたが、あれはあれで気分が悪いものではないですね。(石和店の方、もっと褒めてくれていいですよ)


ところで、富士吉田店のホールド替えをちょこっとやりましたので、ご報告。

あ、ちょこっとじゃないか。
でも、ババーンでもないな。
シレーっとでもないし、うーん.....

ビシっと! そう、ビシッとやりましたです、はい。


エリアはケイブです。
他のエリアは6月24日(日)から作業が始まります。
120612_FjHS-1.jpg
まずはホールドほ全部外して、洗浄。

120612_FjHS-3.jpg
「キレイさっぱり」と言いたいところだけど、壁が黒い!!
魚拓ならぬ石拓ですな。


中略


120612_FjHS-5.jpg
はい、7割くらい付きました。

記事にするとまるで一瞬でホールドと課題が出来上がったように思われるかもしれませんが、実際はけっこうな時間と労力をかけて少しずつ作り上げていくんですよ。

残りの3割は他のエリアのホールドとスワップするんで、第2弾の作業時から徐々につけ足していくんでお楽しみに。


さて、新しいホールドが入ったケイブですが、はっきり言って楽しいです。
僕なんかムーブが楽し過ぎて、登ってる最中にクラっと失禁失神して落ちてしまったくらいです(←落ちた言い訳)


課題は25本くらい作りましたが、どれも新鮮な感覚で登ってもらえると思います。

ホールド替えはパワーが必要となる作業ですが、クライミングジムとして、いやクライマーとして未知を創造する悦びをもたらしてくれる貴重な機会です。

これは一種の芸術だと言っても過言ではありません。

と、やや高尚なことを言って、作業に巻き込もうと言う作戦がバレたかもしれませんが、とにかく登ってもらえたらそのえも言われぬ楽しさを理解してもらえるんじゃないかなぁ。

さて、時は梅雨真っ盛り。
こんな時期こそ、富士吉田のケイブでみっちり登りこんでいただきたいと思います。

納得

なにやらしかめっ面の吉田ボルゼミ。
今夜は " 黄 " (8級)が登れるようになりたい人がメインなんですが、ベテランがチラホラ?

やれば出来るんだけど、ホールドが覚えられない人、多発!
で、みんなこの顔つき。

ボルゼミ

見切り発車で不安いっぱい、どうするか考えながらだと、途中でパンプ。

よく見て

やはり、オブザベーションは大切。
なかなか読み切れませんね。

どこ?

ベテランも登れてしまいますが、もっといいムーヴがあるんじゃないかと納得いかない様子。
ムーヴを読み切るにはたくさんの経験が必要、クライミングをはじめて間もない人程、
登る量を増やして欲しいですね。
設定ムーヴを知るとなるほどって感じなんですが…。

登れた!

来週14日(木)の吉田ボルゼミは " 青 " (6級)です。
ホールド替え後のルーフもボルゼミで使いますよ。

アイシング

それと、近頃は腕や手指の故障を訴える人もチラホラ(かく言う店長も)。
登るばかりではなく、ちゃんとケアしてあげましょう(ごもっとも)。

常に良いコンディションで登れる。こんないいことはありませんよ。

Friend's

吉田店も1年と1ヶ月を過ぎました。
はじめは見ず知らずだったみんなも、クライミングを通して徐々にお友達になっているようです。

ボルゼミ仲間

今は付けている名札がいつかいらなくなるんだろうなぁ。


さて、今宵の吉田店ボルゼミは " 青 " 、少しずつワルいホールドをさわりながら、
フックが使えるようになって欲しい課題。
フックを掛けるってことは、次のハンドホールドを取りにいく時に重心が残ったまま先に進むってこと。
この不安定さが信用できなくて手がでないこともしばしば。
慣れていないので、掛けることさえままならない時も…。
足を手のように使えるフックは常套手段。ぜひマスターして下さいね。


で、今日の頑張りは…。

届いたはいいけどフックを掛けにいけないぃ〜。
キャッチもう少し
              あと少しぃぃ!


よ〜く狙ってー。
狙う届くか
                  フックを信じきれないww!


結局、完登はほぼなく、みんな宿題になったね。
それだけ、フックやワルいホールドを使っていないってこと。
遠慮せず?どんどん使いましょ。

笑い

来週7日(木)の吉田店ボルゼミは " 黄 " です。
この春、クライミングを始めたばかりっていうアナタにばっちりの課題を用意しますよ。
最初は見知らぬ人たちもセッションを繰り返すうちに大切な仲間になっていきます。
ご参加お待ちしてますよ。

ページ上部へ
次へ
  • シューズのリペアサービス
  • ピラニア ネットストア
  • クライミングアイテム 中高買取サービス
前へ