ホーム>旧ピラブログ>コンペ

コンペ

グリーンカップ終了

昨日は件の南アルプス グリーンカップでした。

朝は爽やかだったのですが、開会式に入る頃からUV指数急上昇。
日焼け止め乳液を軽く付けておいたんですが、その甲斐なく顔から腕から真っ赤っか。
選手には気の毒な条件でした。

日々練習と努力をしている人が、力と成績を出せるようなルートセットを心がけたつもりでしたが、今回は少しうまくいった気がします。

グリーンカップは男女混合、当日出場者が判明するという特殊なルールの他、ルートセットには様々な制約もあるんですが、それでも終わって見ればキレイに順番がついて、最後の選手は完登で締めくくるという理想的な結果でした。
それに、みんな上部まで頑張ってくれて、手応えを感じたと言ってくれた選手もいて、セッターとしては嬉しかったです。


ただですね、いくつか腑に落ちないことが...

例えば、壁のパターン(凸凹)やインナーホールドがホールドできる場合、チョークでくっきりマーキングしてあげて、しかもデカデカと↑までつけてホールドするポイントのヒントを与えているのに、あえてそれを使わないのか、それとも視界に入らないのか、はたまたセッターの罠と思っているのか、いずれにせよほとんどの選手が素通りして、えげつないムーブをして自ら苦境を招くパターンがあまりにも多かった気がします。

しかも、マーキングしたアウターホールドのガバも、半数以上の選手が無視してましたが、「使ってはいけない」と勘違いしていたんでしょうか?

あとですね、フラッシングというルールなんですから、デモンストレーターなり前の選手の登りをよく見て参考にしてくださいね。 (マークした箇所のホールドもデモでは使っているはずです。)
デモで登ったのに、なんら参考にしてもらえないんじゃ僕の立場がぁ...って感じでした。


しかし、小さなコンペながら、なんかとても楽しいコンペでした。
去年出てくれたピラニアの仲間は、今年は周りにも声をかけてくれたみたいで、ピラニアのお客さんに限っては参加者も増えました。

みんなが 「来てよかった!」「ほんと楽しかった!」と言ってくれるようなコンペにできれば、これからも少しずつ仲間の輪が広がるはず。

これからも楽しいひとときを過ごしてもらえるよう、知恵を絞ったり工夫を重ねていきたいと思います。


最後にサブセッターを努めて下さった渡辺真ニ郎さん、1日ビレイをしていただいた小野さん、県山岳連盟の方々、 そして盛り上げてくれた選手と応援のみなさん、ありがとうございました。

F_100CANONIMG_0069.jpg
入賞者 
※注  一番目立っている人は、優勝した人ではありません。


主な結果


エキスパート

  1. なひ
  2. (唯一完登)
  3. ATORIX

  4. ネロメ


ミドル

  1. 鷹野先生

  2. 村松さん

  3. 藤原有希くん


ビギナー

  1. 三科くん

  2. 笹山さん

  3. 花田貴大くん

南アルプス

やぁ!
クラさんだよ。

今日は南アルプス市は芦安にある、クライミングウォールにやってきました。
実は日曜日に、毎年恒例の南アルプスグリーンカップというリードコンペがあるんですが、今年もセッターを担当してるんです。

CA240001.JPG

で、この壁が会場です。

いや、間違いました。
この写真の奥にチラと写っているのがそれですね。
まさにグリーンカップにふさわしい、緑の茂りっぷりです。

小さなコンペですが、そのぶん初級クライマーにはルールや規則がゆるくって、なかなかラブリーなコンペになっております。
もちろん、エキスパートクラスの真剣勝負もご用意しております。(選手のみなさんよろしく)
流した汗と涙は、すぐそばの温泉で流してください。(湯船では禁止)

当日の申し込み参加もOKです。(ラブリー!)
ぜひ、来てみてください。

南アルプス・グリーンカップ詳細

Re Set

Bセッションが終わりました。
そして今日は、ボルダーの復旧です。

reset.jpg

コンペ当日を含めて数日間はスタッフ陣もハイパーテンションな日々を過ごす訳ですが、翌日も休んでいるヒマはありません。一度はずしたホールドを今度はまた取り付けていきます。
セッターの岡野さん、草野先生も一緒です。

独りでやるとそのホールド量に参ってしまいますが、登れるクライマーと一緒にやるとかなり楽しいです。

今回はホールドだけでなしに...
いや、まぁ今度来店された時のお楽しみにしておきましょうかね。

さて、ホールドは50%くらいは付きました。
登りやすい易しい課題(ピンクシール)も結構出来ましたよ。
火曜日からは通常営業です。

NORTH FACE CUP 2007

すっかり恒例となった、Bセッションノースフェイスカップに、今年も行ってきました。
今は興奮しすぎてぐったりしてます。
IMG_1178.jpg

ピラニアキッズ達もがんばりましたね。
緊張しすぎてギクシャクしてる様子も、いつものやんちゃな姿を見ている僕としては、なんだか微笑ましかったりして(笑) まったくかわいい連中です。

詳しくは、後ほどここでお伝えしまーす!

ちなみに、リザルトはこんな感じでした。
キッズ
エントリー男女
ミドル男女
エキスパート男女

自己最高成績だった人、凹んじゃった人、感動で目頭を熱くした人、疲れ果てた人、このコンペは今年もいろいろドラマが生まれましたね。
みんなお疲れさまでした!

瑞穂ジュニアボルダリングミート 2007

東京は西多摩瑞穂町、好日山荘で行われたキッズコンペに行ってきました。
主催はMJCC瑞穂ジュニアクライミングクラブ。ジムではなく、クラブが中心になってコンペを開催するなんて、やる気がみなぎってて凄いなぁと感心しました。会場となった好日山荘瑞穂店も、店内のクライミングウォールを開放するなんて、ステキなお店じゃないですか!

14_wallminna.jpg

当日は(や)のいいかげんなナビによって、かなり遠回りしての会場入り...。(迷走珍道中、ご迷惑をおかけしました。)コンペを知っているお友達は、さっそく作戦会議です。

14_yubisashi.jpg

今回は山梨から12名のお友達が出場しました。
全員の写真を載せられなくってごめんなさい。
ピラニアのキッズたち

今回、初めてコンペに出てくれたピラニアのお友達もいましたが、みんな普段とと違う一面を見せてくれました。
いつもは絶対にしないような飛びつきを見せてくれたり、悔し泣きした後も執念で完登をもぎ取ったお友達もいましたね。勝つだけがコンペじゃない。競いの中で集中していく子供は、今日だけでグンと成長したような気になりました。
仲良く一緒にトライしてくれたMJCCや他から来ていたお友達。本当にありがとう。

安田あとり
スーパーファイナルにもつれ込んだ決勝戦。優勝は安田あとりちゃんでした。
最後は完登を決めてくれて、ギャラリーも盛り上がりましたね。おめでとう!

規模は小さいけれど、ハートフルないいコンペだったなぁ。
スタッフのみなさんは大変なご苦労だったと思いますが、こんなステキなコンペを企画してそして創り上げていく素晴らしいお仲間の力は、実にうらやましい。クライミングはハードじゃなしにハートなんだと実感しました!

一日頑張ったみんな、親御さん、コンペスタッフのみなさん、そして好日山荘の方々、本当にお疲れさまでした!


尚、リザルト(結果成績)は近日中にBOULDERING.JPで発表されるとの事です。

賞品

やっちゃいました。
自分で賞品として提供したCDを、見事にゲットです。
061001_syouhin01.jpg
成績は17位。
ある意味、全完登なんですけどね。ハンデがあまりにもデカかった。ま、でも、みんな私の作った課題で苦しんでくれたので、良しとしますか。

県体育祭コンペ

今日は県体育祭りコンペでした。
なひのセッターデビュー戦だったこともあって、カッコ良く完登したかったんですが、結果は3位。

読みどおり順調に高度があがってきたと思いきや、クリップのミスひとつでガタガタに...。くやしいぞ。おい。

でも楽しい1日でした。
選手の皆さん、応援、大会スタッフの方々、お疲れさまでした!

24_kose1.jpg
力をつけるには登り込むしか手立てなし。
秋空の下、表彰式後もラで仲間達と居残り練習っす。

納涼コンペの模様

直江津のKさんから、W.S.納涼コンペの写真をいただきました。
今回はほとんど登っている写真が撮れなかったんで、嬉しいなぁ。
僕のアシュラパンツもヨレヨレになってきました。

マントル課題ではまる山森政之

最後にトライした、このこしゃくなマントル課題。
1回目のトライでマントルが返りそうだったんで、勢い良く肘を返したらリップのヒールが外れて、くるぶし流血(痛)
「設定者誰だ!?」と八つ当たりしたい気持ちを押し殺して止血していると、目の前で犠牲者がまたひとり。不思議とおだやかな気持ちになったのでした。(悪)

しかし結局、このトラウマを払拭できずに及び腰なトライをつづけ無念の時間切れ。
これは登らないとダメな課題だったなぁ...。


コンペと言えば、今日からスペイン ワールドカップです。
日本選手のみなさん。応援してます!!

恒例の参加 及び恒例の反省

群馬は前橋のジム、ウォールストリートの納涼ボルダリングコンペに行ってきました。

今年のピラニア勢は合計6名。
(や)はなんと3年連続の参加でしたが、ここのオーナーの柘植さんの奇抜な発想と、器用な仕事にはいつも感心させられますし、独特のシュールなセンスが個人的にばかうけ(by栗山米菓)です。

それにしても強烈に暑いコンペでした!
選手全員、滝のような汗を流しながらの競技で、(や)はのぼせて(またもや)鼻血が出た程です。


で、納涼コンペは一風変わった課題が多いのが特徴。


そして、このナックルジャムスタートする課題もそのひとつ。
10_nackle.jpg
グーしても、チョキしても手のサイズがどうしてもシックリこなくって結局登れませんでした...。
(亮くんはカチ持ちして完登してたけど、それもスゴいよなぁ...)

10_Ryo.jpg
予選をトップ通過した亮君でしたが、決勝でふるわず4位。残念。

優勝は数馬くんでした。
国際大会を数多く経験しているだけあって、可能性を排除しない読みはさすが。
圧倒的なフィジカルの強さに加えてあの読みですから、鬼に金棒といったところでしょう。

ピラニア勢ではボルダリングコンペ初参戦のウサミ君が奮闘。
初級クラスで準優勝でした。
10_usami.jpg

(や)は上級クラスで11位...
力不足でさっぱりできない課題もかなりありましたが、気合い入れればあと2課題は登れたはず。
反省です。


それはそうと、今回のもうひとつの反省。
IGNIUSことです。

今回、IGNIUSのパンツを着てコンペに出ている人の多さに驚きました。
で、「とても気に入っている」 「再開してほしい」 という声も複数のクライマーからいただきました。

パンツの生産を終了したのが2002年。
あれから4年もの間、IGNIUSのプロダクトが使われ続けている事実に、嬉しさとともに申し訳なさを感じました。

IGNIUSはコアなブランドとして2000年に立ちあげました。
コアでありつづけられたからこそプロダクトとそれにこめたフィロソフィーは消費されることなく生き続けてくれたということでしょうか。

空白の3年を埋める事は容易な事ではないですが、今、何かを始めないといけない気持ちで一杯です。

キッズコンペ

5_pump1.jpg
知らない人がみたら、何やってんだかさっぱりわかりませんね。この写真。
え〜、
正解はパンプ1号店で開催されたキッズ仮装コンペでの模様です。
5_pump2.jpg
ランジ競技のデモンストレーション。
ということは、この仮面男がMr.ってことですね。今日もいい味出してました。
※ 何を隠そう(や)はMr.のファンなんです。ピラニアでもよくMr.の物マネしてます。


そして今回の山梨勢です。
5_pump3.jpg
YomoとAtrixの間に、例の仮面男が!

5_pump4.jpg
左:ラムちゃん 胸には谷間が!!
(ちなみに本人はラムちゃんを知らないと思うんですが...。)
右:ナマズちゃん (肩がひれ、髪がヒゲになってる、素晴らしいアイディア衣装)

サキちゃんは、なんと3パターンの衣装をラウンドごとに化粧なおししての出場。
あんたもエラいが、衣装を手作りしたというお母さんもエラい! やっぱ遊ぶときゃ、徹底して遊ばんとな。

5_pump6.jpg
左:せんりちゃんに「なんか普通」と言われてショックを隠せない(や)。
右:こういうギャングのキャラがいたようにも...

パンプスタッフのイベント企画運営力にはいつも脱帽ですが、今回は仮装に対する気合いの乗り方も半端じゃなかった! 猛暑の中、本当にご苦労様でした。子供達もきっと想い出に残る事だと思います。
ジムはやっぱり若いもんがやった方が面白いですね。


おまけ
5_pump7.jpg
コンペ終了後、掃除機をかけるプリマドンナ。

ページ上部へ
次へ
  • シューズのリペアサービス
  • ピラニア ネットストア
  • クライミングアイテム 中高買取サービス
前へ