ホーム>旧ピラブログ>コンペ

コンペ

山梨カップ スケジュール

タイムテーブル

9:00 選手受付開始
    受付で参加料をお支払い下さい
    受付が終るまでは入場できません
    受付が終った方はリード壁を利用してウォームアップが可能です
9:30 受付終了
    開会 競技説明
9:45 男子アイソレーションオープン  
10:00 男子アイソレーションクローズ
10:10 男子予選(課題:5 競技時間:5分)
11:50  女子アイソオープン
12:20  女子アイソクローズ
12:55 男子予選終了
13:10 女子決勝(課題:5 競技時間:5分)
13:30  男子決勝アイソオープン
14:00  男子決勝アイソクローズ
14:35 女子決勝終了
15:50 男子決勝(課題:4 競技時間:5分)
16:05 男子決勝終了
16:20 成績発表・表彰式
16:45 閉会


スケジュールが非常にタイトなため、スムーズな運営が出来るよう選手の皆さんにもご協力をお願い致します。

競技は基本的にIFSCルールに従って行ないますが、朝の競技説明ではIFSCルール詳細については説明しません。
選手の皆さんは必ずあらかじめ IFSCルールブックを読んで、ルールを熟知してから参加してください。
「知らなかった」「説明がなかった」という抗議は一切認められません。

・競技前オブザベーションはありません。

・男子予選の出番の早い方は、早めのウォーミングアップをお願いします。

・食事の時間は各自確保してください。アイソレーションに一度入ると、食料や物品の持ち込みができなくなります。

山梨カップ 競技順発表

参加申込を締切りましたので、競技順を発表します。
エントリーの人数から、男子オープンクラスは予選・決勝の2ラウンドで。女子オープンクラスは決勝の1ラウンドで行うこととします。男子決勝の人数は8名を予定しています。

男子オープン予選は厳正な抽選にて、女子オープン決勝は申告グレードと、過去の競技実績などから決定させていただきました。


男子オープン予選


1 笹山 邦博
2 志村 悟
3 島 勇樹
4 松本 竜次
5 森下 樹( 韮崎工高1)
6 中沢 拓也(巨摩高1)
7 大森 僚
8 米山 宝
9 遠藤 拓真
10 若尾 龍隆(山梨南中3)
11 渡辺 晴彦
12 齋藤 晃介(韮崎工高2)
13 花田 貴大(須玉中2)
14 櫻井 雅彦(富士宮西高2)
15 内藤 聡
16 有賀 弘
17 丸山 浩(韮崎工高1)
18 瀧浪 優真( 富士宮西高2)
19 田中 慎一(笛南中2)
20 橘田 一貴
21 根路銘 幸昌
22 西山 裕己(韮崎工高1)
23 畑野 克実
24 池田 大輔(山梨南中3)
25 久保寺 正雄


女子オープン 決勝


1 保坂 美礼
2 河野 明理(山梨高1)
3 花田 莉奈(須玉小6)
4 平塚 夏生(富士宮西高2)
5 中込 順子
6 矢崎 莉奈(山梨南中2)
7 戸田 希
8 縄重 未来
9 安田 あとり(芦川中2)

ボルダリングジャパンカップ

な、なんと、Atorixがボルダリングジャパンカップで準優勝!!
マットと賞金3万円を鷲掴みにした写メが届きました。
安田あとり

なにせ、前代未聞の観客無しジャパンカップ。何があったかは全くもって不明。
帰ってきてから、詳しく取り調べる予定です。


女子リザルト
男子リザルト

第2回 ボルダリング山梨カップ

公示がおくれましたが、今年もやりますです。

ボルダリング山梨カップ


関係書類のダウンロードはこちらから


  • 要項

  • 申込書



  • 今回の目玉



    1. 成年少年混合で競技します。アンド、予選決勝ラウンドがあります(予定)

    2. 尾川智子さんです。 コンペ後は例によって楽しいイベントがあります。

    3. 他、小さい目玉多数


    そだそだ、コンペ前日の3月14日(土)はセッティングのため臨時休業とさせていただきますのでご注意下さい。


    さぁて、今年も盛り上がるといいなぁ。
    想い出に残る勝負になるよう、はりきって準備したいと思いますので、ふるってご参加ください。

    山梨カップの最新情報は随時ピラブログ公表していきますので、チェックしてくださいね。

    いざ腕試し

    シマコンの興奮冷めやらぬ今週のピラニアですが、今週末には国分寺のランナウトで、腕試しボルダリングコンペがあります。

    とても人気の高いコンペゆえに、毎年趣向を凝らした楽しい仕掛けが仕込んであるみたいですが、オーナーの山﨑岳彦さんによると、なんでも今年は見たこともないハリボテを準備しているのだとか。

    そういえば、昔は山岳ホールドなる「手ごねホールド」も市場に出回っていて、その中でもコルネホールドは傑作だったと今でも思ってます。復刻しないかなぁ??

    今でも山﨑さんはオリジナルホールドを多数製作されていて、実はピラニアにもお裾分けがけっこう付いてるんですよね。

    071120_yamatake-san.jpg
    ↑ハリボテ製作中の山岳さん


    さて、今年もピラニアからは9名の仲間が参戦するようで、僕は応援には行けないのですが、チームピラニアの奮闘を期待しています!!

    シマコン賞品授与

    シマコンが終わり、参加された方全員に賞品が次々と渡されています。


    081022_waka.jpg
    最終日の巻き返しは見事としかいいようがありません。2位タイの「若様」こと若尾くん。
    シマコンの前身、なひコンから2位の賞品は伝統的にしょぼいんですが、今回も例外はなくぬいぐるみでした。しかも、ミッキー(苦笑)

    島ユージ設定の課題は全完登でフィニッシュ。賞品と順位以上に価値ある成績でしたね。
    それに、クライミング歴はまた半年ということで、これからの成長も楽しみです。


    安田あとり
    同じく2位タイということで、こちらはミニーマウスのぬいぐるみを嬉しそうに手にするAtorixとよもぎ&そうき。
    アジアユース選手権が近づくなか、ボルダリングでもしっかり成績をだしてくるのはさすが。
    今年のボルダリングジャパンカップでも決勝に残れるように、登り込もうね。


    081022_ken.jpg
    安田家長、Kenさんにはビッグサラミ!! これ食べて力つけてください。


    笹やん
    ついに10傑入り。8位と大健闘を見せた笹やんは、ドラえもんかき氷器をゲット。


    Yann
    ピラニアのフラビオ・クレスピこと、ヤンちゃんにはアミノバイタルPRO。


    佐々木
    着実に自力をつけている^長(佐々木)さんは7位。素晴らしい。
    堅実な彼らしく、ゲットしたのは石けん詰め合わせでした。


    081022_kubodera.jpg
    6位の大活躍を見せたσ(・ω・釣)さんはLA SPORTIVAのソリューションTシャツ(たぶん非売品)をゲット。
    そもそもσ(・ω・釣)さんはソリューション愛用者なので、たいそう喜んでもらいました。
    良かった良かった。


    コッシー
    「前から欲しかった」という玄関マットとスリッパのセットをついに手にしたコッシーさん。
    ピラニアとしても、欲しい物をさしあげられて、とてもいい気分です。


    キッタ
    キッタさんには本。勤勉でインテリの彼にぴったりです。
    タイトルは「土日で覚えるロッククライミング」(!??)


    佐野っち
    爽やかな人には爽やかなグッズが当たるものですね。
    さのっちは、TNFリストバンド!


    有賀
    けなしあいの口撃があだになったか? 結局10位でフィニッシュのAriさんには10万円入りの財布が当たりました。このお金でみんなを焼き肉に連れて行ってくれるそうで、こちらも楽しみです。


    ムロイトキオ
    そして、シマコン2008の覇者はこの人「うちの五段」でした。
    優勝賞品はPS2(PS3ではない)!
    いや〜さすがに強かったです。
    (や)渾身の設定課題も、結局一日で方つけられてしまいました...


    それにしても、5ポイントの課題だけ最後まで登らず、他の選手に逆転の可能性を与えていたあたり、優しさ(もしくは単に陰湿)もみせた彼ですが、そろそろ山梨にも彼にグの音も出せないほど負かせるクライマーが現れていいと思うのですが、どんなもんでしょ?


    賞品は参加者全員に準備してます。何が当たるかはお楽しみ。

    登れなかった課題の復習がてら、ご来店下さい。
    (取りにこられなかったものは、来年のシマコンの賞品になりますので、ご了承ください。)

    シマコン リザルト発表!!

    結果発表〜!!

    (と、言いながら、都合でリザルト(.xls形式)だけ公表です。)

    シマコンファイナル

    今日はシマコンファイナルデーです。
    細かい話は次にまわすとして、ひとまずレポ写真をいくつか。
    シマコン
    最終日にポイントを上乗せするため、朝から続々ご来店。

    シマコン
    鬼の形相で完登ポイントゲット。Kシーさん。

    若尾龍経
    今回の台風の目、若尾くん(中3)。
    わずか半年のクライミング歴ですが、抜群のセンスと無限トライで怒濤の快進撃。登るわ登るわ、ついに49課題完登までポイントを伸ばしてきました。いやはや、大したもんです。


    安田あとり
    午前中までのんびり構えていたAtorixも、若尾くんの来店から急に尻に火がついて、こちらも怒濤のトライ。おかげで、集中力が高まっていい登り連発でした。


    若尾龍経 シマコン
    シマコン名物「へんてこマントル」。
    やってる本人は必至なんですが、下で見上げる人たちはどこかニヤニヤ。


    シマコン
    N澤さんは、残り時間3分というタイミングで見事完登! 


    シマコン
    ギャラリーも湧きに湧きました。いや〜感動。


    てなわけで、ここで時間がきてしまいました。
    みんながんばりました。
    果たして、今年のシマコンの勝利は誰の手に渡ったんでしょうか??

    これから集計作業に入りますので、リザルト発表までしばらく待ってくださいね。

    中盤戦

    シマコンも中盤戦にさしかかりました。
    081014_shimacom01.jpg
    みんな登れる課題はひとまず登ってしまって、いよいよ全力投球に入ってます。他の選手の成績も気になる頃です。ムーヴを教え合いつつも、腹の探り合いをしているのでしょう。
    081014_shimacom02.jpg
    おや、何やらクールに戦いを見つめている人がいますね。

    081014_shimacom03.jpg
    それはもちろん、プロデューサーの島さんです。厳しい表情で自分の仕事をチェックしています。みんなが足が上がらずに、「キーッ」とか言えば、納得のいく仕事ということでしょう。

    シマコン初日

    081011_shimacom2.jpg

    初日から盛況です!!
    今日は土曜ということもあって、開店から閉店までたくさんの人にご参加いただきました。
    といっても、どっと混みあう事もなく、そこかしこから笑い声と声援が飛び交う賑やかな初日でした。

    課題は4つのファイルに点数昇順で分けて綴じられいるので、お好みの課題をみつけてトライ。
    登れたら、受付横に張り出された得点表の該当欄に○を書き込んでください。

    ムーブの教え合いOK。リハーサルやホールドのチェックも自由。
    実ににお気楽なルールです。


    081011_shimacom1.jpg
    島ユージさんもデモ披露のため来てましたが参加者がハマる度、実に楽しそうに高笑いしてました(←やな奴)

    しかし、戦いはまだ始まったばかり。
    このセッターに一泡吹かせるべく、皆さんの奮闘に期待してます!!


    シマコンは10月18日(土)まで開催中です。

    ページ上部へ
    次へ
    • シューズのリペアサービス
    • ピラニア ネットストア
    • クライミングアイテム 中高買取サービス
    前へ