ホーム>旧ピラブログ>自然の岩

自然の岩

モラトリアム

山梨クライマーズクラブの仲間と一緒に、伊豆城ヶ崎海岸に行ってきました。
でも、クライミングではありませんよ。何しに行ったかというと...
YOGA
YOGAです(ウソ)


城ヶ崎で登るのは12年ぶりでしたが、美しい岩のみならず、ワイルドで豊かな自然(と海の幸)に感動して、一発で好きになりました。ええところじゃ。ボルダーも沢山あるようなので、ぜひまた足を運びたいところですね。

100220_crack1.jpg
↑今日、クラックを初めてリードしたK実さん。


さて、モラトリアムもこれで終了。
いよいよ今夜8:00からホールド替え作業のスタートですゼ。ブルブル(←武者ぶるい)

良い課題が沢山できるように頑張ります。

ボランティアスタッフは、現在も絶好調募集中で〜す。

昇仙峡

ラジオのお仕事で昇仙峡に行ってきました。

渓谷は春真っ盛り。
桜にツツジが咲き乱れ、河原の湿地に群生したゼンマイは、綿を飛ばして一斉に葉を開いていました。

090410_suberidai.jpg

で、登ったのは滑り台のような美しいスラブ。
傾斜45℃。
簡単そうに見えるでしょ?
「こんなの、ノーハンドで登れるだろ」って?

ノンノン。

鏡のように磨かれたスラブで、面白いように滑るんですよ。
ま、でも安全だし、スラブ未経験者にはもってこいの岩です。
見つけた人はお試しあれ。

まぁ、こうやって実際登りながら色んな話を収録ました。

090410_shosenkyo
白色に輝く花崗岩のドーム。
たぶんB612エリアと呼ばれる岩じゃないかな。
にしても、ここのスラブは美しいです。

090410_matutakeishi.jpg
河原の岩もステキ。
遊歩道を散歩していても、次はどんな岩がでてくるか楽しみになります。

おっと、今回のボルダリングの収録は、観光協会や河川事務所など関係機関の許可を得て行ないました。古くから登られているエリアではありますが、山梨を代表する景勝地ということを踏まえたうえで、十分な配慮をもってクライミングを楽しんでくださいね。


今日収録したものの放送は4月中の水曜日。
朝の番組SUPER TODAY FUJIの「行ってみよう!やってみよう!」のコーナーで放送されているようです。(まだ聞いていない)

ぜひ、チェキラーってやつですよ。

営業再開

瑞牆の様子を見にいきました。
090311_mizugaki01.jpg
もうすっかり営業を再開しています。
090311_mizugaki02.jpg
一部、北面などに雪も残ってますが、だいたいの課題は登れそうです。ルートはまだちょっと無理っぽい感じです。
090311_mizugaki03.jpg
ゲートが閉まってるので、ゲート手前に駐車して10分ほど歩く感じです。ゲートを塞ぐように駐車しないように気をつけて下さいね。

謹慎仮出所

個人的な事情により謹慎中の身なんですが、岩に触れない日々に、心の不健康がカラダまでむしばんできたので、近所の河原に登りに行ってみました。

090116_snow.jpg
ところが、こんな感じでした...。
う〜〜(鬱


でも意地で登りましたよ。
090116_rayback.jpg
こんな雪まみれの岩でも登ってみると、これがめちゃ楽しい。
キリキリとした胃の痛みも和らぎ、この日はぐっすり眠りました。
一緒に登ってくれた仲間に感謝。

それにしても、お外に行きたいです。
謹慎が解けたら登りまくるぞ〜

温暖化が動物の生態系に及ぼす影響について

瑞牆の様子を見に行きましたので、ご報告いたします。みなさん「今週末は登れるのか?」と気になるところでしょう。
081218_mizugaki01.jpg
ご覧の通りの状態です。小川山は見に行きませんでしたが、まあ想像できます。奇跡を信じるという方法もありますが・・・。
081218_mizugaki02.jpg
どうも、年々積雪が早まっているような気がします。今年は10月はちっとも良い状態じゃなかったので、実質的なシーズンはわずか一ヶ月半しかなかったような気がします。

ところで、駐車場に前から貼ってあるこの看板。とても気になることがあります。
081218_mizugaki03.jpg
右のクマの写真(イラスト?)は、どう見てもヒグマ。いつの間に瑞牆にはヒグマが生息するようになったのでしょうか?これも温暖化の影響?

凍結注意

けっこう雨が降ったので、気になって午前中に瑞牆の様子を見に行ってみました。
081126_mizugaki01.jpg
北面や末端壁などは雪がうっすらかぶってますが、南面のボルダーは問題なさそうです。ただ、路面は凍結しています。私が行ったときは通行止めになっていたので、仕方なく歩いていって、作業中のおじさんに聞いたら、車がスリップして横転し、それを運ぶレッカーのために塩カルを撒いているそうです。
ということで、ボルダーは問題なさそうですが、車はスタッドレスじゃないと厳しそうです。後は明日の雨がどうなるかなあ・・・。

不動沢

久々に不動沢でナチュプロのルートを開拓しました。
080821_fudo01.jpg
といっても、この時期ですから、昨年発表したようなハードなものではなく、5.11c/dくらいです。特別危険な訳ではありませんが、最後はかなりランナウトしてマントルだし、プロテクションはエイリアンの黒や青ですから、まあ、普通に言ったらちょっとやばいルートかな。
080821_fudo02.jpg
昨年のようなハードなのもいいですが、あんなのばかりやっていると、肉体よりも先に精神が参っちゃいそうなので、これぐらいのだと手頃で楽しく登れます。まあ、お勧めもできるでしょう。

他にもラインがあるので、またまとまって発表できるといいなあ、と思ってます。
時代はやはりナチュプロですね。

こっちも融けてません

最近、とても暖かくなってきて、春はもうすぐそこです。
それにともなって、お客さんから「もう瑞牆は登れますか?」という質問をよく受けます。気になりますよね?待ち遠しい人は沢山いるでしょう。なんで皆さんのために偵察に行ってきました。

とか言って一番待ち遠しいのは僕なんですが・・・。
080314_mizugaki01.jpg
結果は雪だらけでした。ごく一部には登れるところもあるのですが、まあ、9割以上は登れません。まだまだ雪は深いです。

080314_mizugaki02.jpg
とりあえず駐車場まで行こうとしたのですが、道が凍っていて辿り着けませんでした。この前のように歩いていこうかと思ったのですが、ちょっと雪が深そうなのでやめました。あと、半月は無理っぽいです。

以上、瑞牆の報告でした。

疲労回復ボルダリング

気がついたらもう3月です。
今日はジムの仲間達とボルダリングに出かけました。
えにし
一日中雪がちらつく日でしたが、残雪のなか繰り広げるみんなのトライは熱かった。
そして完登劇にプチ感動。
動画も撮っていたみたいなんで、そのうちYouTubeにアップされるかも。

疲労で体調不良だった僕も、みんなの熱い登りを目の当たりにしているとなんだか元気になってきて、登っているのに疲れが抜ける感覚でした。

岩と仲間に癒された一日。
仲間の存在はありがたいものですね。

融けてません

昼間はだいぶ暖かくなってきたので、白州を見に行ってみました。
080228_hakusyu01.jpg
が、しかし、すげー雪です!
林道は2駆の車ではスタッドレスでも無理だったので、トボトボ歩いていきました。
080228_hakusyu02.jpg
なんかもう、全然融けてない感じです。気温はそんな低くないのに、なぜでしょう?
雪降ししておけば登れるかも知れませんが、落ちると雪まみれです。

あと、半月は登れそうもないなあ、トホホ。

ページ上部へ
次へ
  • シューズのリペアサービス
  • ピラニア ネットストア
  • クライミングアイテム 中高買取サービス
前へ