ホーム>旧ピラブログ>スクールだより

スクールだより

Don't give up!

石和店スカルパモジトカップ終了!
参加された皆さんオイシい賞品、当たりましたか?

コンペって聞くとまだまだ気の引ける吉田店メンバー、木曜ボルゼミで脱皮中〜。

テーマはマントル、ていうか、一番盛り上がったからそういうことに。
手も足もいいホールドなんだけど、残された左足がリップ下のルーフに入り込んで
なかなか返しきれない課題。
マントル1マントル2
しかし、みんな上手にマントルできるようになったねぇ。
ちゃんと足に乗り込んでハンドホールドに手に足っと…。

おやっ。いつも足上げで苦労されてるKさん。
マントルは返したものの、かえしきれずに何度かハガレそうに…ww。
手に足はほぼ無理と確信したのか、ここで手に膝。
エイハブ船長でこれを使ったクライマーも多いはず。
膝マントル
体制をととのえてなんとか返しきる!

誰もがフォールを予想したところの完登。
コンペでもないのに今夜一番の見せ場に大盛り上がり!
good job!
みんなの good job! を見るために次回も良い課題、つくりましょ。

明日19日のボルゼミは " 黄 " です。
応援してくれる仲間のなかでスキルアップしよう!

石和店 金曜ボルゼミ

ピラブログの記事になっているボルゼミは富士吉田店ばかりですが、実は石和店のゼミも充実してるんですよ。

昨日の講師は久々に遠藤が担当。
レベルは黄色(初級)、テーマはガストンでした。

今回も和気あいあいと、それでいて真剣なトライが展開されました。
120706_boulZemi1.jpg
石和店ゼミは女子率が高いのが特徴。
おそらく講師がイケてるうえに、優しいのが理由だと思われますが、みなさん恥ずかしがってそうは言ってくれません。

講習会に参加するときは、羞恥心を捨ててくださいね。(←意味違)



さて、石和店のボルゼミは毎週金曜日の20:00〜21:00に開催。
対象レベルは奇数週が黄色(初級)、偶数週が青色(初中級)です。

その日の参加者に合わせたテーマ、指導もアドリブを交えてしますので、はじめて間もない方もぜひご参加いただきたいと思います。

ただ、中上級者の参加は遠慮いただいていますので悪しからず。


ということで、金曜夜は呑みには行かずピラニアに直行下さい!
(もしくは、登ってから呑んでください。)

どっち?

当然、タワー祭りでしょ。

「え〜っ!」

ってことは皆苦手なのか。シメシメ(笑)
イジメ…いや、親心から役立つ課題を今夜も出しましょう。
近頃増えてきた初めて間もない方にとっては、なにを登っても役立つんだけどね。

吉田店ボルゼミ今夜は " 黄 " ですが…、
これは足で使うホールドじゃないんですか?<br />
おや? 手で隠れるくらい小さなホールドを持たされてますね。
くくっ、親心ですよ。

「てっきり足で使うものと…。」
固定観念はナシですぞ。

乗り込み足はどれ?
手がワルくても足が良くて乗ってさえいれば登れるんだな。

手が正解返した!
次のホールド、手? 足? 「どっちやねん?」
その次の足、右足? 左足?「どっちで踏み切ったらええのん!!」

頭の整理もつかぬまま、ドロ試合ゼミに…。

抜け道
左回りか右回りか、「どっちかなぁ?」
ちなみに、その手のホールド、持てるけど足で使うらしい…。
抜け道のないセットを心がけています(笑)

来週15日の吉田店ボルゼミは " 青 " 。
ヤサとでるかムズとでるか、さぁ「どっち?」

とは限りません

つまりこういうこと。
ゴール
コンペではよくある終了点の一つですな。
中には終了点ホールドが無し、壁をマッチしてゴールってのも…。

今夜の吉田店ボルゼミ " 青 " は乗り込みとバランス。
ホールド替えも中盤戦、新しい課題がセットされたウェーブとスラブで
おおいに盛り上がってもらいましょ。

ジブに乗り込む
ハリボテの底辺に付けたジブスに乗り込み、立ち上がってジブスゴールをピンチっ。

足が信じきれない
そこへたどり着くところもちょっとビビリがはいります。

思わず笑う思わず笑う2
で、立ち上がろうとするとこれがなかなか自分の足を信用できないんだなぁ。
右往左往してるうちに、思わず笑みがこぼれますな。
登れないときは悔しがるとは限らないんだね。

来たっ!
重心がきちんと収まってくると、あら不思議。
終了点へ手が伸びてきましたよ。
マッチまで気を抜かないで…。

出来たね
はい、出来ました!

足運びや重心移動、精度が上がれば出来てしまう課題も多いはず。
ホールド替えにともなう新しい課題はそんなところにも着目してますので
ドンドン登っちゃってくださいね。

来週7月5日(木)の吉田店ボルゼミは " 黄 " です。
タワーのホールド替えも進みますので、どんなゼミになりますか、お楽しみに。

初めてなんです

吉田店の木曜日、楽しみにしてくれてるようでナニより。

先週の青ゼミと同じように、せっかくホールド替えしたのでケイブを…。
でも黄色(8級)クライマーに体幹をバリバリに張らせるのはどうかと…。
しかっし!!そういった躊躇や遠慮を払おうと今週も黄色ケイブ祭り開催!
(なんだ、結局やるんじゃん)

黄ケイブ

体幹を張らせる分、持てるホールドに。
足運びや重心をどこに収めるかがポイント。
ただでも少ないムーヴの引出し、カラダが水平になってもテンパらないで
冷静にいられるかなぁ?

オブザベと扇風機

6月というのに夏日と同じ気温、これにも負けちゃいられません。

今日初めてクライミングを体験したお客様も交えてのゼミ。
きついかなぁと思いつつも…。

安定した体幹張る

オンサイトしちゃったりして〜!!

初めてでもできた

で、この笑顔。
クライミングって楽しいでしょ〜。
また登りましょう!

来週28日(木)の吉田店ボルゼミは青(6級)。
24日(日)〜26日(火)の第2弾ホールド替えは「スラブ&薄かぶり」。
次回の青ゼミはたぶん、スラブ祭り開催という声がチラホラ…。
ククッ。お楽しみに(笑)

24日(日)の閉店後20時からホールド替え作業開始です。
皆でワイワイ、楽しいよ〜。

吉田店ケイブ祭り

ホールド替え直後なので当然ですな。

今夜の吉田ボルゼミ " 青 " はすべてケイブエリア課題。
なにかと上級者が入り浸るこのエリア、もっとたくさん登って欲しいですね。


ルーフを抜けてからの引きつけはなかなか苦しいぞぉ。
ルーフ抜けて引きつけ


どっかぶりのランジ、いい軌道を描くとねらい通りに。

足ブラ飛ぶ

これを機に、臆することなくドンドンこのエリアを登って体幹を強くしましょう。

ルーフ

かくいう店長、ルーフの赤緑、1撃できず(凹み)。
僕も課題を作りながらドンドン登るぞ!

来週21日の吉田ボルゼミは " 黄 " です。ビギナーさんいらっしゃい!

それと、ホールド替え第2弾、オレンジスラブとイエローウェーブは6月24日(日)からです。
登り残しないようにね。

納得

なにやらしかめっ面の吉田ボルゼミ。
今夜は " 黄 " (8級)が登れるようになりたい人がメインなんですが、ベテランがチラホラ?

やれば出来るんだけど、ホールドが覚えられない人、多発!
で、みんなこの顔つき。

ボルゼミ

見切り発車で不安いっぱい、どうするか考えながらだと、途中でパンプ。

よく見て

やはり、オブザベーションは大切。
なかなか読み切れませんね。

どこ?

ベテランも登れてしまいますが、もっといいムーヴがあるんじゃないかと納得いかない様子。
ムーヴを読み切るにはたくさんの経験が必要、クライミングをはじめて間もない人程、
登る量を増やして欲しいですね。
設定ムーヴを知るとなるほどって感じなんですが…。

登れた!

来週14日(木)の吉田ボルゼミは " 青 " (6級)です。
ホールド替え後のルーフもボルゼミで使いますよ。

アイシング

それと、近頃は腕や手指の故障を訴える人もチラホラ(かく言う店長も)。
登るばかりではなく、ちゃんとケアしてあげましょう(ごもっとも)。

常に良いコンディションで登れる。こんないいことはありませんよ。

Friend's

吉田店も1年と1ヶ月を過ぎました。
はじめは見ず知らずだったみんなも、クライミングを通して徐々にお友達になっているようです。

ボルゼミ仲間

今は付けている名札がいつかいらなくなるんだろうなぁ。


さて、今宵の吉田店ボルゼミは " 青 " 、少しずつワルいホールドをさわりながら、
フックが使えるようになって欲しい課題。
フックを掛けるってことは、次のハンドホールドを取りにいく時に重心が残ったまま先に進むってこと。
この不安定さが信用できなくて手がでないこともしばしば。
慣れていないので、掛けることさえままならない時も…。
足を手のように使えるフックは常套手段。ぜひマスターして下さいね。


で、今日の頑張りは…。

届いたはいいけどフックを掛けにいけないぃ〜。
キャッチもう少し
              あと少しぃぃ!


よ〜く狙ってー。
狙う届くか
                  フックを信じきれないww!


結局、完登はほぼなく、みんな宿題になったね。
それだけ、フックやワルいホールドを使っていないってこと。
遠慮せず?どんどん使いましょ。

笑い

来週7日(木)の吉田店ボルゼミは " 黄 " です。
この春、クライミングを始めたばかりっていうアナタにばっちりの課題を用意しますよ。
最初は見知らぬ人たちもセッションを繰り返すうちに大切な仲間になっていきます。
ご参加お待ちしてますよ。

言うは易し

瑞牆山に行くとスケールの大きさに感動しながらもビビリますな。
あの高さで8級か…。
そう言って尻込みしてしまう人も多々いるとか。
でも海外では当たり前の大きさ。
ここはひとつ対応策な課題を出してみますか。

バランス

ってことで、今夜のボルゼミ" 黄 " は登れるんだけどシビアな課題。
しっかりと足のホールドに乗ってバランスを保てば、手のホールドが無くても、或いは
わるいホールドも保持していられるんですな。

そぉ~っと重心移動してジワ~っと乗り込む!

グッジョブ!

ほほぉ、みんな登れるじゃぁないか。
あとは瑞牆のハイボルダーで同じことをすればいいのだよ…。

言うは易し、やるは如し。

一方、こちらは、言うも易し、値も安し。

オフプライス

現品限り、あしからず。

来週の吉田店ボルゼミは " 青 " 、どんな課題にしようか、いまから楽しみですなぁ。

ノッてる〜?

岩場から帰ってくると足に厳しくなっちゃうね。
という訳で、今夜のボルゼミ " 青 " は「高め、悪め、乗り込め!」がテーマ。

お題は乗り込み

早速、苦しい表情に…。

シマい(←石和店用語)フットに足がなかなか上がりませんな。
フトコロをつくるのは女子の方が得意。
乗り込みは男子が上手だな。

乗り込み1乗り込み2
乗り込み4乗り込み3

乗り切れずに足がスッポ抜け続出。
怖くて乗れない!  
いや、乗らないからスッポ抜けるのだよ。ア◯ロ君。
大佐がそう言ったか定かではないが…。

ノッてる〜?

5月17日(木)のボルゼミは久々の " 赤 " 。
果敢にチャレンジしてくれたまえ。

ページ上部へ
次へ
  • シューズのリペアサービス
  • ピラニア ネットストア
  • クライミングアイテム 中高買取サービス
前へ