ホーム>旧ピラブログ>オフ

オフ

JCGA クライミングインストラクター資格

JCGA 日本クライミングジム連盟のインストラクター資格模擬検定に行ってきました。 
130624_JCGM-kentei.jpg
入り口の看板でお気づきの方もおられると思いますが、ピラニアは今年4月からクライミングジム連盟(以下JCGA)に加盟させてもらっています。

JCGAはどんな組織でどんな活動をしているのかはwebサイトを見ていただくとして、今日はジムのインストラクター資格を作っていく為の活動でした。

スポーツクライミングに関する指導資格としては、日本体育協会公認指導員がありますが、これはどちらかというとジムスタッフのインストラクションを想定したものではなく、スポーツの指導者としての一般教養とアルパインクライミングを含めたフリークライミング全般のスキルを資格化したもので、クライミング能力や指導者としてのコミュニケーション能力については、それほどシビアなものが問われない資格だという印象があります。

たぶん、5.10+が登れたら取得可能かと思いますね。
130624_JCGM.jpg

それとは別に、クライミングジムのインストラクターに求められるものはちょっと異なります。

まず、指導の対象となるお客さんの人数がハンパない。かつ、そのレベルも幅広い。
そして何よりジムでの指導に求められるのは、解りやすさとスピードです。

これはどういうことかというと、指導内容をその場ですぐ理解してもらわないと、その日のジム利用が成立しないことにあります。

まったく初めての方がジムで遊べる時間は、体力的に限られます。
そのなかで安全性やルールだけではなく、楽しさを感じてもらうには、どんどん飲み込んでもらう工夫とコミュニケーション能力が必要になります。


安全を含め重要なことを省くことなく、それでいてコンパクトに要約して説明する。
解りやすい言葉やフレーズ、手法を考えて、伝わりやすくする。
そして、お手本を交えて教えたり、そのお客さんに合わせた課題を瞬時にセットする。

こうしたことが普通にできてこそ、お客さんのジムでの時間が充実したものなります。
ですので、ジムでのインストラクター資格は、登る能力とセット能力、そしてコミュニケーション能力がより必要なものになると思います。


話を戻します。 今のところ、全国のジムの指導者は自称インストラクターなわけですが、これを標準化するのが資格制定の目的です。

そんなことが何の役にたつのか?という人もいますが、業界として指導のクオリティを高めることは当然のことであり、とても大事なことだと思います。

クライミングジムがもの凄いペースで増えているにも関わらず、指導のクオリティはジムによってまちまち。さらにそれがお客さんからは見えづらく、選択しにくい状況は良い状況とは言えません。

JCGAが認めるインストラクターがいるジムなら、安心してビギナーが行ける。薦められる。そうなれば利用者の利益にもつながり、クライミング社会の健全性にもつながる、三方良しということになります。
130624_JCGM-terashima.jpg
ちなみに、今日の模擬検定はTウォール錦糸町店で行なわれました。
この方が社長の寺島由彦さん。

日本のクライミングレジェンドのひとりです。

たぶん知らない人がいると思うんですが、僕がクライミングをはじめた頃、雑誌「岩と雪」でメチャメチャハードなクライミングをされていたクライマーで、本当に憧れの存在でした。

模擬検定では僕がインストラクターで、寺島さんがビギナーさんに扮するという時間もあり、はっきり言ってチョー緊張して頭が真っ白になりました(苦笑)

そして、寺島さんの指導は実に丁寧で解りやすく、関心を通り越して感動しました。


あれと比べたら、僕なんかインストラクター気取りのおっちゃんですわ。

まぁ、とにかく非常に勉強になった有意義な一日でした。

ボルダリング! ボルダリング!!

(や)の大晦日は今年もボルダリングでした。
というか、ボルダリングと決めています。
111231_yamamori.jpg
今日も新しいラインを登って興奮できました。


さて、2011年という年は、自分のライフスタイルや思想に至るまで、凄まじいインパクトを受けた1年でした。
変わるべきことが明らかになると同時に、変わってはいけないこともあぶり出されたように思います。

それらを具現することこそ、自分の使命です。


クライミングは出会った瞬間に、その人の人生を大きく変化させるほどのインパクトを持っています。
実際自分の最初の瞬間もそうでした。

今年はっきり解った私の使命のひとつは、より多くの人にクライミングを伝えることではなく、より深いインパクトを与え、その人がクライミングによって人生が豊かになることを感じてもらう、ということです。

こう書くと抽象的ですが、自分の中で目指すべき方向は見えています。そして確信があります。

まずは自分が、より活動的で情熱にたぎっていなければなりません。
「自分は、かくありたい」の実現に本腰を入れる2012年にしたいと思っています。

最後になりましたが、今年は富士吉田店のオープンなどもあって沢山の人と出会い、またそれぞれから多大なお力をいただきました。本当にありがとうございます。

いただきもので生きてきた人生ですが、いつか与えることのできる人になれるよう精進したいと思います。

2012年もピラニアをよろしくお願いいたします。

八ヶ岳

先日、赤岳に行ってきました。
110916_yatsu.JPG


110916_yatsu1.JPG


110916_yatsu2.JPG


これから紅葉が楽しめる季節になります。
山へのお誘いお待ちしています! /^^\




Mさんから自家栽培のゴーヤいただきました。
110916_goya.JPG
ぷりぷりでうまそ。

掘り出し

梅雨入りしましたが昨日から雨が降らなかったので、朝ボルですな。

朝ボル仲間

幻の滝

この時期(雪解け)、富士山に出現する『幻の滝』を見に行ってきました。


出発。
幻の滝

とある休日。

河口湖町にある十二ヶ岳(山梨百名山)でクライミング。

十二ヶ岳.JPG

十二ヶ岳
アプローチが駐車場から25分ということもあり、頻繁に通いたい所です。


そして、昨日の休日は

朝ボル健康法

出勤前の時間を利用して岩を登る、いわゆる朝ボルが僕の健康法。

かつては朝ボルだけで年間60〜70日以上行ってたんだけど、年々減って今年はまだ数回。それも4ヶ月ぶり... これじぁ病みますわな。


この日は寝起きから、凄まじい眠さと倦怠感を背負っての朝ボルだったんですが、あくびをしながらトラバースしだすと一気に頭は冴えて、身体も軽くなる。

やっぱりボルダリングって、何かがブチュっと出て覚醒してるんでしょうね。
110527_kenko.jpg
あたりはすっかり濃い緑に囲まれて、地面では昆虫達のカンブリア(蚊も...)

ここへ来てようやく少しずつ自由な時間ができてきたと思ったら、梅雨入りしちゃったけど、間隙をぬって朝ボル行こ♪

干す

しばらくぶりに岩場に行きましたよ。

昨日の雨で下地はシメシメ、

岩に乗ってる腐葉土&苔を掃除するもやはりシメシメ…。

乾いてるホールドだけを使おう。

登り終えてみるとマットがシメ…。

で、

マットを干す

干してます。

ん、また行こう。

Who is he?

今日、個人的に用事があって山梨市役所に行ったのですが、窓口に掲示されたポスターを何気なくみていると。


!

ん?

んんん???

110421_poster1.jpg


最下段の真ん中に注目してください。

これって、まさか、あのピラメイトの!

フラビオ・クレスピじゃん!!(違)


ポスターを作っているのは総務省のようです。
果たして本人なのか、他人のそら似なのか、謎は深まるばかりです。

2011 正月

あけましておめでとうございます。

2011がスタートしました。
今年もクライミングジム・ピラニア、およびピラニア・ネットストアをどうぞよろしくお願いします。

さて、今年のお正月はピラニアのお客さんである仲間達とボルダリングをして過ごしました。
大晦日の雪が残った谷底は冷蔵庫の中のような陽気でしたが、みんな元気すぎて全く寒くなかったですね。

110103_yone-1.jpg
垂壁のど真ん中が弱点という気持ちいい課題(2Q)
最後に待ち受けるデリケートなムーブが、これまたドキドキを助長するんです。
110103_yone.jpg
この春進学で遠くへ行ってしまう高校生ヨネくんも頑張って完登!


110103_ariga.jpg
河原のつるつるのスラブは、花崗岩のそれとはまた違った難しさがあります。


110103_shima.jpg
これまたスラブ課題で盛り上がった後は、

110103_session-bu-1.jpg
かぶったダイナミックな課題でセッション → 完登なし(苦笑)


110103_takuma-2.jpg
これは2006年に小山田大さんによって登られた課題(三段らしい)
実は初めてトライしたんですが、面白い! でも、ムーブはバラせず...
次は指皮MAXで挑むぞ。


110103_minna.jpg
今日集まったピラメイトの面々。
いつになく賑やかな1年のスタートとなりました♪




さて、今年も皆様に愛されるジムを目指して、スタッフ一同頑張りたいと思います。

新年の営業は明日4日から。
登り初めはピラニアで。ご来店お待ちしております。

ページ上部へ
次へ
  • シューズのリペアサービス
  • ピラニア ネットストア
  • クライミングアイテム 中高買取サービス
前へ