ホーム>旧ピラブログ>チームピラニア

チームピラニア

祝アジアユース入賞

山口県セミナーパークで10月31日〜11月1日の日程で行われていたアジアユース選手権において、ピラニアのエース、Atorixこと安田あとりが女子ユースカテゴリで3位に入賞しました。

安田あとり


昨日は銅メダルを見せにきてくれましたが、その重みにこれまでの軌跡も思い出されて、とても嬉しかったです。
国内の公式大会では何度か入賞してきましたが、国際大会で表彰台に乗るのは初めてかな。メダルはぜひ僕にというので、しかたなく譲り受けました(ウソ)


最近ブログをはじめたようなので、その模様もみてやってください。
Atorixのぽわぽわ♪らいふ


この入賞の影には自身のがんばりと家族の支え他にも、彼女を応援してくれる方々の存在もありました。「スポンサー」と呼んでいいものなのか僕にはわかりませんが、ひとまずここで紹介させていただきます。また、彼女のホームジムとして、今後もご支援をお願い申し上げます。



さて、次は11月8日の関東大会、それからボルダリング・ジャパンカップにむけて、トレーニングするみたいですね。

僕は今どきの若いもんに技術的なことを教えられるほど上手ではないのですが、幸いピラニアには県内外の色んな方が出入りしていますし、佐藤ユースケ氏や、うちの五段のような優れたクライマーとも話ができる。業界とも接点があるわけで、これらのネットワークを紹介してあげることによって、少しでも友達や知り合いが増えて、みんなからかわいがられるクライマーに育ってくれればいいなと思っています。

最近、山梨でも頑張って登っている小中学生も少しずつ増えてきてコンペでもよく会うわけですが、広い視野とでっかい夢をもって真剣に取り組んでもらいたいものです。

JPN

ついに、日の丸背負っちゃっいましたか。
安田あとり

シドニー、行ってらっさ〜

ただいま修行中

ちょっと遅くなってしまいましたが、朝日新聞の記事atorixが紹介されました。

今までどこかピントのずれた記事もあった中で、今回はいい記事にしていただいたと思います。
(そもそも記者さんが話を良く聞いてくださいました。)
彼女のがんばり、声も伝わってきますね。

atorix.jpg
文中、父より上手くなったという箇所がありますが、なかなかどうしてパパのkenさんも素晴らしい上達ぶりだと思います。先日は小川山で初段を完登されて、着実に実力をつけてますね。
お客さんはみんな上達が早いなぁ。
この間なんか、初の初段をなんとフラッシュで手中にしたKくんが嬉しそうにしてました。
3年かかって3級が登れた(や)とは、全く異次元のスピードです。


さらに閑話休題ながら、そもそも、クライミングの記事はマスには難しい題材と思った次第。
そこをどうやってマスコミが噛み砕いて、マスに飲み込みやすくするか?
いつも記者はそこに苦労されて、それ以上の本質はマスには理解されない事として省略されてしまうのかもしれませんね。
ま、仕方ないのかな?

あ、でも日曜版とかちょっとマニアックな買物系、文学系、医学系(+人生相談系)の記事見かけるなぁ。
クライミングの記事もあそこに...
いや、それも変な誤解を生みそうでまずいか。

ジャパンカップツアー

ジャパンカップ岡山ツアーから帰ってきました。
結果はこんな感じ。

(や)は訳が分からないうちに終わっていたというか、とにかく情けないクライミングだったんで正直凹みました。
でも、これが今の自分の実力。結果を真正面にうけとめてコツコツ鍛えて行くしかないですね。

2006ジャパンカップ湯原
会場はとっても立派なんだけど、観客席はガラガラ...。
クライミングコンペの運営にも興行的な発想と工夫、特に欧米のそれに学ぶべき所はあるんじゃないかな?なんて思ったのでした。

湯原温泉街
会場は真庭市の湯原温泉郷のすぐそばだったんで、宿も温泉旅館にとりました。
クライミングトリップはいつも安くあげる事だけを至上命題にしがちでしたが、民宿に泊まるだけでも土地の文化に触れられて良いものですね。砂湯(脱衣所が無い混浴露天風呂)はちょっと恥ずかしかったですが、まぁそれも文化ということで。

で、せっかく岡山に来たんだからということで、備中の岩場でクライミング。
1ルンゼ
岩の染み出しは全くなかったんだけど、汗でハーネスまでズクズクになるほど暑かった...。
気候のいい時期にまた行きたいなぁ。

さらに600kmのロングドライブの休憩がてら、(や)の実家からわずか10分の距離にあるボルダーでリフレッシュ。
山森ボルダー
通称山森ボルダーと呼ばれるこのボルダー群は7年程前(や)がハイキング中に偶然見つけたものなんですが、実際の開拓は滋賀の猛者奥村晃史さんをはじめとするローカルで行われたようで、この辺では珍しい強傾斜ということもあってかなり登られているようでした。

この日訪れた時もチョーク跡は新しく、下地も巨石が取り払われ素晴らしく整備されていました。
アプローチ途中のケルンの先にも新しいボルダー群が開拓されてたりして、なんだかとてもありがたく登らせていただきました。

岩質は湖東流紋岩かな?花崗岩質だけどがっちり掛かるホールドがあってムーブもスゴく面白い。
ワタルは中央のライン(初段?)をさっくりと方付けてました。

縄重ミク
ミクミクも力入ってます。

あー、なんか長くなっちゃったな。
コンペでは結局チームメイトの登りを見ることができなかった事もあって自分の反省ばかりが残ったんですが、文化、食、人そして岩と、ツアーとしてはとても楽しい旅でした。

It's time

今日からリード・ジャパンカップのため、4日間岡山に行ってきます。
今、そのためり荷造り中なんですが、時間は刻々と過ぎてちょっと睡眠時間がヤバい感じ...。

1_time.jpg

出場はJOCにも出たした3人と(や)。
(や)は監督のつもりだったんですが、「どうせ岡山まで行くんなら」ということでエントリー。
古田よろしく監督選手権で気楽にやるつもりだったんですが、3日前に届いた要項を見てびっくり!!

なんと、男子選手は女子準決勝を一切観戦できない!
しかも、男子のオーダーをみるとなぜだか(や)はワタルより後の出番。つまり、チーム4名の中で最後にスタートすることになってしまいました。

ということは、チームの誰ひとりとして応援できず、反対にチームの応援を受けて登るということだよね。
が、俄然緊張してきたであ・り・ま・す。

こうなったらチームより、自分の事が大事になってきました(本音)
同じ落ちるにしても、強気に攻めて落ちられるよう、がんばってきます!

JOC

富山から帰ってきました。
3日間、あっという間でした。


女子準決勝のミクミク。腕にしっかり力入ってますね。
意外にもトランプはけっこう強かったりしました。


Atrix
オブザベ中のAtrix。
トランプではカモでした(笑)


薬袋ワタル
男子準決勝のワタル。
なかなかの強心臓ぶりを発揮して、激戦区のYBで5位。


山森政之
頭を剃って他県選手を威嚇してみたりして。


海王丸
思い出もね。


結果はこんな感じです。
男子
女子
アンダーユースB 男女

(や)的独り言

  • 今年はついにアンダーユースBより下のカテゴリーが急遽設定されましたが、競技方法がトップロープでは参加資格年齢に下限を設けないとどこまでも膨らんでしまう懸念があります。子供用ハーネスのリード対応などの問題があれど、付け焼き刃的な救済策はやや疑問です。
  • アンダーユースBのルートは、選手が力を出し切れるルートではなかったというのが率直な感想。ほぼ同高度が6名中5名も出たうえ、タッチした位置の差で決着がつくというのは、ちょっとお粗末だと思うんですが...。
  • 他、各県組織的な選手育成がより進んでいる印象をもちました。みんな色んな環境で一生懸命登っているんだな、と。


結果はともあれ、遠征で得た物はいろいろありました。
モチベーションもあがりまくり(のはず)です。

 
尚、山梨代表選手が力を出せるよう準備段階からサポートいただき、現地にも引率くださった県山岳連盟の秋山先生にこの場をかりて御礼申し上げます。

いざJOC@富山

8月12日〜14日まで、JOC(ジュニアオリンピック)大会に行ってきます。
今年の山梨代表は、おなじみチームピラニアの三人衆。(や) は一応監督です。

縄重未来
ミクミク (女子ユースA)

薬袋渉
"くすりぶくろ" ワタル (男子ユースB)

安田あとり
Atrix (女子アンダーユースB)


会場となる桜ヶ池クライミングセンターは、ロック・フェスティバルだってできそうなすばらしいステージです。


ファンメール、差し入れなど大歓迎。
ここで一句。
「差し入れは 迷わず渡せ 監督に」

もう一句。
「迷っても 必ず渡せ 監督に」

さらに一句。
「多ければ 多い程良い 差し入れは」

では、復唱。(←しつこい)

まぁいいや。
国内ユースコンペでは最もハイレベルな大会だけに、相手にとって不足なし。思いっきりぶつかりたいと思います。
尚、遠征の様子はモブログが使えるロッカールームの方でアップする予定ですので、こちらもご覧下さい。

そんなことでみなさん、応援よろしくおねがいします!

祝強化指定

安田あとり
キッズクラス1期生、Atrixこと安田あとりさん(11)が今年度の日本フリークライミング協会強化指定選手に選出されました!

ピラニアに通いだしてからの1年間で、ものすごい数のムーブをこなしてきた練習熱心な彼女ですからね、僕としても素直に嬉しいですね。

全国でも26名(女子13名)という狭き門の同指定枠。まぁ、待遇がどうとかよりも、名前を知ってもらう事でいろんな人と仲良くなれるチャンスが増えるはず。ぜひこの機会にたくさんお友達をつくってもらいたいと思います。もちろん、もっともっと上手くなって欲しいです。

みなさんも、Atrixを応援してあげてくださいね。
(Atrixはただいま修学旅行中につき、差し入れ、プレゼントは(や)の方で預かりますよ〜)

ページ上部へ
次へ
  • シューズのリペアサービス
  • ピラニア ネットストア
  • クライミングアイテム 中高買取サービス
前へ