ホーム>旧ピラブログ>in ピラニア

in ピラニア

My first shoe

カラッと晴れた晩秋の空気は、日差しがあっても冷たいものですが、シャッターを解放したピラニアは、温室効果でちょうどいい気温になります。
101127_komorebi.jpg

来週からいよいよ師走が始まります。

そういえば、10月と11月はシューズがよく売れました。
特にファーストシューズとして購入されるお客様が目立ちましたが、ではベテランのみなさんは、初めて買われた靴を覚えてるでしょうか?


(や)は、シューズを結構所持していて、10足はあります。
もちろんヨレヨレになったものは捨てますから、現役ラインナップでその数です。

しかし、ファーストシューズは捨てませんでした。
この一足に、あまりにも色んな想い出があって捨てられなかったんですね。

そんなで今は実家の部屋で余生を送っています。


で、そのシューズがこれ。
101127_vector.jpg
ボリエールのベクターです。
といっても、知ってる人はかなりのツウか、年寄りでしょう(笑)

これと言って特長のあるモデルではありませんが、シューズの性能をあれこれ言えるほど上手ではなかった僕は、一足でとにかくと登りまくりました。
自分でソールを張り替えながら、3年くらいは使っていたように思います。

クライミングを始めたころは、昇仙峡(花崗岩のスラブ帯)がホームでしたから、穴があくのも仕方なかったのです。

その後、僕はクライミングジムに足を踏み入れ、やっていることの違い(というか、岩の傾斜の違い)に衝撃を受け、ジムに通いまくることになります。

2足目、3足目と買い始めたのもこの頃だったと思います。

覚えているのは、モカシム → レーザー → VX → ロックソック → そして初代ミウラーとつながっていきます。


全て良く履きましたが、特に一足をあげるとすれば、ロックソックでしょうか。
あれは、実にユニークなシューズでした。


おっと、昔のシューズの話題は楽しいから、ついつい話し込んでしまいますね。
では、また今度にでも。

バカの種観察日記 葉枯れ

ここのところの冷え込みで、大きな葉は枯れ落ちてしまいました。
101118_baka-1.jpg

しかし、幹はしっかり生きているようです。
弱いのか、強いのかよくわからない植物です。

101118_baka-2.jpg
あんなに小さかったバカの実も、ゆっくりですが着実に大きくなって、トゲも固くなってきています。


数日前、近所の空き地で野生のバカの木を発見しました。
それはもうとっくに生育して、身は茶褐色に変色していました。
幹も枯れ、あとは誰かの衣服や毛にくっついて、遠く離れた場所に運ばれるのを待つだけの木です。

それと比べると、ピラニアのバカの成長は2ヶ月以上遅れているのではないかと思います。

人の手にかけることの罪というと大げさですが、野生のままなら、とうに立派な種子をつけて全うしているでしょう。

ちょっと申し訳ないことをしましたが、それなら、最後まで見届けようという気になっています。

頑張れ、ピラのバカ!!

バカの種観察日記 ついに実が

今日、ふとツボミらしき塊の横を見てみると...

ん?
101025_BakanoMi.jpg
これって、バカの実じゃね!?

ということは、ツボミだと思っていたものは花?

しかし、花と同時に実ができるのもなんだか変だし....

とりあえず、観察は続きます。

バカの種観察日記 ツボミ?

101022_BakanoHana.jpg
こ、これはもしかして、ツボミ??

諦めかけていたバカの木の成長ですが、涼しくなってきて復活の兆しアリですね。
引き続き観察を続けます!

バカの種観察日記 その後

バカの種から芽が出て、若葉もスクスク...という所までお伝えしていた観察日記。
久々の更新です。

今、どうなっているかというと、
100916_baka.jpg
ご覧のようにひとまず枯れていません。


しかし、順調に育っているかというと微妙です。

本来なら夏のうちに花を咲かせて、今頃は種を育んでいるはずなのですが、花どころかツボミすら出てくる気配がないのです。

思い当たる節はあります。

この夏の猛暑で、営業時間外のジムの気温は相当なものでした。
そんななか(や)が出張で不在の時、うっかり水をやり忘れたことが2度ありました。

翌朝には土はカラカラ、葉はシオシオになってしまっていて、「ごめんよ〜」と呟きながら水にひたしながらの救命処置を施しました。なんとか一命はとりとめたものの、その後は元気なくしおれ気味。やがて葉は2週間ほどかけて枯れ落ちていき、茎の下部にある葉は全てなくなってしまいました。

今にも枯れそうな植物が目の前にあるんだから、タックン水やりくらい頼むよ〜 と言いたい所なんですが、こういうことを気にしない人はホントに気にならないみたいなので、しかたありません。


まぁ、そんなでなんとか凶暴な夏を乗り切ったわけですが、ここへきて涼しくなった途端に新しい葉が出てきました。

これはもしや、まだ成長するんでしょうか?

僕のひどいしうちにも関わらず、かわいいツボミを見せてくれるんでしょうか?

観察はつづきます。

エジンバラの(とんだ)土産

英国から帰ってきたAtorixです。
100916_atorix.jpg

お土産にいただいたのは、濃厚なキャラメル♪
100916_caramel.jpg

で、こいつを食べてると、ガツっという違和感。
なんと、キャラメルから異物がでてきました!
100916_tooth.jpg
「おい、ねーちゃん〜 どう落とし前つけてくれんねんやぁ〜 あん?」


とまぁ、いちゃもんつけに行く前に、キャラメルから出てきたこいつを観察すると...


あれ?
これって、もしかして僕チンの歯の詰め物?



明日は歯医者行ってきます...

今日の課題名

100916_tameshite.jpg
相変わらずこの人は...

ふだん、何考えてんでしょうかねぇ?(笑)

コンペ当日のジンクス

コンペの裏方を始めて7年。
その度、何かしらのアクシデントに襲われつつも、なんとかかいくぐってきた(や)ですが、いまだにその手のヒキの強さは変わりません(自慢)

過去には絶対失敗が許されない重要なコンペで、突然の雷雨による停電を食らった事もありますが、今日もなかなかのものでした。


まず今日は県民体育祭りコンペがあったわけですが、僕はセッターでして、今朝はルートマップの一部を印刷しにピラニアヘ立ち寄ると...


シャッターから水が漏れだしています。

もしや...


あちゃ〜!!
100912_mizu1.jpg

床が大洪水。
そして見事な水鏡...。

金魚が飼えそうな水深です。

よく見ると、水道の蛇口のトラブルで水が出っぱなし。
どうやら一晩中だだ漏れの状況だったようです。


で、ここがこんな水深だと言う事は...

キャ〜!!!!
100912_mizu2.jpg
リードエリアもとんでもないことになってます。

さらに事務所もアウトでした。


それでも、コンペ会場には書類を印刷して持って行かなくてはなりません。
PCをサクサクと操作して「印刷」をポチすると、

プリンターが見た事もないエラー表示で動かない...
何度OFF/Oしてもウンともスンとも言わない.........

またかよ!


ということで諦めてひとまず現地に行ったんですが、ジムの洪水の事を考えると、一刻も早く帰って水抜き作業をしなくてはなりません。

しかし今日はスタッフのタックンがコンペ出場のため欠勤しているので、一人でなんとかせねばなりません。

ひとしきり水をかき出したところで、最初のお客様ご来店。
すかさずモップを手渡しです(笑)
100912_maeda.jpg
M田さん、手伝わせてごめんなさい。


さらに今日に限ってグループでご利用のお客様でジムは大盛況。

濡れたカーペットの上にシートをセットして、なんとか皆さんに腰を下ろしてもらえましたが、大変失礼しました。


その後も一人で水のかきだし作業を続けていたわけですが、一段落ついたところで、先ほどのプリンターを電源投入すると...

正常なんですけど!

なぜだっ!!

もうこうなってくると、コンペの魔物が僕に意地悪してるとしか思えません。
ですが、どうする事もできないわけですから、アクシデントを「しっかり段取りしなさいよ」という神の忠告と前向きにとらえることにします。

悪魔か?神か?
物はとらえようです。


ちなみに蛇足ながら、コンペの方はいいますと、これまたテクニカルインシデントや別のアクシデントが発生したみたいです(苦笑)

クライミングポスター

クライミングポスター
事務所の整理してたら、色々出てきました。
よかったらどうぞ。

壁見の茶会

今日は、ホールドを花に見立てた、お茶会が開かれているピラニアです。
100807_ochakai.jpg
仲良いことは素晴らしきかな。

ページ上部へ
次へ
  • シューズのリペアサービス
  • ピラニア ネットストア
  • クライミングアイテム 中高買取サービス
前へ