ホーム>イベント

イベント

【野外イベント】白州の森バイクロア レポート

イベントから少し時間が経ちピラニアのある甲府はすっかり夏の陽気になってしまいましたが、遅ればせながらご報告です。

白州の森バイクロア 尾白川ボルダーの公開イベント、大盛況のうちに終了しました!

2017623121632.jpg

「岩もロケーションもいい所だね」と何人の方にも言っていただきましたが、その後もイベント参加者を中心に現地に足を運んでくださっている話を聞くと、その言葉が単なるお世辞ではなく本当に気に入っていただけたことを感じて開拓者のひとりとしてとても嬉しく思っています。


また、公開後のルールとマナーについても地主さんからお褒めと感謝の言葉をいただいています。そう、このイベントは単なる岩場の情報公開ではなく、ローカルルールの設定とその遵守によって、地元との信頼関係を醸成することと、岩資源とクライミング環境の恒常的な保全が大きな目的だったのですが、これまでのところ、その目標に沿うような良い流れでゆっくり情報拡散が進んでいるのを実感できています。

これもイベントに参加、協力いただいたクライマーのおかげだと思います。本当にありがとうございます。


 

話をイベント当日に移しましょう。

前々日に激しく降った雨が心配な状況でしたが、当日は文句なしの岩日和になりましたね。前日から仲間たちが岩掃除や下地整備、本部設置などを頑張ってくれたおかげで、終日快適なボルダリングができました。

朝、トポを配って簡単なオリエンテーリングをした後、方々に分かれて登っていただきましたが、メインボルダーというものが多分ないこのエリアらしく、各所で熱いセッションが繰り広げられました。私やスタッフもその輪にまぜてもらったりしながら、楽しいひと時を過ごしました。

人気があった課題はなんだろなぁ?

  • トポの表紙にもなっている白蛇(3級)はフラッシュした人が居たのかなぁ?トリッキーな出だしでみなさん自分の引き出しをフルに使われてましたね。2017623121734.jpg
  • 白州マングース(初段)
  • 超クラシックのすべり台(8級)
  • 林の奥ではリュウグウノツカイ(4級)もひっきりなしのトライが続きました。
  • 手裏剣ランジ(3級)は苦手な人はさっぱりできないようで「グレードが辛い!」という意見が結構ありましたね…。
  • 新作課題ではホワイトテール(5級)もスラブでのレイバックが面白いと人気でしたね。
  • 河原に行ってみるとここはここで大盛り上がり。
  • 砂肝(5級)という課題に行列ができていましたが、登れるまでは「5級じゃないよ!こんなの」と言ってた人が、登れたら「やっぱり5級だね」と漏れなくコメントする展開が見ていて興味深かったです(笑) ほんと不思議な課題ですよね。
  • 上流ではホワイトシャイア(1級)も人が絶えませんでした。なにせ課題内容が抜群ですから納得です。
  • 全くチョーク跡がつきませんでしたが、旧道エリアにある奪衣婆(だつえば/2級)という課題も見た目は地味ながら仲間には人気でしたので、機会があればぜひどうぞ。

2017623121134.jpg

本部では(や)のクライミングの先輩でもある丸山さんが自家焙煎珈琲を振る舞ってくれました。ひとしきり登ったあとに涼しい木陰で煎りたて珈琲の芳醇な香りの一服をしていただけて、こちらも大好評でした。

15:00 イベントはここで終了。サーキットコンペの上位入賞者を表彰しましたが、今思えば女性の上位入賞者も発表すれば良かったなぁとちょっぴり後悔しております。女性の参加者が多かったこともあり、中には素晴らしい登りをされてる場面も目にしていたんでなおさらでした。 その後の岩残業は夕闇が迫るまで続いたようで、かくいう私も暗くなるまでしっかり岩と戯れて、充実の1日になりました。


さて、当日参加者には無料配布したトポですが、その後問い合わせを多数およせいただいていますが、一部課題のグレード見直しを経て 7月下旬に一般向けに販売する予定です。こちらは改めてここでご連絡させていただきます。


まもなくやってくる本格的な夏は日本中ボルダリングに不向きな季節なわけですが、キラキラまぶしい清流と甲斐駒ケ岳の息吹を感じる美しい谷にある白州尾白川ボルダーは、キャンプも含めてトータルで気持ちいい岩場です。新しいトポを片手にぜひ足を運んでいただきたいと思います。

2017623121833.jpg

そして、このかけがえのない岩場をみんなで守りながら、これからも永くボルダリングを楽しんで行きましょう!

【野外イベント】白州の森バイクロア 追加情報 2

白州の森バイクロア3でのボルダリングエリア公開イベント、追加募集もすぐに埋まり、定員の40名なりました。

たくさんのお申し込みありがとうございました。イベントまでに参加料のお支払いの方をお願い致します。

 

さて、いよいよ今週の日曜日になりましたので、当日の流れについてご案内いたします。

 

持ち物

クライミング用具 (シューズ、チョーク、ボルダリングマット、ハーネス、ブラシなど)

 必要なものだけご持参ください。数に限りがありますが、当日無料貸し出しもあります。

 ハイボール課題にはトップロープをセットしますので、マットだけで不安な方はハーネスをご持参ください。

 

食料 当日の食料はあらかじめご準備ください。

 現地では飲み物以外の食料の販売はありません。

 車で約5分の国道20号沿いに、スーパーエブリ、ローソンなどがあります。

 飲食店をご利用になる場合は、駐車場の売店(そばなどの軽食のみ)、べるが内のレストランが利用できます。

 必要ならアウトドア用のコンロなどクッキング用品をご持参ください。

 

尚、ボルダーエリアまでは徒歩でアプローチしますので、荷物はご自身で持てる量にしてください。

また車の乗り入れを希望される方はスタッフまでお申し出ください。1,000円の料金がかかります。

 

タイムスケジュール

7:45 ピラニアスタッフが、べるが内サラダボウルキッチン前に立っていますのでお集まりください。

   目印にピラニアのバナーを掲げています。

   順次マイクロバスをピストンさせて現地までお送りします。

 

8:00  直接現地に来られる方は、尾白川渓谷市営駐車場に集合してください。

   GoogleMaps→ https://goo.gl/maps/Ls5DwX4P5Zs

 

8:15 駐車場から現場へ徒歩移動します。

 

8:20 挨拶、イベントの説明、物品配布

   トポはここでお渡しします。

   クライミングシューズの貸し出しもここで行います。

 

8:40 オリエンテーリング

   ボルダーエリアをぐるっと一周しながら、トイレ、救護所、立ち入り禁止区域の説明など。

   また現地は観光名所でもありますので、あわせてそちらもご案内します。

 

9:00 ボルダリングスタート

   思い思いに登っていただきます。

   

   ほどなくして、アウトドアボルダリング初体験の方の指導を行います。

   小さなお子さん連れの方は、キッズにピッタリのスベスベボルダーでお楽しみください。

   

10:00 珈琲サービススタート

    こだわりの焙煎コーヒーを安価でお楽しみいただけます。香りがして来たらテントをのぞいてみてください。

 

12:00 昼食は個々にとってください。

 

14:15 サーキットコンペに参加された方の集計を行います。シートを本部に持参ください。

14:30 ボルダリング終了 本部前に集合

    コンペの成績発表、景品授与

    ゴミ拾い&掃除

    みんなで記念撮影

 

15:00 解散

   さらに登りたい方は、夕暮れまで登っていただけます。

   自己責任のもと、ご自由にお楽しみください。

 

その他

ボルダリングは他のイベントのような当日エントリーができません。

定員は安全管理上無理のない人数として決めています。また傷害保険の準備ができかねます。

事前にお申し込みしていただいた方以外は、ご遠慮していただけますようお願い致します。

 

 

【野外イベント】白州の森バイクロア 追加情報 1

白州の森バイクロア3でのボルダリングエリア公開イベントの申し込み状況ですが、大変ありがたいことに30名の定員に達しました。

しかし、その後もエントリー希望の問い合わせが続いており、バイクロアの主催者、地主さんと協議した結果、10名の追加募集を行うこととなりました。

明日、5月17日よりエントリー開始となります。

 エントリーフォームはこちら

 

 

その他の連絡事項

(1)雨天時の対応について

 雨が降った場合は中止となります。イベント途中で降った場合も同様に途中で中止となります。

 中止の決定は前日から適時判断して、クライミングジムピラニアのwebサイト(イベントブログ)で公表します。

 ピラニア イベントブログはこちら

 

 

(2)中止の時の返金について

 中止の場合もエントリーフィーの返金は致しかねます。

 ただし、お申し込みいただいた方全員に、トポとイベントオリジナルTシャツを進呈させていただきます。

(本体となるバイクロアイベントの規約上返金ができません。記念品進呈という形になりますが、なにとぞご理解ください。当日現地で手渡しできない場合は、後日送付させていただきます。)

 

(3)集合場所と時間

 当日の集合場所は2ヶ所です。

 1.名水公園べるがの総合受付前( 408-0315 山梨県北杜市白州町白須8056 

  集合時間 7:30

 

 2.尾白渓谷駐車場 (408-0313 山梨県北杜市白州町横手駒ケ岳内三宝4344

  集合時間 7:45

 

(4)協賛企業のご紹介

このイベントの主旨に賛同して協賛してくださる企業のご紹介させていただきます。

 

 ・株式会社キャラバン さま

  ファイブテン、カンプなどでおなじみの輸入代理店です。

   https://www.facebook.com/rockmasterhq/

   https://www.facebook.com/powdermaster/

 

 ・SNT Structure さま

  プロクライマー小澤信太氏のホールドメーカーです。

   https://www.facebook.com/sntstructure/

 

提供していただくものは、もちろん参加される皆さんに還元します。サーキットコンペで良いものが当たるかも? こちらもどうぞお楽しみに!

 

 

(5)現地での問い合わせ先

 担当 山森までお願いします。

2017516143248.gif

 

 

今後もこのイベントに関する最新の情報はこちらで発信します。 チェックお願いします!!

 

【野外イベント】白州の森バイクロア

みなさんおひさしぶりです。

(や)こと山森です。

 

しばらくインドに精神修行の旅に出ていて日本を留守にしておりました。

その間、富士吉田店では第9回ボルダリング山梨カップがあったようですが、準備に人手が足りていなかったようなので、私の精神の分身を修行の地から念動波に乗せて飛ばしておきました。みなさんには実体を伴った「私」に見えたかもしれませんが、本当の私はインドの高山の岩堂で瞑想にふけっていたのです。

深い深い瞑想を終えた時は、まるで全て夢だったかのような気分で自宅のふとんで目を覚ましましたが、これも修行の成果として手に入れたテレポーテーション能力だと確信する今日この頃であります。

 

 

それはそうと、修行を終えた私が最初に手がける仕事がこちらであります。

白州の森 バイクロア 3

「バイクロア? え、何それ??」

「クライミングと関係ないじゃんっ!?」

そう疑問に思ったみなさんに私のテレパシー能力を使ってイメージをお伝えしますので目を閉じてください。

おっと、修行経験の浅い人間には伝わりにくいこともありうるので、そう言う方はこのリンクを見るように。

 

201753144535.jpg

 

そう、自然の岩でボルダリングを楽しむイベントです。

 

ただのボルダーではありません。このエリアはこれまで公開されていなかった場所、つまり今回が初公開のボルダーになります。今回地主さんの全面的協力を得て情報公開となります。

インド修行の地にある岩と同じ、良質の花崗岩ボルダーであります。

 

とはいえこのエリアはトレイル沿いのキャンプ場周辺にあることから相当昔から登られている形跡もあるのですが、キャンプ場はじめほぼ全域が私有地にあることから、正式に公開されることはなく、知る人ぞ知るボルダーとして登り継がれながら歴史を刻んできたのでした。

 

私がここを知ったのは15年かそれ以上前だと思いますが、今思い出しても誰から聞いたのかさっぱり思い出せないほどの時間が経ってしまいました。しかし、当時からコツコツ登った課題のメモを残しておいたのと、石和店スタッフ 室井登喜男氏の情報提供もあり、現在トポにまとまりつつあります。

 

そんなでこのイベントに参加された方の特典として、このトポをプレゼントしたいと思います。

 

課題数は約30。グレードは10級~三段まで全グレードが揃っています。

ボルダーは全般的に小振りなサイズが多いものの、課題内容は素晴らしいく、初級者から上級者まで1日楽しんでいただけることと思います。

201753144310.jpg

写真の課題は ホワイトシャイア (1級)  初登:室井登喜男  2005年

 

イベントの内容

基本的に自由にボルダリングをお楽しみいただきたいと思っていますが、講習とちょっとしたコンペをやります。

・オリエンテーリング

・アウトドアボルダリングのビギナーのためのHow to レッスン

・岩慣れされている方はサーキットコンペ

サーキットコンペは課題につけられたポイントの合計で争います、沢山登れた方には景品もご用意しています。とはいえ「登れた」or「登れない」だけでなく、ここでしか味わえない個性的なボルダーを堪能していただきたいので、勝敗はあくまで余興ということでご承知くださいね。

 

今回は白州の森バイクロアイベントの一環として開催しますが、イベント本体の盛り上がりは例年ハンパないようです。私も前日から現地入りしてたっぷり堪能するつもりでおりますので、みなさんもチェックしてみてください。

イベントの申し込み・お問い合わせ

問い合わせは ピラニア石和店 山森まで。

メール対応はいたしかねますので、お電話でお願いします。→TEL 055-261-7621

 

イベントの申し込みは専用フォームからお願いします。

 

参加料は大人3,000円、小学生以下1,500円(送迎代、傷害保険料、トポ代込み)

ボルダリングマットを持っていない方にはレンタルもご用意しています(数に限りがあります。)

定員は先着30名になっていますので、どうぞお早めに。

 

緑まぶしい白州の森で、美しい未体験ボルダーを一緒に楽しみましょう!!

【富士吉田店】piraJam2016 茂垣敬太セッション&スライドショー

ボルダーリニューアルに合わせて実施しましたpiraJam2016、ご参加ありがとうございました!
201611261464.JPG
 
13:00からのセッションでは、茂垣さんにデモンストレーションをしてもらいながら、時に熱く時に和やかに進行。終始楽しそうな声に包まれたホットな4時間でした。
茂垣さん課題で印象に残ったのは、超ダイナミックなムーブ、強い体幹を求められる課題、親指での保持を意識しながら連続したムーブを組み立てていく課題などでした。みなさんはどうだつたでしょう?
ともあれ、まっさらの壁と課題を登るのは、私達スタッフにとっても新鮮な感覚で、充実のパンプ&全身疲労でした(笑)
 
20161126141452.jpg
2016112614819.jpg
 
そして辺りが暗くなってからはこれまた充実のスライドショーでしたね。
茂垣さんは日本人の中では最も多くの岩旅を経験されているクライマーのひとりだと思いますが、岩旅ならではの興味深いエぴピソードと美しい岩と景色が盛り沢山の、魅惑のコンテンツでした。
2016112614942.jpg
20161126141024.jpg
 
イベント前は「ひとりで話すのは不得意なんでヘルプお願いします。」と言われていましたがなんのなんの、なかなか味のあるトークで、みんな魅惑の岩の世界に引き込まれていたと思います。
羨望と欲求、強いモチベーションを呼び起こさせてくれる内容でしたが、自然の中の岩登りをこよなく愛するクライマーの割合の高いピラニアには、まさにうってつけのゲストではなかったかと思います。
 
そんなこんなで、たっぷりと刺激に満ちた体験をしていただいたpiraJam2016の1日は幕を閉じました。
イベントで高ぶった熱い気持ち、強い動機づけを新しい壁にぶつけながら、これからもボルダリングを思いっきり楽しんでください!
最後に、茂垣敬太さん、素晴らしい時間をありがとうございました!!

【富士吉田店】piraJam2016 茂垣敬太セッション&スライドショー

富士吉田店改装お披露目イベントとして、プロクライマー茂垣敬太さんをお招きしてボルダリングセッションとスライドショー「世界の岩を巡る旅」を開催します。

2週間の改装工事を経てこの日お披露目となるニューウォールで、茂垣さん設定の課題を一緒に登って楽しんでいただいた後は、魅惑的で美しい世界の岩の写真とトークで、仮想岩旅を堪能していただきたいと思います。

今回も盛りだくさんのpiraJam。沢山のご来場お待ちしております!!

2016102814424.jpg

イベント内容とタイムスケジュール

日時 : 2016年11月23日(水/祝) 13:00〜18:30

参加料 : 無料 (セッションに参加される方は施設利用料がかかります。)

予約 : 不要

13:00〜17:00 ボルダリング セッション

茂垣さん設定の課題にトライしよう! このイベントの用に設定した全10課題に込められた至極のムーブを、茂垣さん本人と一緒に登りながらぜひあなたのモノにしてください。

全完登者には記念グッズ進呈もあります。

レベルは5/6級から。中級者の方も年齢性別問わずに遠慮なく参加いただける、肩肘張らないセッションです!!


17:30〜18:30 スライドショー「世界の岩を巡る旅」

あたりが暗くなって来たらスライドショーをお楽しみください。

茂垣さんが登ってこられた魅惑的で美しい岩の数々を、当時のエピソードも交えながら紹介していただく60分。世界中を岩旅しているような感覚に酔いしれていただければと思います。


18:30〜20:00 フリータイム

※ 当日は10:00からの開店となります。イベントが始まるまではご自由に登っていただけます。またセッションイベント中も、セッション課題以外の課題を自由に登っていただけます。


茂垣敬太プロフィール

2016102814393.jpg

千葉県出身、山口県在住

2005年 第1回ボルダリングジャパンカップ覇者。

日本代表選手として数々の国際コンペを経験、長年に渡り日本のクライミングシーンを牽引してきた名クライマー。

自然の岩での活動も多く、特に高難度課題のフラッシュ(1撃)の記録では名高い。2010年には南アフリカでBlack Shadow(8b/四段)をフラッシュして、当時の世界最難記録を打ち立てた。

現在はプロルートセッターとして、日本全国で活躍中。

【富士吉田店】シュテファン・グロバッツ スライド&トークショー

201611311223.jpg
世界で最も高名なクライマーのひとり、 ステファン・グロバッツ氏のスライド&トークショーの開催が決定しました!!
 
グロバッツ氏本人がピラニア富士吉田店に来店。彼の足跡をたどる世界中のクライミングシーンをご覧いただきながら、現在と未来のクライミングについて語っていただきます。日本のクライミングシーンとのゆかりも深く大きな影響を与えてきたクライマーだけに、現在の日本のクライミングについても語っていただく予定です。
 
また、自身がデザイナーとCEOをつとめるレッドチリ クライミングシューズの試し履き会も同時に開催します。
こだわりとコンセプトをデザイナー本人に語っていただきながら、グロバッツ氏とのボルダリングセッションもあるゴージャスで、それでいてリラックスした時間をみなさんで共有いたいと思います。
 
多くの方のご参加、お待ちしております!
 

イベント内容

日時:2016年 2月6日(土)15:00 ~17:00
 
参加費:無料
 
タイムスケジュール :
 15:00 〜 16:00 スライド&トークショー
 16:00 〜 16:45 レッドチリシューズ試し履き会(ボルダリング・セッション、直売あり)
 16:45 〜 17:00 プレゼント抽選、サイン会
 17:00 閉会 
 
予約:必要※
※スライドショーに参加ご希望の方は、観覧スペース確保の関係からできるかぎり事前にご予約ください。ピラニア各店スタッフに参加希望の旨をお伝えいただければ結構です。
 16:00からのシューズ試し履き会は予約不要。もちろんサインだけもらいに行きたいという方も大歓迎です。
 
 

シュテファン・グロバッツ プロフィール

Stefan Glowacz 
ドイツ出身 1965年3月生まれの50歳。
世界的な権威のある大会、アルコ・ロックマスターで3度の優勝を果たすなど、スポーツフリークライミングの世界でその名を馳せた名クライマー。
 
1987年に来日した際は小川山(長野県)、城ヶ崎シーサイド(静岡県)などの岩場を訪れ、当時日本最難だった「エクセレントパワー」(5.13a)をオンサイト。さらに新たにボルトを設置した上で初登した「Ninja」は5.14aのグレードが与えられ、30年近く経った今も数登しかゆるしていないというまさに世紀のハードルートとなった。
その後、活動の場を、ヨセミテ、南極、グリーンランド、パタゴニアなどのビッグウォールへと移した彼は、辺境地で数々の新ルートを開拓するなど冒険的なクライミングでも、新たな地平を切り拓いている。
 

レッドチリとは?

ドイツ出身の名クライマー、シュテファングロバッツ自らがデザイナーとCEOを務めるクライミングシューズブランド。
彼はヨセミテ・エルキャピチンを登った時に強く感じたインスピレーションを基に、自らの理想のシューズを形にするためにRedChiliを立ち上げました。
スポーツクライミングの歴史に華々しい足跡を残しただけでなく、デザイナーとしてもその才能を見せる彼は、今日では多くのシューズメーカーが当然のように採用している機構「スリングショット」のアイデアを生み出すなど、クライミングシューズの進化の歴史において重要な役割を果たしています。
活動の場を冒険的なビッグウォールのフリークラインミングに移した今もなお、世界各地の壁でシューズ開発のインスピレーションを得ています。
2013ジャパンカップ覇者の笠原大輔さんがスポンサードクライマーとして活躍されるなど、現在のクライミングシーンをリードする世界中のクライマーに愛用されています。
 

レッドチリ webサイト

http://www.redchili.de/en/
 

レッドチリ ブランド紹介動画

ページ上部へ
次へ
  • シューズのリペアサービス
  • ピラニア ネットストア
  • クライミングアイテム 中高買取サービス
前へ