ホーム>ピラブログ

ピラブログ

秋とROCKの話

2016830105311.jpg

台風の接近で少しだけ秋を感じた週末でした。長袖のシャツを羽織るシーズンもすぐにやってきます。

ショップでも9月中旬から秋の新商品が入荷してきますが、それよりちょっとだけ早く石和店のショップのレイアウトを変えました。

最近、ロープレッスンを受けてリードクライミングデビューされるお客様もふえているということで、メインディスプレーはリードのギア&グッズ。

特にロープに関しては、昨年からエーデルリッド社とペツル社の取り扱いをはじめたので、色んなメーカーとモデルを手に取りながら選んでいただけるようになりました。

小さなショップですが、こだわりの品揃えで欲しいものがしっかり見つかるお店を目指して行きたいと思います。

 

ちなみに、ロープとギアが乗っている什器、パッと見は古ぼけた木製のテーブルですが、実は清里のパブレストラン ROCK の創業時に使用されていたもので、よく見るとロゴステッカーと焼き印があります。シューズフィッティングの時に座っていただいている腰掛けも、同じくROCKのものなんですよ。

2016830104853.jpg

 

ROCKの操業は1971年だそうですから、45年の歴史を刻みながら今はロック・クライミングの店にあるというのは偶然なのでしょうか。ピラニアでは2005年から使用させていただいていますが、ROCK創業時のものと知っている方はほとんどいらっしゃらないと思います。


そのロックですが、先月8月8日に火事になり全焼してしまったのはご存知の方も多いでしょう。

清里開拓と街の歴史において常にシンボリックな存在だっただけに、焼失は非常に残念な出来事でしたが、現在再建に向けてがんばっておられるようです。

小川山の道すがら利用しやすい立地のレストランですから、私も食べて応援したいと思っています。

(いいルート登ったあとに、ベーコンつまみにプレミアム・ロックボックで乾杯した後は、仲間に廻り目平のテントまで送ってもらってぐっすり眠るってのを1回やってみたいんですがねぇ…)

ともあれ、ROCK ガンバ!!!

お盆の石和店

みなさんお盆休みはいかがお過ごしですか?

ピラニアでは連日ボルダリング初体験のお客様で賑わいましたが、反対に常連さんの来店は少なく、目立った混乱もなくのびのびと遊んでいただいています。


で、昨日もそんな感じかなぁと思ってたら、夕方からご新規さんと入れ替わるようにワラワラと現れる常連さん達。

2016815123420.jpg

閉店2時間前から熱いセッションタイムとなって、気合と笑い声につつまれる、正にパンクス・イン・ピラニアって感じで、本来のピラニアの風景でした(笑)

今日も抜群にユニークな課題がセッションによって生まれるなかで、僕も揉まれて鍛えさせてもらいました。


で、今日8月15日は月曜日ですが、石和店は10:00~20:00の特別営業。

「今日も休み」という方はぜひ登りにいらしてください!」

ちなみに富士吉田店は14:00~23:00の営業です。

「今日からお仕事」という方は、ぜひこちらにどうぞ。

石和店シャッター塗装

201687183011.jpg

石和店のシャッターの塗装終了~!
石和店のオープン時、私が自分で塗ったペンキも13年の時を経てボロボロと剥げ落ちてきていたんで、再び真っ白になったシャッターを見て昔を思い出してしまいました。(あ、そういえばピラニアのエンブレムも消えちゃったんで、なんか新しくマーク描こうかな。
 
ただ今回は作業をプロにお願いしました。
というのも今回塗ったペンキは遮熱塗料なんです。
 
遮熱塗料というのは、日射で熱くなるのを防ぐ特殊なペンキで、真夏の日にさらしても触って「アチッチ」とならない不思議な塗料です。
 
屋根は既に焼きつき対策済みだったんで、次はシャッターで空調効果アップを狙ってみたわけですが、塗装直後から効果を実感。
「確実に涼しいですね」(スタッフ遠藤談)
 
 
梅雨が明けて本格的な夏がやってきたからには、涼しいピラニアで思いっきり登ってください!
ちなみに更に涼しい富士吉田店もオススメです!!
 

まずはここから

日頃ボルダリングにしか馴染みのない吉田店ボルダラーにトップロープ、体験してもらいました。

2016722145223.jpg

「うわぁー、やってみたい ! 」

「高いトコロはちょっと…」

「ハーネスとかカラビナとか、なんかカッコいい ! 」

思いはそれぞれですが、ボルダリングが出来ることでいろんなクライミングに発展、まだ知らない世界に飛び出せるってことに気付くきっかけにしてもらえたらなぁと。

201672214561.jpg201672215157.jpg

しかし、そこはボルダラー。ハーネスのはき方やロープの結びには縁遠く、それじゃ面倒見ちゃうからキミ達はただ登れば良い ! 、という割切り企画で次々に高所へ。

20167221531.jpg201672215356.jpg

7級から二段ボルダラーなので、5.10aまでは余裕、上は5.12くらいまで登ったのかなぁ。

高さにビビリが入ることは無く、「クリップしながらなんて、とても上までもたねぇ… ! 」と、リードで登ることが想像できるくらいいい登りも !

201672215520.jpg

自分に発展的可能性を感じたならば是非ロープレッスンを。(←関ブロ後が好都合です)

クイックドローを見た瞬間にカチッとクリップしてグイグイと高度をあげていく爽快感、気持ちいいよー。

石和店ボルダー リニューアル(2)

で、おかげでボルダーエリアの右2/3(だけ)が連日大人気状態です(笑)

 

201679165555.jpg
プリズム〜カタパルト(トンネル)
 
201679165747.jpg
ギガント(145°壁)
 
20167917151.jpg
やっぱり人気のヌリカベ(110°壁)
20167917312.jpg
 

写真を見ていただいてもわかるとおり、すでに壁の8割はホールドで埋め尽くしていますが、これからまだまだ増やしますよっ。

ボルダリングの楽しさは、お客様自身が自由に課題を考えたり、そこまででなくてもスタッフがその場で考えた課題を、お客様どうしでセッションして楽しんでもらえることにもあると考えています。

クライマーの自由で多彩な発想を受け止め、そこから無限の楽しみ方を提供することを目指して、ピラニアではできるだけ多くのホールドを壁に取り付けています。

(都内にはピラニアの2倍の密度でホールドが付いているジムもありますが...)

 

ただ登るだけでなく、創りだす面白さにボルダリングの真骨頂がある。そんな思想と施設をオープン以来貫いています。

今回新しいホールドも沢山投入しましたので、そこから生まれる新しいイマジネーションとムーブもたっぷりとお楽しみいただけたらと思います。

 

これからいよいよ夏本番ですが、クーラーをキンと効かせて、新課題とともにご来店をお待ち致しております!!

 

 

石和店ボルダー リニューアル(1)

ちょっとご報告が遅くなりましたが、石和店ボルダーがリニューアルしました!!

6月26日の夜のホールド外し作業から、多くのお客様のご協力を得たおかげでその後のセット作業もスムーズに進行。

6月29日に85課題を揃えて無事お披露目となりました!

ゲストセッターの大西さんの課題もめちゃくちゃ好評。ベーシックな課題、トリッキーな課題、強烈な課題などなど、本人も「うまくいった」と言われるほど豊富なバリエーションの課題が揃いました。

 

こちらが作業風景。お手伝いいただいたナイスピラメイト達、本当にありがとう!!!!

ホールドはずし班。もはや職人のような作業スピードです(笑)

201679163639.jpg

 

洗浄班。地道な作業おつかれさまでした。

201679164548.jpg

 

こちらは塗装班。テキパキといい仕事してくれました!

201679165012.jpg

 

最後はセッター班。大西さんとのセット作業は激しくも和やかに進んで楽しい時間でした。

201679165353.jpg

 

つづく

ホールド替え準備は着々と

いよいよ今週末、日曜の閉店後から石和店ボルダーのホールド替え作業がはじまります。

今回はヌリカベ(110°壁)からギガント(145°壁)まで一気に行なうこともあって、準備もそれなりのボリューム。今日はたんまり買い込んだホールドとハリボテの開梱作業をしましたが、これまでなかった感じのシェイプも多数箱から出てきて、ホールドフェチのスタッフ山田もご満悦の様子です。

2016623195649.jpg

さらに今回はゲストセッターに大西良治さんをお迎えして、いつも以上に多彩で楽しい課題を沢山おとどけしたいと、セッター陣もとっても意気込んでいます!

そうそう、課題と言えば今回違った試みもやるんですが、それはグレードのリセット。この1年で若干辛めの方向にインフレが起きているグレードを、ここでしっかり元通りにしちゃおうという算段です。

そのためには、セットの最初の段階でセッター同士のセッションをして、グレード感覚の擦り合わせをはかるというプロセスが必要になってきますが、今回はこの手間と時間を惜しまず、その後グレーディングをできるだけ正確にしたいと思っています。

今回うまく行ったら、ピラニア全店でグレードの修正をはかっていくつもりですので、その辺興味のある方は注意して登ってみてくださいね。


ホールド替えの日程は以下のとおり

  • ホールド替え作業期間 : 2016年6月27日(月)〜29日(水)18:00まで
  • 店舗 : 石和店
  • エリア : ヌリカベ(110°壁)〜 ギガント(145°)
  • 営業日程 :
    • 6月26日(日) 通常時間10:00 〜 20:00
      ( 閉店後20:00~22:00でホールドはずし作業を行います。)
    • 6月27日(月) 定休日
    • 6月28日(火) 臨時休業
    • 6月29日(水) 18:00 営業再開

    ※ 期間中、富士吉田店は通常通りの営業です。

日曜日の夜はホールドを壁から外す作業を行ないますが、その時課題シールをはがす作業の手伝いをしていただけるボランティアスタッフを、現在募集しております。

それなりに根気のいる作業でが、みんなでワイワイと楽しくやっていただければと思います。ぜひよろしくお願いします!

自由

薄曇りだけど雨にならない予報の中、店外にて瑞牆は四の谷へ。

2016517171632.jpg

僕からすれば毎度のイベントだけど、初めて岩に触れるクライマーにとって未知の世界。

ファーストコンタクトは大切と思う。

どんな風に進めていこうか思案しながら、まずは発射台下の10から8級の岩へ。

2016517173838.jpg2016517173952.jpg

10級の岩、登るラインは明確。効率良さげな登り方はあるけれど、そこは10級、皆登れた。

でも、取り付く場所や足の置き方が人に寄ってそれぞれ。別に正解っていう登り方があるわけでもない。

ならば9〜8級の岩、ここが登るラインだよ、って教えないで岩の好きな所を自由に登ってもらいましょ。

初めて見る岩を好き勝手に登る。どうしていいか分からないから、より岩をじっくりと見てホールドを探す。

思い思いに取り付いて登ってもらったらおそらく初登のライン3本に中央のラインのスタートから左のラインに合流する派生ラインが一本追加された。

良いじゃないか。

そのスタートだと◯級にならない、トポだと右抜けで◯級なので左抜けはダメでしょ…etc。いろいろと世話をやかれたって話を良く聞くけど、腕試しで◯級に挑戦するんじゃなきゃ自由がいちばん。ましてや初めての岩、固定観念でコテコテになることないでしょ。

で、僕も右ラインのスタートから中央ラインをまたいで左ライン抜けのトラパースを。5級くらいに感じたなぁ。

2016517212647.jpg2016517212753.jpg

岩って自由でいい。

 

みんなの岩に移動、今度は腕試し。これで◯級かー、難し…。身の程を知ることとなった。

一日中楽しく登れましたねー。トポにない岩登り、またやりましょ。

店長と外岩 4月 @小川山

皆ポジティブなんだなぁ。中央道でも雨がちらつき少々の不安がよぎるが、天気の心配をしているメンバーは無し。

野辺山を回りこんだら晴れ間がでてきて、廻り目平はクライミング日和となった。

2016425173857.jpg

初の岩場は二人。付かず離れずの常連達と現地で出くわした石和店のメンバーとで賑やかに。

やはりスラブを踏んでもらいたくてまずは親指下エリア。漆岩で岩の感触を確かめてから露岩へ。

左カンテと水晶でめり込んだポケでバランシーな7級。上手に踏まないと離陸もままならないこの課題、わりとあっさり完登のJ嬢。初岩で漆岩の縦ダイク6級まで完登。ジムに出没する量に比例して登れてますねー。

2016425174012.jpg

お隣で9級ノーハンドに挑戦しているのは同じく初岩のS君。日頃から足は苦手という彼だけど、克服したい気持ちを押出してのトライ。完登には至らなかったけど感じは掴んだね。

つい撃ち込みたいところだけど見切りをつけて移動。クジラ岩を訪ねてから水晶スラブまで遊歩道を歩く。芽吹き始めた唐松の葉が小さなブラシのようでなかなかの可愛らしさ。

不可能スラブを「ヘェー」っと見上げてから、犬岩10、8級。で、涙岩マントル6級にトライのS君。

手のホールドはあるものの足使いが少々…。しかしそこは気合いをいれて一手を出し、完登。

2016425174110.jpg

反対側のマントル8級も登っておきたいシンプルでベーシックな課題。数トライのうちにS君完登。

入口岩に下って、8級、7級をさらう。

ボルダリングってこんな感じなんだなぁ、ってことをわかったもらえた今回の店外。徐々に経験積みましょう。

アルバムはコチラ。涙岩ではホワイトティアーズ完登もあり、成果のあった一日でした。

5月もお楽しみに。

継続は力なり

2016361714.jpg

 

石和店の更衣室に飾ってあるこの言葉

なんとなく理解できても、実践するのは難しく感じます。

出来ないことを、諦めずに努力することで出来るようになる喜び。

これこそクライミングのもつ、大きな魅力だと自分は思っています。

 

登れない課題があっても、頑張って続けていれば…

201636172626.jpg

 

この通り!!

 

201636173852.jpg

 

やったね!コンプリート!!  頑張ったね!!!

 

改めて継続することの大切さと、それによって生まれる喜びを教えてくれた本日の一枚です。

ページ上部へ
次へ
  • シューズのリペアサービス
  • ピラニア ネットストア
  • クライミングアイテム 中高買取サービス
  • ぴらブログ QRコード
前へ