ホーム>旧ピラブログ>in ピラニア>故郷の誇り
in ピラニア

故郷の誇り

CLUB HARUE
サヤの母上がシフォンケーキなるマコトふわふわの菓子を焼いてくだすった。感謝。

で、奇麗な箱に入れもらったんで、この箱はまた何かに使えるななんて思ってたら...
サヤ:「箱は返してください。」
(や):「......   え〜!」

って、やっぱりみんな可愛いものは欲しいんですね。
と、箱をよく見ると、なんと知っているロゴが!!

CLUB HARIE

僕の生まれ故郷、近江八幡から全国に躍進した菓子メーカーたねやの洋菓子ブランドです。

たねやの3代目、山本徳次の本は今でもよく手に取るバイブル。その精神、こだわり、そして人間の躾とてもいうべき商哲学を僕はホントに尊敬しています。

クライミングジムを経営することは楽しい事ばかりではありません。クライマーと経営者という、ジキルとハイドのようなジレンマの中で生きる心苦しさは、一般には理解されないというさらなるオマケまでつきます。そんなとき僕は、いつもたねやの商道を思い出すのです。


  1. 私は素直な心でいただらうか

  2. 私は人様の無事と幸せを祈る心をわすれはしなかったか

  3. 私は正直と敬う心をもっていただらうか

  4.    ・

  5.    ・

       ・


故郷を遠くはなれはしましたが、大好きな山梨でお店がもててお客様に来ていただける幸せは、昔全国に居た近江商人も同じような気持ちだった事でしょう。


さて、箱の話です。
サヤに聞いたところ、(や)のおふくろがサヤに送った菓子がたねやだった所からCLUB HARIEの菓子を歳時に取り寄せるようになったとか。

たった一度の出会いが、かけがえのないものを生んで行く。
そんなふうに、お客様とクライミングとの出会いをかけがえの無いものにして行く事が、今僕の仕事です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.pirania.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/678

コメントする

ページ上部へ
次へ
  • シューズのリペアサービス
  • ピラニア ネットストア
  • クライミングアイテム 中高買取サービス
前へ