ホーム>旧ピラブログ>自然の岩>天変地異!?
自然の岩

天変地異!?

ふと、思いたって三峰に行ってみました。
友人から凄いことなっていると聞いていたので。
071122_mitsumine01.jpg
聞きしに勝る激変でした。色々ありましたが、一番驚いたのは、「緑の部屋」の岩がないことです。右下に滑り落ちているのがそれですね。こ、こんな巨大な岩が動くとは。

071122_mitsumine02.jpg
「ひも」には及びませんが、三峰を代表する傑作だと思っていた「緑の部屋」が変わり果てた姿になってます。10級かな・・・。

071122_mitsumine03.jpg
私が心血を注いだ恐怖の課題「鏡の国」の三部作も、無惨な姿でした。今やだらしなくビギナースラブです。

大ショックです。新しい課題ができるならまだしも、まったく使えない岩になってしまいました。自然の力は凄いし、自然の前には諦めるしかないのですが、最近他の河原エリアも変化が激しいので、ダム工事とか温暖化の影響かもしれないと思うと、なんだか納得いかないですね。

ただ、いいことも1つだけありました。なんと、「ひも」が営業再開です。しかも、これまでにないほど理想的な下地で。「ひも」こそは、私のボルダリングの原点。嬉しくて2回も登ってしまいました。皆さん、他のエリアに行ってる場合ではないです。今こそ「ひも」を登らねば。

071122_mitsumine04.jpg

さて、ここで問題です。下の写真は、一見ごく普通の「ベロンチョ凹状」ですが、よく見ると何かが違います。それはなんでしょう?
071122_mitsumine05.jpg
答えはボルダー図集の表紙で。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.pirania.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/991

コメントする

ページ上部へ
次へ
  • シューズのリペアサービス
  • ピラニア ネットストア
  • クライミングアイテム 中高買取サービス
前へ